MUGYUU!ロゴ

妊娠中の便秘は危険?妊娠初期~妊娠後期の便秘の特徴と原因・改善策!

多くの方が妊娠中に悩むのが「便秘」です。

「あまりいきんだら赤ちゃんが出てきちゃうかもしれない。でも、出ない…」
「食事に気を使ってみたけど、一向に改善しない…」

そんな悩みを持っている妊婦さんは、多くいらっしゃいます。
便秘を解消したいけど、妊娠中はこれやって大丈夫かな?あれやって大丈夫かな?と何をするにも不安になるはずです。実際、私も妊婦時代にはずいぶん苦労させられました…。

妊娠初期と後期とは便秘になる原因はまったく違うため、便秘が治った!と思ったら、後期でまた便秘になってしまったパターンもあります。

では、なぜ便秘になってしまうんでしょうか?

ここでは妊娠初期~後期にかけてなぜ便秘になってしまうのか、妊娠中に行える具体的な解消法、妊娠中に気をつけなくてはならないことから、便秘の予防策まで全てお伝えします!

妊娠初期~中期の便秘の特徴・原因

妊娠が成立すると、お母さんの体は劇的に変わっていきます。「妊娠をするための準備」から、「赤ちゃんを守り、育てる」体へと変わっていくのです。

そして、その変化に伴って、様々な理由から、便秘が起こりやすくなってしまいます。
それぞれの特徴と原因について、次の項目で解説していきます。

45df6f5d29d3518e3db751b198f29aaa_m

ホルモンバランス

妊娠前と後で、一番変わるのが「ホルモンバランス」です。妊娠前までは、赤ちゃんを妊娠するために体は「排卵」と「月経」を繰り返します。しかし妊娠が成立すると、「排卵」や「月経」を行う代わりに、赤ちゃんに栄養や酸素を送るための臓器である「胎盤」を作る準備を始めます。この切り替えに伴い起こるのが、「ホルモンバランスの変化」です。

妊娠を維持するためのホルモンや、育てるためのホルモンなど、様々なホルモンがそれぞれの役割に応じた働きをします。この変化によって、排便をつかさどっている自律神経にも乱れが生じ、便秘が起こりやすくなります。

つわりによる体調の変化

妊娠がわかってから多くのお母さんが苦しむのが「つわり」です。つわりがなぜ起こるのか、科学的には立証されていません。しかし多くのお母さんが「嘔吐」や「吐き気」、「全身のだるさ」や「貧血」などの症状を経験します。

私もつわりを経験しましたが、一日中少量の毒を飲まされているような気持ち悪さが続き、少し何か食べようとすると全部吐き出してしまう日々でした。このように、つわりによって体調が悪化してしまうことで食事量が減ること、そして運動が不足することで便秘が起きやすくなります。

妊娠中期~後期の便秘の特徴・原因

一般的に「安定期」と呼ばれる期間に入るのがこの時期です。つわりが収まり、食欲が出てくる一方で、どんどん赤ちゃんも大きくなるので、行動が制限され始めてくる時期でもあります。

この時期の便秘は、初期から中期にかけてのものとは、原因が異なってきます。

c665eb7ad06227a026c3b60cd7d2b823_m

赤ちゃんの成長で身体が圧迫される

赤ちゃんが大きくなってくると、少しずつお腹の中で様々な器官を圧迫するようになります。その中でも特に影響を受けやすいのが「腸」です。

腸は子宮のすぐ裏あたりに位置しているため、子宮が大きくなるにしたがって圧迫され、腸の動きが阻害されてしまうのです。これが、安定期から後期にかけてよく言われる「妊婦の頑固な便秘」の原因の一つです。

それまでずっと快便だった方でも、この時期だけは便秘になったという例は多く、様々な育児系マンガでも登場するほど、メジャーな症状です。

お薬の副作用

妊娠時に起こりやすい症状の一つとして、「貧血」があげられます。これは、お腹の中で赤ちゃんを育てるにあたり多くの鉄分を使うため、必要な鉄分が不足することで起こります。

症状改善のために、「鉄分を補うお薬」が処方されることがあるのですが、このお薬の副作用として「便秘」があげられています。鉄剤を内服している方の多くが、「突然便秘になった」と答えるほど、副作用としての便秘の発生度は高くなっています。

解消法

妊娠中は、通常時よいとされている便秘の解消法ができないことが多くあります。

そこで、妊娠中でもできる「便秘の解消方法」についてご紹介してきましょう。

食事で解消

便秘に対し、高い効果をあげるのが「食事での解消」です。

妊娠中の便秘を解消するための食事のポイントとして、おおまかに3つにわけてご紹介しましょう。

fce0bb3af64a55799fde4ae1ecc1408d_m

水分をこまめに補給する

妊娠中は、赤ちゃんとお母さん、二人分の血液をお母さん一人で賄わなくてはなりません。その過程において、「必要な水分量」も多くなります。

今までこまめに水分を取っていた方も、「お腹が大きくなってきて、トイレに行くのが大変だから」とつい水分を控えてしまいがちです。しかし、水分不足は血液の循環を滞らせるだけでなく、便を硬くすることで便秘も引き起こしてしまいます。そのため、水分はこまめに&なるべく多くの量を摂取するようにしましょう。

食物繊維を積極的にとる

食物繊維は消化がしにくいため、腸などの胃腸系の動きを活性化させる効果があります。そのため、食事の中に食物繊維を多く取り込むことで、便秘を解消することが期待できます。

食物繊維には「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」があり、そのうち便秘により聞くとされているのが「不溶性食物繊維」であり、主に大豆やエリンギなどのキノコ、干し柿などに多く含まれています。この「不溶性食物繊維」を積極的にとることで、便秘の解消が期待できます。

乳酸菌を取る

乳酸菌は、お腹の調子を整えてくれる成分として知られています。

特にCMなどでもよくみる「ビオフェルミン」は実際に胃腸の調子が悪い患者さんに医師が処方薬として出すほど、信頼性が高い成分です。そのため、これらが含まれている食材を積極的にとることも、便秘解消に効果があるといえます。

運動やヨガのポーズで解消

妊娠中、特に中期から後期にかけてはお腹が大きくなってくるので、なかなかいつも通り体を動かすことができません。そこで「妊娠中でもできる運動やヨガのポーズ」が大切となります。

その一方で、妊娠中期から後期にかけては運動を制限されることもあるため、運動を始めるにあたっては事前に担当医へ運動してもいいか、どれくらい負荷をかけていいかを確認してから、行うようにしましょう。

c4e1d5eda4f8b83f718305692e0f92a7_m

散歩

妊娠中でもできる運動として奨励されている「散歩」になります。お腹が大きいことでバランスがとりづらく、また下を確認しづらいために転倒には十分気を付けて行います。

目安としては1回あたり30~60分。軽く汗をかく程度のスピードにすると、心地よい負荷をかけることができます。

マタニティスポーツ

現在、産院や各自治体でも積極的に進めているのが「マタニティスポーツ」です。ヨガやスイミングなど、お腹が大きく、バランスがとりづらい時期でも行えるスポーツを、専門家の指示のもと、行うことができます。

特にヨガについては、バランスがとても重要となるので初めて行う際は必ずマタニティヨガ教室など、指導者の元で始められることをお勧めします。

生活リズムを整える

妊娠によるホルモンバランスの変化によって、「排便」という自律神経が乱れてしまう、ということは先ほどお伝えしました。この自律神経の乱れを整えるのに有効なのが、「生活リズムを整える」ことです。

安定期に入り、仕事が産休に入った場合、つい家でだらだらしてしまいがちです。しかしその生活リズムが、より便秘を引き起こしてしまっている可能性があるんです。

b0c14d918b2e6f85eb57c16a7db2dfcc_m

早寝早起き

一日の生活リズムは睡眠時間によって大きく変わります。早寝早起きの生活リズムにするということは、太陽が昇ったころに起き、日中は日の光をたっぷり浴びることができ、夜暗くなったらゆっくり休むということです。自律神経は活動時間にも大きく左右されることがわかっているので、便秘を解消するためにも早寝早起きは有効です。

トイレへ行く習慣をつける

排便は、「トイレに行く」という感覚によって引き起こされます。そのため、たとえ出なそうでも、時間を決めてトイレへ行く習慣をつけることで、自然と排便が促されることがあります。

便秘で困ったら、まずはトイレへ行く習慣をつけることから始めてみましょう。

マッサージで解消

妊婦の便秘を解消する方法として、意外と有効なのが「マッサージ」です。

マッサージをする場合、下腹部をゆっくり平仮名の「の」の文字を書くようにして、マッサージを行います。マッサージには、腸の動きを促すとともに、自律神経に働きかけるリラックス効果があります。

特にご家族にやってもらうことで、マッサージによるリラックス効果がより高まり、便秘解消の期待が高まります。

体を温める対策

冬に限らず、夏場も含め、妊婦さんはなるべくシャワーだけでなく湯船につかって体を温めることが奨励されています。これはシャワーだけでは十分に体を温められないために、リラックス効果が得られにくいということあるからです。他にも、全身の血液の流れを良くすることで、より多く赤ちゃんに新鮮な血液を渡せるようにすること、そして他の臓器の動きも活発化させる効果を期待しています。

湯船に入ることで活性化する臓器の一つが、消化器であり、腸になり、便秘解消のきっかけとなります。

d288f3c9a1470850517b38b6d7ef80d2_m

お医者さんに相談

妊娠中の便秘の原因の一つは、「赤ちゃんが大きくなったことでの腸への圧迫が進んだから」があげられます。今まで数々の自宅でできる対策をあげてきましたが、妊娠の状態によっては、対策を行うこと自体が難しかったり、行っても改善できないケースがあります。

そうした時は、遠慮せずに検診時、医師に相談することも大切です。医師はお母さんの体調に合わせて、適切な下剤をくれるか、様々なアドバイスをくれるはずです。

「便秘を解消しよう」と過度に頑張りすぎてしまうことが、かえって赤ちゃんにとって危険になってしまうこともあります。そのため、便秘を解決するにあたっては、医師へ相談するということも、妊娠中の心構えとして非常に大切です。

妊娠時の便秘の注意する事

妊娠時の便秘は、非妊娠時に比べて注意しなくてはいけないことがいくつかあります。

特にぜひ知っておいていただきたい、注意点をあげてみました。

市販の便秘薬は使用しない

市販されている薬の多くは、「妊娠している方を対象」としていないため、妊娠時に飲んでしまうと赤ちゃんに悪影響が出てしまうことがあります。これは便秘薬でも例外ではないため、お薬によって便秘を解消する場合には、必ず医師から処方されたお薬のみを使うようにしてください。

子宮の収縮につながるような過度な運動、行為は避ける

臨月であり、陣痛促進のために奨励されている「スクワット」や「雑巾がけ」です。これらは子宮の収縮につながる運動とされているため、妊娠を継続させなくてはいけない妊娠初期から後期にかけては控えるべき運動となります。

赤ちゃんは、妊娠37週以前に生まれてしまうと「早産」扱いとなってしまい、「早い出産」となってしまいます。

便秘解消の「お茶」は要注意!

便秘解消に効果があるとされているのが「センナ」や「モリンガ」です。これらのお茶は、便秘解消に効果がある一方で、子宮を収縮する働きがあるとされているため、特に妊婦さんは摂取に注意が必要なお茶となります。

これらを飲まなくてはいけないほど便秘が辛くなってしまったら、まずはお茶ではなく、医師に相談し、適切な下剤を処方してもらうようにしましょう。

49216ad4cc902b70f528e593adb9d709_m

便秘薬の注意点とメリット・デメリット

医師に処方してもらえる「便秘薬」ですが、きちんと容量・用法を守らないと、かえってお母さんにとってつらい症状が出てしまう可能性もあります。

そこで、妊婦さんを対象として出される薬の種類と、それぞれのメリットとデメリットについてあげていきましょう。

薬の種類

妊娠中に処方される下剤は、数ある下剤の中でも「腸の蠕動運動を活性化させる」「便に水分を多くふくませることで排便しやすくする」タイプのものです。具体的な名前を挙げるとすると、腸の蠕動運動を活性化させるタイプとしては「ラキソベロン」、水分を多くふくませることで排便しやすくタイプとして「マグラックス」があげられます。

最近ではジェネリック薬品が処方されることも多く、名前が違う場合もありますので、処方された際には薬剤師さんへ、元々はどういう名前の薬なのかを確認するとよいでしょう。そのため、自宅に家族が処方された下剤があったとしても、それが「腸の蠕動運動を活性化させる」以外のタイプのものの可能性もあるので、必ず自分で処方してもらった下剤を飲むようにしましょう。

3909efccbf078e3457b8de352200a5f3_m

メリット

医師によって処方される「便秘薬」を使うことは、様々なメリットがあります。

頑固な便秘にも効果がある

自宅でできる様々な便秘解消の行為を行っていても解決できない場合には、薬を使うことで苦しい症状を改善することができます。

妊娠中は様々なトラブルが起こりがちです。その中でも、薬の力を借りることで一つでもトラブルを減らすことは、穏やかな妊娠生活を送る上でも重要なことです。

副作用の心配が少ない

副作用がまったくない、ということはありませんが、妊娠中に処方される下剤については強力な効き目のものはなく、副作用の出現もほとんどないといっていいほどの、低確率のものです。
そのため、安心して使うことができます。

デメリット

メリットがある一方で、もちろんデメリットも存在します。
便秘薬を使う際は、以下のことに注意してください。

即効性は乏しい

妊娠中にご紹介した薬は、どちらかというと「体に優しく働きかける」タイプのものなので、浣腸のような即効性はありません。下剤を飲んでから効果が出るまでに数日かかるため、すぐに症状が改善されず、苦しさがしばらく続いてしまいます。

ひどい下痢になることも

一方で、便秘薬が効きすぎてしまい、ひどい下痢になってしまうこともあります。下痢が続いてしまうと、身体の水分量が低下してしまい、脱水となってしまう恐れもあるため、注意が必要です。

55b6807aa9a99d28e591e37f10c0cdf0_m

妊娠時の便秘と痔の予防と対策

妊娠時に起こった便秘が原因で、妊娠中に痔になってしまうお母さんもいます。

そこで、痔にならないための対策を、ご紹介します。

過度にトイレにこもらない

便秘気味になると、ついついトイレにこもりがちになってしまいます。しかし、便が奥にある状態で長い時間力んでしまうと、痔になりやすくなってしまいます。

ある程度頑張っても出なかったら、お薬を使うなり、他の方法を考えることにして、あまり過度にトイレにこもらないようにすることが大切です。

体重管理に注意する

妊娠中、多くのお母さんが悩むのが「過度の体重増加」です。体重の増えすぎは産道を狭めてしまうだけでなく、便の出口である肛門周辺も狭めてしまい、便秘および痔を助長しかねません。

便秘や痔を助長しないためにも、体重管理は大切となります。

2715167ad107982190de65bc144102f5_m

痔になってしまったら、清潔を保持できるよう注意する

万が一痔となってしまった場合は、トイレごとに患部を清潔に保つように心がけましょう。妊娠中のトラブルとして痔は多いので、検診時に医師へ相談することで、適切な処置や薬を処方してくれます。

恥ずかしいかもしれませんが、これからあなたは出産を控えています。むしろ放置しておくことで、痔から細菌が入り込み、赤ちゃんに悪影響を及ぼしかねません。適切に処置を行うためにも、ぜひ早めに医師へ相談してください。

まとめ

妊娠中は、本当に様々なトラブルが起こります。しかし、出産後に思うのは「あんなトラブルに悩んでいたな」と自分にとって良い思い出の一つになっているということです。今、みなさんが便秘によって悩んでいたとしても、時間が立てば、それもきっと良い思い出になるはずです。

ぜひ、今起こっているトラブルに対して「なんでこんな目に」と悲観的になるのではなく、「こういったことも起こるなんて、妊娠はすごいな」と前向きにとらえていただけたらと思います。
みなさんが無事に出産できることを、心からお祈りしています!

ee9f1fc1bc15c856abf1de9cb2f9fd35_m

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER