MUGYUU!ロゴ

毎日飲んでるお茶が危ない?妊娠中の便秘はどのお茶を選んだらいいの?

便秘に悩む妊婦さんは、かなり多いようです。
その中には、妊娠するまでは便秘などしたこともなかったのに…という方もいらっしゃれば、妊娠前からずっと頑固な慢性便秘に悩んでいて、便秘薬や下剤を長年常用してきたという方もいらっしゃるでしょう。

実は私も若いころからどうも便秘体質で、妊娠中もずっと便秘に悩んでいました。正直に告白すると、陣痛が訪れた時も便秘状態でかなり憂鬱だったのです。

ママの腸内細菌の状態は自然なお産を通じて、無菌状態だった赤ちゃんに引き継がれるという話もあります。実際、私の娘は新生児期から謎の便秘で、幼児期にとても苦労して改善したという体験もあります。

妊娠が分かると、これまでと同じように下腹部に力を入れること自体に不安や抵抗感がわいてきますよね。妊娠初期は過剰に流産の心配をしたりもして、さらに便秘が慢性化しがちです。便秘に悩む妊婦さんの多くは、なんとか早くこの便秘を改善したいのだけれど、市販の便秘薬や下剤などの薬は極力使いたくないと考えていらっしゃるでしょう。やはり、できるだけ自然に近い方法で、薬に頼らずに妊娠中の便秘を解消したいのです。

そんな中で、注目を集めている便秘解消法の1つは、安全な有効成分が含まれたお茶を飲むことです。便秘症状の改善が期待できるような成分が入っていて、妊婦さんにとって安全なお茶を日常生活の中で自然に飲むことで、便秘のお悩みから解放され、妊娠中はもとより産後の授乳期にもとても必要な水分をしっかりと摂れるという良い習慣も身につきそうですね。

反対に妊娠中に推奨されないお茶を飲んでしまうと、退治の発育を阻害するものもあるので、注意が必要です。

今日は、妊娠中の便秘に悩んでいる方のために、便秘の解消に有効で、しかも安心して飲んでいただけるお茶のご紹介をさせていただきます。

便秘に効果があるお茶について正しい知識を身につけよう!

便秘に効果があるお茶と言っても、色々な種類があります。便秘の改善という目的で飲むお茶について、まずは過大広告や偏った情報をうのみにせず、正しい情報と知識を得ましょう。

メリット

便秘の解消には、毎日十分な水分をとることが大事です。

お茶を飲む習慣が身に付けば、その有効成分とともに自然に必要な水分補給ができ、健康的に便秘体質を改善することができます。下剤のような薬ではないので、腹痛や吐き気などの不快感がなく根本的な便秘の改善につながります。

たくさんの種類の良いお茶があるので、気分によって色々な味や香りや効果のお茶を楽しむのもいいですね。

9ba5fa9a2b570af86b825cf55e94cdc8_m

デメリット

便秘に良いお茶と言っても、医薬品の下剤のような即効性は期待できません。すでに何日も便秘が続き、痛みや不快感で苦しい状態を今すぐ解消したい場合には不向きです。

健康茶は薬ではなく食品扱いなので、商品の種類が多く、中には原材料や製造過程において安全性や信用性に欠けるものもあります。自己責任で注意して飲まなければなりません。

妊娠中はノンカフェインのお茶を選ぼう!

妊娠中に控えるべき嗜好品の指導は、妊婦検診時や両親学級の時にも厳しくうけることなのですが、タバコ、アルコール、カフェインの摂取は控えなければならないことは皆さんよくご存知でしょう。

たばこは低出生体重児の原因に、アルコールは胎児アルコール症候群(発育や知的障害、小頭症、顔面の異常など)の原因になることが明らかですが、カフェインはなぜいけないのか?胎児にどんな影響があるのかを知っていますか?

妊婦さんのカフェイン摂取の胎児への影響についての研究によれば、妊娠中のママがカフェインの入った食品から摂取したカフェインは、ママお赤ちゃんの絆である胎盤を通じて胎児の体に入っていきます。まだ小さく未発達な胎児は、体の中に入ったカフェインを分解して排出する機能が低いために、カフェインは体内に留まり蓄積されやすいと言われています。

b90fc4ee526bbc1774ac7dd12a5ea3a4_m

カフェインには、大人が少量摂取する場合には良い面もあるのですが、大量に摂取すると、精神的な不安や興奮による不眠や幻覚症状が、肉体的にも不整脈や震えなどの副作用のような影響が出ることが報告されています。お腹の中の赤ちゃんの体にママの想像以上の濃度でカフェインが蓄積されていき、胎児の発育を阻害してしまう可能性がないとは言えません。

最近、カフェイン中毒という言葉も話題になっていましたが、胎児への悪い影響をしっかり認識してできるだけ避けるべきですし、妊婦さん自身の健康のためにも、カフェインの摂取量には注意が必要です。

カフェインとは

もともとはコーヒー(coffee)から分離された白色の結晶物質(C8H10N4O2)で、カフェインという名前になりました。興奮作用があり、精神を刺激する劇薬の1つでもあります。

眠気覚ましにコーヒーを飲むとか、夜に濃い緑茶を飲むと眠れないとか言われることがありますが、それはカフェインの覚醒作用によるものです。カフェインは刺激物質ではあるのですが、その反面、強心作用や、利尿作用、また解熱鎮痛の作用などもあり、一般的な総合感冒薬や鎮痛薬などの医薬品成分としても配合されています。カフェインは、コーヒー飲料だけでなく、以下のお茶や飲み物にも含まれています。

妊娠中には避けたいカフェイン含有量の多い飲み物

・緑茶
・紅茶
・ウーロン茶
・センナ茶

これらのお茶は、普通によく飲まれていて水分補給や便秘を解消するためにも良いお茶なのですが、実はカフェイン含有量が多い飲み物です。加えて、センナ茶には、カフェイン以外にもさらに子宮を収縮させる作用があると言われていて、切迫流産などに繋がる危険性もあるので注意が必要です。

・コカ・コーラ
・栄養ドリンク
・ココア
・チョコレート

いわゆる茶葉が原料のお茶以外に、コカ・コーラや栄養ドリンクなどの飲料にもカフェインが含まれています。ジュースなどの飲み物を選ぶときには糖分の摂りすぎだけでなく、カフェインにも気を付けてください。

また、妊娠前にバリバリ働きながら栄養ドリンクを飲む習慣があった男前な妊婦さんは、妊娠中の疲労倦怠感に栄養ドリンク!は絶対にお勧めできません。ココアやチョコレートドリンクにもカフェインは含まれていますので、摂りすぎには注意しましょう。

a1d08dbed8f6d5f7af6494ded85b2ef3_m

妊娠中に飲める便秘解消のお茶

ノンカフェインのお茶

妊娠中のカフェイン摂取の影響や、カフェインを多く含む飲み物についてはご理解いただけたと思います。

それでは、妊娠中でも安心して飲めるノンカフェインのお茶で、便秘解消にも役立つことが期待できるものを幾つかご紹介していきます。それぞれのお茶が妊婦さんに良い理由も合わせて説明しますので、参考にしてください。

コーン茶

f83f100268a36345e35078ea4114c073_m

コーン茶は、韓国では一般家庭やレストランでも、日本のお水や麦茶のような感覚で日常的に最もよく飲まれているお茶です。妊婦さんは勿論、子どもからお年寄りまで安心して飲めるノンカフェインのお茶の代表です。実は日韓国際結婚の我が家では、麦茶代わりに時々飲んでいます。

原材料はトウモロコシやトウモロコシのひげで、便秘の解消や整腸作用のある水溶性の食物繊維が含まれています。また、カリウムなどのミネラルやリン、ビタミンB1、ナイアシンなどの栄養素、特に鉄分が多く含まれていますので、妊娠後期の高血圧や浮腫みを緩和する作用や、妊婦さんの貧血予防にも役立つお茶です。

タンポポ茶

266294ed15d549ca639a144e4528fd07_m

タンポポ茶またはタンポポコーヒーという商品名で、妊婦さんや授乳中のママに良く知られているお茶です。原材料はタンポポの根で、ノンカフェイン・ノンカロリーで安心して飲めます。ノンアルコールビールをイメージしていただければ、ノンカフェインコーヒーとしてコーヒーの代用的なお茶と言ってもいいでしょう。

タンポポ茶は、消化不良を整えながら便秘を解消する効果があります。それだけでなく、ビタミンやミネラル成分も豊富で、肝臓を強化したりコレステロールを抑えたり、血糖値を下げて血液をサラサラにしたりする効果も期待できます。また根の部分に多く含まれる利尿作用は、浮腫みの改善にもつながります。

タンポポは、中国では蒲公英という解毒作用のある薬草で、昔から漢方薬や食用としてヨーロッパでも親しまれてきました。日本でも出産後の母乳分泌を促進する働きがあると言われていて、リラックスしながら赤ちゃんの授乳量を増やせるという口コミで妊娠期から授乳中のママに人気です。

黒豆茶

392dde72402331213a061387d8fe83a1_m

黒豆茶の原料の黒豆には食物繊維が多く含まれているだけでなく、その皮の部分には腸内のビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌のえさになって、その善玉菌を増やし腸内環境を整えるオリゴ糖を多く含みます。そのため、便秘の解消効果が期待できるお茶です。

また、抗酸化作用や免疫力アップ効果があるポリフェノールや、目に良いアントシアニンもなどの成分も多く含まれています。

黒豆茶には、女性ホルモン用の働きで知られるイソフラボンも豊富に含まれているので、アンチエイジングや美肌効果だけでなく、アレルギー症状の改善、女性にとって気になる骨粗しょう症や乳がんの予防効果も期待できます。良質なタンパク質や、亜鉛、鉄、カリウムなどのミネラル成分が豊富に含まれている優秀なお茶です。

杜仲茶

tochu-ha-2009

引用:http://www.tochu-cha.com/

杜仲茶と言えば、体内脂肪を減少させ肥満予防に良い、ダイエット効果の高いノンカフェイン茶として良く知られているお茶です。その原料の杜仲は、中国漢方では不老長寿の生薬とされ、足腰の不調や頻尿の緩和、肝臓や腎臓の機能強化、血圧降下作用があるとも言われています。

杜仲茶に含まれるゲニポシド酸という成分は、副交感神経を刺激する働きがあります。副交感神経が刺激されることで妊娠中の緊張やストレスが緩和され、また、血管が拡張し血行が良くなることなどの相乗効果で冷え性や便秘の改善にもつながります。

その他にも、カルシウムやカリウム、マグネシウムや鉄、亜鉛などの必要な栄養素を多く含む健康茶として、誰でも安心して飲み続けられるお茶です。

よもぎ茶

a305bb5e53b44ba7b2767c0c9906c460_m

よもぎ茶は、日本で古くから親しまれてきた、ノンカフェインで豊富な栄養素を含む健康茶です。原料は初夏に芽吹く香りの良いよもぎの葉です。

食物繊維が豊富で便秘解消にも良く、不足しがちな栄養素を補えるため、妊婦さんの強い味方になるお茶として多くの助産院でも飲用が勧められています。

よもぎ茶に含まれるシネオールには血液循環を良くし、体を温めて冷え性を改善する作用があり、クロロフィルには血液浄化や、殺菌、抗アレルギーなどの作用もあります。

ノンカフェインのハーブティー

最近では、妊娠中にハーブティーを飲まれる方も増えているようですね。私が出産した大学病院でも、出産入院のために病院が準備してくれたお産入院セットの中に、ハーブティーとハーブティー用のミニポットが入っていました。

植物ハーブにはカフェインは含まれず、ハーブから水溶性の有効成分を浸出させたハーブティーを飲むことで、食物繊維やビタミン、ミネラルなどを補給することができます。便秘解消のためには、水分をたっぷりと摂ることと合わせてリラックスすることもとても大事です。

心地良い香りのあるハーブティーは心身のリラクゼーションやリフレッシュにもつながり、妊婦さんにお勧めです。

ルイボスティー

c859d4ac191d1f424eee2f58e6ac801f_m

ノンカフェインで安心して飲めるお茶の火付け役として登場したルイボスティーの知名度は今でもとても高いですね。

原料のルイボスは、南アフリカの特定地域に自生する針葉樹です。深く地中に張った根で吸い上げられたミネラル成分がたっぷり含まれている葉を発酵乾燥したお茶は、現地では不老長寿のお茶として飲まれています。妊娠中に便秘しがちでお通じが気になる方や産後のダイエット期にも飲んでいただきたいお茶です。

ルイボスティーに含まれるSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)という抗酸化物資の含有量は、他のお茶よりも何十倍も高く、活性酸素から体を守ってくれます。また、花粉症アレルギーに効果のあるフラボノイドも含んでいます。しっかりミネラル補給ができ、健康の源であるアンチエイジング効果も期待できます。

ローズヒップティー

94ece4550137c1d34f0c28c8ce937077_m

ローズヒップティーは、野バラの実が原料の美しい赤色で甘酸っぱいハーブティーです。レモンの20倍ものビタミンCが含まれ、しかもそのビタミンC は熱で壊れにくい性質のものなので、別名ビタミンCの爆弾とも言われています。

ビタミンCだけでなく、ビタミンDやβカロチン、カルシウムや鉄分などの栄養素も豊富に含むので、便秘だけでなく、風邪や低血圧や眼精疲労の予防、免疫増進、血液浄化などの作用や、美容効果も期待できます。

 
妊婦さんにおすすめのハーブティーは、他にも沢山あります。紹介しきれないので名前だけ挙げておきます。

ハイビスカスティー、ペパーミントティー、レモンバームティー、レモングラスティー、マリーゴールドティー、ローズティー、カモミールジャーマンティー、オレンジピールティー、オレンジフラワーティーなど。

便秘に限らず、妊娠初期の悪阻症状を和らげたり胃腸を整えたり、お茶によって色々な効用があり、相性の良いものをブレンドして飲むのもお勧めです。

飲みすぎに注意したいお茶

漢方生薬のお茶にしても、植物ハーブのお茶にしても、自然植物由来のお茶だからと言って、妊婦さんの体にとって良い成分だけが含まれているとは限りません。飲みすぎるとあまり良くない成分も同時に含有しているものもあります。

ここでは、妊娠中には少し気を付けて飲んでいただきたいお茶について、それぞれのお茶の特徴に着目しながら説明させていただきます。

微量のカフェインが含まれたもの

始めにお話ししたように、カフェインが多く含まれているものや摂りすぎはいけません。ですが、カフェインの作用としては決して悪いことばかりでもありません。

これからご紹介するお茶には、微量のカフェインは含まれている一方、体に良い成分も含まれています。

マテ茶

3c2f3b702744db19005cb174cb069812_m

マテ茶は、アルゼンチンやブラジル、パラグアイなど南米の南東部の国で、モチノキ科の潅木の葉や枝を原料に生産されています。お茶の入れ方で若干の差は出ますが、そのカフェインの含有量は、コーヒーの約1/4程度で緑茶の半分くらいです。妊婦さんが薄めに浸出したマテ茶を適度に飲むことは問題ありません。

マテ茶には、妊婦さんが不足しがちな必要なミネラル成分の含有量が非常に高く、前述した杜仲茶と比較すると、カルシウムは7倍以上、マグネシウムは20倍以上、鉄分も30倍近く含まれています。ポリフェノールの一種のフラボノイドや、葉緑素も豊富に含むお茶なので、飲むサラダとして緑黄色野菜不足を補います。

マテ茶には、グリーンタイプとそれをさらに焙煎したローストタイプの2種類があり、ローストタイプは有効成分の含有量は減りますが、その分香ばしくて飲みやすいとされます。

プーアル茶

1cb967e2a0310dd6e9ed7c40cec2a254_m

プーアル茶は、中国雲南省の南部でかなり古くから生産されているお茶で、製造過程の違いによって生茶と塾茶の2種類があります。日本で手に入りやすいお茶の殆どは熟茶の方です。

カフェインの含有量は、若い生茶では緑茶と同じくらいですが、塾茶は発酵過程でカフェインやカテキンの成分の一部が分解されていき、長期熟成されればされるほどカフェイン含有量は少なくなります。妊婦さんは、カフェインの少ない塾茶を適度に飲むレベルであれば問題ありません。

プーアル茶には、脂肪分解酵素のリパーゼの力で余分な脂肪を分解排出するデトックス作用があり、含有成分の熟成茶重合カテキンは、脂肪の吸収を抑制する作用もあると言われています。また、発汗作用や水分を排出する作用で浮腫みの予防も期待できます。

さらに、リパーゼを活性化する必須アミノ酸や、代謝を促進する鉄分なども含まれていて、体重増加や浮腫みが気になる妊婦さんの味方になります。

子宮を収縮作用があるもの?

飲みすぎには注意したいお茶の含有成分として、カフェインに注目をして説明してきましたが、それ以外にも妊婦さんの気になる情報がありますので、少し説明を加えておきます。

ごぼう茶

b5d8ef1c0f351f5ec6a408357f58d6dd_s

ごぼうは、日本では食物繊維が豊富な根菜の野菜として食卓にも頻繁に登場します。セルロースやイヌリンの含有量が特に多い野菜で、食物繊維不足が原因の慢性便秘の腸内をきれいにしながらお通じを促す整腸作用や、体を温めて浮腫みを改善する作用があることで良く知られています。

ごぼうの皮に近い部分には、抗酸化作用のあるサポニンが含まれ、悪玉コレステロール値を下げて血液をサラサラにしてくれます。ですが、サポニンには毒性があり、摂りすぎると胃腸の調子を崩してしまったり、消化が良くないなどと言われたりすることもあります。

ゴボウはもともと中国から伝来した漢方生薬です。種の部分は牛蒡子や悪実と呼ばれ、その薬理作用を引用すると、子宮収縮作用というものが含まれています。バードックルート(ゴボウ茶)という名前のハーブティーは根の部分が原料です。便秘には非常に良いのですが、キク科の植物アレルギー体質の方や妊娠中の方は、飲用を控えた方が安心なのかもしれません。

カフェイン以外で気を付けたい成分は?

便秘改善のためのお茶に含まれる成分の中で妊婦さんが注意すべき成分は、カフェイン以外にも幾つかあります。

なぜ気を付けた方が良いのか?その理由と合わせて説明を加えていきます。

センナ

センナは漢方生薬で、便秘薬やいわゆる下剤の主成分です。大腸に溜まっている便を即効一時的に排泄するための薬の成分です。

薬ではなく、健康茶の分類で気軽に手に入るセンナ茶も、慢性便秘の予防や腸内環境を整えるような効果を期待するものではなく、長期的に飲むと自然な排便のための反射機能が低下してしまう恐れがあり逆効果です。また、敏感な妊婦さんには刺激が強く、下痢をしてしまうこともあります。妊娠中の下痢は良くないと産婦人科の先生に聞いたことがあります。

妊娠初期の場合には流産につながったり、まだ安全なお産までの日にちが満たない妊婦さんの間接的な陣痛の誘発につながったりするリスクも考えられます。

キャンドルブッシュ

キャンドルブッシュは、センナと同じマメ科→ジャケツイバラ科の黄色い花をつける植物です。キャンドルブッシュは医薬品ではありませんが、センナに含まれる下剤作用成分のセンノシドや便秘解消の即効性があるアントラキノンという下剤成分が含まれています。

薬ではない健康茶!といううたい文句で、実際には下剤レベルの作用がある可能性のあるお茶が市場に出回っているようです。アントラキノン系の成分には毒性があり長期摂取や多量摂取にはリスクも生じます。妊娠中の便秘の解消のために、日常的に飲むお茶としてはお勧めできません。

カテキン

6b666b90c644d0e84fd1979729e7ab08_m

カテキンは、緑茶に多く含まれるポリフェノールの1つでお茶の渋みの成分です。茶カテキンという有効成分の抗酸化作用や抗菌作用は有名で、機能性のある特定保健用食品として表示することも許可されています。高濃度カテキンを含むサプリメントもなども販売されていて、一般的には体脂肪やコレステロール値を下げる良いイメージがありますよね。

その一方で、カテキン摂取が原因だとされる重篤な肝臓障害の報告例もあります。また、少し前のことですが、CDC(米国疾病管理センター)が妊婦さんの食生活の胎児への影響を研究報告した記事の中で、カテキンの摂取が多いと二分脊椎症胎児になるリスクが高まるという内容を目にしたことがありました。

妊娠初期には、胎児の脊椎形成時に必要な葉酸というビタミンを多く摂取するように指導されますが、カテキンが、その葉酸の働きに影響するというのです。はっきりとは分かりませんが、日本人が良く飲みカテキンを多く含む緑茶には、カフェインも多く含まれていることも事実ですので、妊娠中には気を付けましょう。

冷えたお茶を飲んでも大丈夫?

1b4e3c4df32737b1ea43f89bc2c023b8_m

妊娠中の便秘対処法として、朝起きてすぐにコップ一杯の冷たい氷水を飲むことを産院で勧められたことがあります。これは、朝食の前に胃腸を刺激しておくことで腸の蠕動運動を促すという目的です。

特定の目的以外の水分補給は、できるだけ温かい飲み物か常温で飲むようにしましょう。妊娠中の便秘や健康維持に良いお茶でも、冷蔵庫で冷たく冷やして一日に何度も飲むとなると、内臓から体全体を冷やしてしまいます。冷えは何よりも良くありません。

妊娠中は普段より体温が高く、冷たい飲み物がほしくなるのですが、例えば、暑い日に外出して汗をかいた時には冷たいお茶を飲んでスッキリし、それ以外の時間帯や夜の就寝前などのリラックスタイムには温かいお茶を入れるようにするなど、変化をつけてもいいでしょう。

市販で売っている便秘茶って飲んで大丈夫?

これまでの話しのなかで、気になるお茶や飲んでみたいと感じたお茶はありましたか?

実際にドラッグストアやスーパーの健康茶のコーナーには、便秘に良いというキャッチフレーズのお茶がたくさん陳列されていると思います。市販のお茶をお求めになるときには、必ず原料や有効成分と合わせて、妊婦は飲用不可という明記がされていないかどうか確認してください。

医薬品の便秘薬の場合には、はっきりとした効果効能と、一日の摂取量や飲み方の注意、副作用についての記載があります。ですが、健康食品としてのお茶には、薬事法の関係もあって曖昧な表記しかないこともあります。説明させていただいたような注意すべき成分が含まれていたり刺激が強すぎたりして、不安や心配があるものは、流産や早産などのリスクを踏まえてご自身でしっかり判断してください。

いかにも便秘がすぐに改善するというような広告で市販されていたり通信販売されていたりするお茶は、薬じゃないしお茶だから大丈夫だと、自己判断で大量摂取しないようにご注意ください。

e560c83b90620c435f7e7b5dba6db482_m

困った時は薬に頼ることも大切

妊娠中はできるだけ薬を飲みたくない…私もそう思って妊娠中の便秘と付き合っていました。

ですが、なかなかすんなりと思うようにはいきませんでした。トイレで頑張って、ふらふらしたり気分が悪くなったりしたこともありますし、妊娠後期に近づくにつれてお腹の張りや微弱陣痛を感じることが増えると、下腹部の圧迫感や痛みも気になり、変にいきんで子宮収縮を起こしたらどうしようと思ったこともありました。

そんな時には、妊婦検診で相談して便秘薬を処方してもらいました。ラキソベロン液やマグラックス(酸化マグネシウム錠)などは一般的に処方される妊婦さんでも安全な便秘薬です。

fc8da1dd8c28ebae1ee53194c61f13c1_m

まとめ

かつては私も便秘に悩む妊婦でした。今この記事を読んでいる妊婦さんのお気持ちはよくわかります。

自らの経験では、便秘の根本的な改善には生活習慣の改善が不可欠だと思います。便秘に良いという前向きなイメージを持ちながら、リラックスして毎日お茶飲む習慣はとても大切で、出産後の授乳期にも必ず役立ちます。

ひどい便秘の方は、無理をせずに必要に応じて処方薬にも頼り、それとは別に継続して、今日ご紹介したような安全で納得のゆくお茶を飲み、余裕があれば、腸内善玉菌を増やす乳酸菌や腸の滑りを良くするオリーブオイルなどの方法も加えて試してみてはいかがでしょうか。

皆様の便秘の改善を陰ながら祈っております。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER