MUGYUU!ロゴ

妊娠後期の便秘にマグミットは効果なし?悪化した便秘を解消するには?

妊娠してから便秘になってしまったけど、妊娠後期でさらに便秘がひどくなった!
病院から処方された安全なお薬マグミットが効かなくなってきた・・・
こんな方はいませんか?

便がでなくてきついし、いきむことで赤ちゃんが生まれてしまううんじゃないかと不安に思ってしまうものです。

便秘の相談ってなかなか人にしにくかったりしますよね。

でも、妊婦さんのマイナートラブルで以外に多いのが、便秘と言われているんですよ。
便秘はそのままにしておくと子宮収縮を招いたり早産の誘因になったりするんです。
早急に便秘を改善する必要があります。

では妊娠後期になると、なぜ便秘が悪化してしまうんでしょうか?

今日は妊娠後期の便秘の原因と、マグミットの上手な飲み方、妊娠後期の便秘の解消法をご紹介します。

妊娠後期になると便秘が悪化するのはなぜ?

腸の圧迫による原因

お腹が大きくなることで腸が圧迫されることによっておこります。

妊娠前は腸の便を運ぶ動き(蠕動運動といいます。)を邪魔する器官はありませんでした。しかし、妊娠に伴い子宮はが大きくなりますよね。仕方がないことではありますが、子宮が腸を圧迫してしまう形になってしまい、運動を遮ってしまうのです。このことによって、子宮が大きくなればなるほど、腸の運動を遮ってしまうことなるので後期に便秘になりやすいのです。

黄体ホルモンによる原因

黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響により、消化器官の運動が弱まることによっておこります。(腸の運動が弱くなります。)

プロゲステロンは、胃腸の平滑筋(自分自身で意識して動かすことができない筋肉のこと)をゆるめさせる作用があり、それに伴い腸の動きが減ってしまいます。

腸は水分を吸収する働きや栄養を吸収する働きがありますが、妊娠によって腸の働きが弱まることにより、身体は、より多くの水分を体に吸収しなければ!!と思いようになります。それによって、消化した食べ物からより多くの水分を吸収し、便が固くなってしまうのです。そして固くなった便は、でにくくなり、腸の便を出そうとする運動も低下しているため、便秘になりやすいのです。

8b0fa4d239b88e0100e80992aa16584f_m

プロゲステロンは妊娠を維持していくのはとても大切なホルモンです。オキシトシン(子宮の収縮を促すホルモンで出産後に増えるホルモンです)の感受性を低下させ、流産や早産を予防してくれています。妊娠週数が増える度に、プロゲステロンも増えていくので、どうしても必然的に後期に便秘がひどくなる傾向があります。

他にも病院で処方される鉄剤が原因の可能性も!

貧血時や予防のために処方される鉄剤(フェロミア、フェネルミンなど)は、便秘や下痢をひきおこしたりしてしまうことがあります。

妊娠中は、赤ちゃんに優先的に鉄がいくため、赤ちゃんにはさほど問題はありません。ただ、お母さんが貧血だとめまいが起きたり、動悸がしたり、疲れやすくなったりしてしまいます。そして、産後の出血も多くなったりと問題が出てきます。母親の身体は分娩に備えて、血液量がふえます。血液量が増えても鉄が増えるわけではないので血液が薄くなった状態になります。これによって、貧血になりやすくなります。その予防、改善のために鉄剤を処方されるのです。

しかし、鉄剤は胃腸への負担が多く、妊娠中で胃腸器官が弱まっている母にとって、便秘や下痢、胃痛などの症状がおこることがあるのです。飲んでいれば次第に身体は慣れてくるのですが、あまりにも便秘がきつい、下痢がきついといった場合は、医師に相談した方がよいでしょう。

気張ったり、踏ん張ったりして赤ちゃんは大丈夫?

基本的に妊娠中に、便をする時は気張ったり、踏ん張ったりすることはよくありません。それだけの腹圧が赤ちゃんにかかります。気張ったり、踏ん張ったりすることは、子宮収縮をうながしたり、痔を引き起こしたりと、よいことはありません。トイレは、長くても5分以内が理想です。大腸の先生なんかは長くて3分って言ってますよね。

もし、知らず知らずのうちに子宮内感染をおこしていて、羊膜が弱くなっていた場合なんて、踏ん張ったら、破水しちゃいます。(子宮内感染を起こしていたら入院していると思いますが。)出産を経験した方はわかると思いますが、赤ちゃんが出るとき、いきみますよね。そしたら、赤ちゃんが出てきますよね。トイレで踏ん張るということは、重力が下向きに働いているまま、踏ん張るということですよね。重力にそれだけの腹圧がかかっていると思ったら踏ん張ることは、よくないことだと理解していただけるかと思います。

9f7e76653848ece203ebcd0934be67a2_m

だからといって便秘をほおっていいかというと、そうではありません。便が溜まることで子宮収縮を引き起こし、それが誘因となり分娩へといったこともあります。自己解決せずに病院に相談、生活の改善、便秘薬等で改善するようにしましょう。

処方されたマグミットが効かなくなった場合は?

便秘の時の救世主、マグミット。でも最近効果が得られない…。といって悩んでおられませんか?

実はそれは、妊娠週数が増え、子宮が腸を圧迫したりホルモンによって腸の働きが弱まってーいるからなのです。マグミット習慣的に飲んでいるから効かなくなった…といった理由ではないと思います。ここのところは勘違いいやすいところです。

マグミットについて少しお話していきます。

マグミットは自己調節が可能なお薬です。(もちろん許容範囲はありますが。)マグミットは主成分がマグネシウムです。浸透圧の関係で便に水をひきよせてくれ、便をやわらかくする作用の薬です。そして、水分を含んだ便が腸を刺激し、便がでやすくなるわけです。

もちろん、妊婦さんにはよく使用される薬であり、母親や赤ちゃんへの安全性も高い薬です。実際、私も妊娠中、使用していました。初めはマグミット250mgからはじめて調節をしていきました。ちなみに私の場合は、ちょうどよかった量はマグミット250mgを毎食後1錠でした。

マグミットは3種類!

2344009F1035_000

引用:https://www.qlife.jp

マグミット錠は250mg・330mg・500mgがあります。マグミットと呼ばれることもあれば、カマグなんてよばれたりもします。

他にも同じ成分の薬でマグラックスというものもあります。これは後発薬になります。成分や効果は全くかわらないので、調節の仕方や飲み方はマグミットと同じです。

マグミットはどのように調節する?

まずはじめに気を付けていただきたいことは、量を守るようにしましょう。1日2000mg(2g)までです。それ以上は超えないようにして下さい。マグムシウム中毒になることがあります。

ちょっと怖い話になってしまいますが、高齢者で亡くなった事例もあります。心臓が弱かったという事情もありますが…。なので、量には気を付けましょうね。

便をでやすくしたいのであれば、基本は朝昼晩でのんでください。種類によって量が違うので内服できる錠数が変わります。朝方トイレという方は、夜寝る前に飲むのもおすすめです。

マグミット錠250mg

・マグミット錠250mgの場合は1日8錠までになります。
例)朝3錠 昼2錠 夕(夜)3錠 といった感じです。

マグミット錠330mg

・マグミット錠330mgの場合は1日6錠までになります。
例)朝2錠 昼2錠 夕(夜)2錠 といった感じです。

マグミット錠500mg

・マグミット錠500mgの場合は1日4錠までになります。
例)朝2錠 夜2錠 といった感じになります。

量を調整することによって、便はでやすくなります。また、3食後、夕食後に飲むことで緩下剤効果がアップすることわかっています。睡眠中に、消化液の分泌がよくなり、消化活動がよくなるためです。

▼注意点
薬を飲む際には、コップ1杯のお水と共に飲みましょう。便をやわらかくするためには、水分摂取は必要不可欠です。水分をとらないことには、充分な効果が期待できなくなります。たくさん水分とりましょうね。

基本的には医師と相談してから、内服の量、回数を決めましょう。はじめは1日3錠250mgを3回からはじめていくのが望ましいです。それで効果が得られないときは少しずつ、量を増やしていくようにしてください。急に量を増やすと、下痢になり、腸の動きが活発になりすぎ、その刺激で子宮が収縮してしまうことがあるので気を付けましょうね。

マグミット以外の処方箋はある?

他にも「ラキソベロン」という、大腸に刺激を与え、大腸の動きをよくする薬もあります。
こちらも穏で安全なタイプですが、医師と相談して進めるようにしましょう。初めは1滴から始め、効果によって滴数を増やしていきましょう。20滴までは大丈夫です。ラキソベロン単体で使用するよりも、マグミットなど、便をやわらかくする薬と併用した方が効果的です。

浣腸は??思う方もいると思いますが、基本、自分で浣腸するのは駄目です。浣腸は浣腸液を入れることにより、粘膜から吸収し腸の動きを促す上、液が入ることの刺激での腸の働動きも促し、便をやわらかくします。浣腸は結構な腸の動きを促しますので、それに伴い、子宮が収縮し、流産や早産を引き起こす可能性がないとはいいきれません。なので、必ず医師に相談し病院で行ってもらった方がいいです。

3881039fa0ce94a40b575f99647f2c1f_m

薬に以外で妊娠後期の便秘を改善する方法は?

水分補給

朝コップ1杯のお水や、ヨーグルトなどをのみ、腸の動きを目覚めさせます。そして、腸の働きを促しましょう。ただ、急に冷たいものをとると、下痢や子宮収縮の原因になるので気を付けましょうね。

また、利尿作用のあるものではなく、利尿作用の少ないものを飲みましょう。カフェインを多く含むのは避け、とにかく水分をとるようにしましょう。

運動する

運動不足になると血行が悪くなり、腸の蠕動運動が減ります。といっても、人によって運動ができる人、制限がある人などさまざまです。自分の行動がどの程度なら大丈夫なのかを把握した上で、ウォーキングやマタニティーヨガなど行っていくのもいいと思います。

ちなみに私は絶対安静だったので、足を伸ばし曲げたりしていました。

食事を見直す

食物繊維を摂りましょう。繊維質は消化されないまま、大腸まで運ばれるので、保水性高い、ゴボウ、寒天、芋などをとるようにしましょう。

腸の働きをよくするためには、腸内環境を整えることも大切です。乳酸菌やオリゴ糖を摂ることで、ビフィズス菌が増え、腸内環境がよくなり便がでやすくなります。

ちなみに私は、安静だったので、毎日、ヨーグルトにオリゴ糖をかけ、プルーンを食べていました。

2eeaa1d9f421041282953b5c4598babf_m

生活習慣を整える

妊娠する前からの便秘は生活習慣や日常の動作に原因があることが多いです。同じ時間に起きて、同じ時間にトイレに行くようにし、体のサイクルを整えましょう(自律神経を調えましょう。)
十分に睡眠をとり、精神的にリラックスして消化機能を高めましょう。

他にも、体を温めると(ぬるま湯)副交感神経が優位になり、リラックスします。リラックスすることで、消化機能が高まります。

便痛と陣痛は全く違う?

妊娠後期になってくると、つい考えるのが陣痛ですよね。陣痛も便通も周期は確かにあるので、これはもしや…って思ってしまうのですよね。陣痛と便痛の大きな違いは、痛みの持続時間です。陣痛であれば1分以上は痛みが続くことはありません。

陣痛は、経験したらわかると思いますが、徐々に痛みが強くなりますが、痛みがずっと続くことはなく陣痛がこない間はなんともありません。そして、陣痛は山のような痛みになります。徐々に痛くなって、ピークをすぎると、痛みがひいてくるのです。そしてそれと同じように子宮もかたくなり、そして、ゆるんでいくのです。

便通はお腹が全体的に常にパンパンしていると思いますし、わかるとは思います。ただ、経産婦でも便通だと思ったら、陣痛だったという人もいたので、わからなかったら、病院に電話していくようにしたらいいと思います。

fb14155293118c01fe6f15436d0170fc_m

まとめ

便秘ってなったことにしかわからないなんとも言えない不快感ですよね。妊婦さんはどうしてもなりやすいです。あなただけが便秘で悩んでいるわけではありません。自分や赤ちゃんためにも、上記の内容を参考にしていただけたら幸いです。そして、必ず、担当医師に相談しましうね。自分で解決しようと思って市販薬を飲んだりはしないようにしましょうね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER