MUGYUU!ロゴ

結婚したらすぐ赤ちゃんできるわけではない?!妊娠の確率と生理周期の関係

皆さんは赤ちゃんが欲しい!
と思ったら、すぐに妊娠できると思っていたりしませんか?
若い健康な男女であれば、なおさらいつでも妊娠できると思いがちですが、実はそう簡単ではありません。
女性の身体は生理周期によって、妊娠しやすい日としにくい日があるのです。
妊娠しにくい日にどんなに頑張って夫婦生活を持っても、なかなか妊娠には至りません。
したがって妊娠を望む人は、まずは妊娠しやすい日を探ることが大切です。
年間を通して、妊娠しやすい日はいつなのか、実際の妊娠の確率はどのくらいなのか、様々なデータを元に検証してみたいと思います。

妊娠に至る確率って?

女性に本来備わっている生物学的な妊娠する力のことを妊孕力と言います。
年代別にみると、最も妊娠しやすいのは20代と言われています。
30代に入ると妊孕力は緩やかに下がり始め、30代後半、特に38歳を境に急激に低下します。
40代では妊娠がかなり難しくなってきます。
それでは実際妊娠に至る確率はどの程度なのでしょうか。
888f81067c83516fa9cca1685e960640_m

女性の年代別の自然妊娠の確率について

一般的に思春期には生理が始まり妊娠可能な身体になりますが、まだ女性としての機能は未熟な部分が多いため、
10代の妊娠確率はそれほど高くはありません。
成熟のピークにあたる25歳~30代前半の女性の自然妊娠の確率はだいたい25~30%、30代後半になると18%程度に下がり、 さらに40代前半ではたったの5%程です。
45歳を過ぎると1%にも満たないと言われています。
これには様々な要因がありますが、女性が歳を重ねるごとに、卵子も老化していくことが原因の一つです。

自然妊娠ではない確率について

次にタイミング法や人工受精、体外授精など自然妊娠ではない場合の妊娠確率についてみてみましょう。
35歳未満の女性のタイミング法の妊娠確率は約5%、35~40歳で2~4%、40歳を過ぎると0.25~2%にまで落ち込み、45歳以上だと0.1~0.2%とかなり低くなっています。
また、女性の体内に精子を注入する人口受精の妊娠確率は、35歳未満で8~9%、35~40歳で、4~8%、
40歳を過ぎると0.5~4%、45歳以上だと0.25~0.5%で、タイミング法よりは若干確率が上がっています。
さらに卵子を取り出して体の外で受精を行う体外授精の妊娠確率はどうでしょうか。
同じように35歳未満だ30~35%、35~40歳で15~30%と、40歳を過ぎると2~15%、
45歳以上だと1~2%となっており、タイミング法や人工授精と比べるとかなり高い確率となっています。
これは卵子に直接精子を振りかけたり、注入したりするので、妊娠確率が上がっているものと想定されます。
逆に、避妊をしているにもかかわらず妊娠してしまう確率についてもみてみましょう。
コンドーム正しく使用した場合の妊娠確率は約3%、使用方法を間違うと、なんと12%の確率で妊娠に至るというデータもあります。

1年を通して妊娠する確率って?

1年のサイクルから妊娠の確率を見てみましょう。
544931630e5d352d556073c7a7cff75a_m

生理周期から

女性の生理周期には個人差があるので、年間の妊娠可能日数も異なってきます。
生理周期が28日と短めの場合、単純計算ですが、月に一度の排卵は年に約13回となります。
しかし周期が35日とやや長めの場合は、排卵日は年に10回しかありません。
年間の排卵回数が多いほど妊娠のチャンスが増えるため、周期が短めのほうが妊娠の確率は高いと言えます。
ただ、周期があまりにも短い場合は、ホルモンバランスの乱れから無排卵の可能性があるので、まずはきちんと排卵があることが前提です。

季節から

それでは年間を通して妊娠する確率が高い季節はあるのでしょうか。
厚生労働省が月ごとの出産件数を調査したところ、7~9月生まれの赤ちゃんがやや多いことが分かりました。
逆算すると妊娠したのは前年の10~11月頃になり、この場合秋が最も妊娠しやすい季節と言うことができます。
これは動物学的見地から、秋に妊娠して夏に出産することにより、食べ物が常に豊富にある温かい季節に子育てができるためと考えられています。
また別なデータによると、体温が高い時期、つまり温かい季節の方が妊娠の確率が高いということが分かっています。
人間の身体に本能的に備わっている力なのかもしれませんね。

妊娠しやすいタイミングがある

ここまで妊娠方法や季節など、大きな流れの中で妊娠確率をみてきました。
それでは実際に妊娠しやすい日はいつなのでしょうか。
漠然と排卵期と言っても、人によって異なりますので、その中でも最も妊娠しやすい日を知ることができれば、
妊娠に至る近道になります。
その日を狙って夫婦生活を持てばより効率的なので、ぜひとも知りたいですよね。

妊娠の仕組み

d36fe19339e642db241bbc13e9a5558a_m

まず妊娠の仕組みを少しおさらいしましょう。
妊娠は、卵子と精子が出会い受精、子宮内に着床することによって成立します。
卵子と精子が出会うことができるのは、卵巣から卵子が放出されたときだけ、つまり排卵期だけです。
平均的な生理周期の女性は、ひと月に1度、年におよそ12回あります。
それ以外の時期に夫婦生活を持っても、普通は妊娠しません。
ところがこの排卵期に夫婦生活を持っても、実際妊娠に至るのは20~25%程度と言われています。
4~5組にたったの一組と考えると少ないですね。
妊娠に至らない要因はいくつか考えられますが、
まず卵子と精子がきちんと出会えていない可能性があります。
それではどうすれば確実に出会って確実に受精することができるのでしょうか。

ずばり、妊娠しやすい日は?

排卵が近づくと、女性の身体は精子を受け入れようと、膣内の環境が変化します。
オリモノが増え、入ってきた精子が膣内をスムーズに移動できるよう手助けをします。
精子は射精後女性の体内で1週間は生存可能と言われていますので、排卵日の数日前から夫婦生活を連続して持つようにするのがベストです。
つまり確実に卵子と出会うためにも、精子は早めに到達して卵子が飛び出してくるのを待っている状態が望ましいのです。
したがって最も妊娠しやすいのは、排卵前の約5日間と排卵日の1日の6日間ということになります。
その間になるべくたくさん夫婦生活を持てば、妊娠の確率は高まります。
精子と違って、排卵後卵子は半日から1日でその受精能力を失ってしまうと言われています。
排卵日にだけ夫婦生活を持っても、精子がたどりつくころには卵子の寿命が尽きているということになりかねません。
排卵日だけピンポイントで狙えばよいと言うわけではないのです。

自然妊娠の確率を上げよう

それでは妊娠しやすい日に合わせて、確率を上げるためにはどうしたらよいのでしょうか。

基礎体温を計ろう

acd3dbae5b2b5e64cd2a3e2d109f05bc_m
排卵日を知るためには基礎体温のチェックが欠かせません。
女性の体温は生理周期によりわずかながら日々変化しています。
それによって排卵が近いかどうかが分かります。
その微妙な数値を計測できるのが婦人専用の基礎体温計です。
毎日測ることにより自分の生理周期が見えてきますので、妊娠確率のアップにつながります。

排卵検査薬でチェック

d89e546fcc1ee98478853dbd18761243_m
尿中に排出されるホルモンの値から、排卵日を知ることができる便利な排卵検査薬。
薬局で誰でも手軽に入手できます。
ただホルモンバランスが乱れている人は正確な数値を得られない可能性があるので、過信は禁物です。

オリモノをチェック

排卵日が近づくとオリモノの量が増えます。
その状態も変化しますので、常日頃から自分のオリモノの状態を確認して、排卵のサインを見逃さないようにしましょう。

日々の生活が大切!

定期的な夫婦生活はもとより、日ごろから睡眠や栄養をしっかり取り、ストレスをため込まない生活を心がけましょう。
心身ともに健康であることが、妊娠への近道です。肥満は妊娠の一番の敵ですので、ダイエットに努めましょう。
ただ痩せすぎも良くないので、食事はしっかりとるようにし、適度な運動を心がけ体力作りにつとめましょう。
言うまでもないことですが、過度の飲酒や喫煙は妊娠率の低下を引き起こす上、後々生まれてくる赤ちゃんにも影響を与える可能性がありますので、
慎みましょう。

パートナーにも妊娠確率をあげてもらおう!

男性の禁欲期間は、短い方がよいとされています。
そういう意味でも夫婦生活の充実は欠かせません。
精子は日々次々と新しく生産され続けているので、卵子と違って老化することはありません。
禁欲期間などは設けず、毎日でも射精した方がよいという専門家もいるほどです。
射精回数が増えると濃度が薄くなる、などということはありませんので、溜めこまないようにすることが大切です。
逆に避けた方が良いのは、精巣を圧迫するようなことです。脚を組んだり長時間自転車に乗ったりするとどうしても押さえつけられてしまいますので、注意が必要です。
下着も身体に密着したブリーフよりは、ゆったりとしたトランクスを穿いてもらうようにしましょう。
また精子は熱に弱いため、長湯やサウナは厳禁です。

義務にならないように・・・

d8f4b95fba7bd22bef526b659468e51c_m
妊娠確率や排卵期も分かり、後は夫婦生活を持つだけ!になりました。
しかしこれが多くの人を悩ませているようです。
特に妊活中の夫婦は、排卵期に確実に夫婦生活を持つ必要があります。
タイミング法の治療を受けている場合などは、夫婦生活を持たねばならない日や時間まで医師から指定されます。
仕事を途中で切り上げて、それだけのためにいったん帰宅、事が済んだらすぐに職場にとんぼ返りなどという話も耳にします。
これは男性にとって大きなプレッシャーになります。
本来夫婦生活は他人から指定されて行うものではありません。
そういう意味でも、常日頃からコンスタントに夫婦生活を持っておくことが何より大切です。

まとめ

生理さえ来ていれば誰でもすぐに妊娠できると思いがちですが、実際は一筋縄ではいかないことがお分かりいただけたでしょうか。
まずは自分の身体をきちんと見つめ、妊娠しやすい日をしっかり把握することが大切です。
そのためにも基礎体温やオリモノのチェックなどは欠かせません。
さらに自身のみならずパートナーの状態にも細かい配慮ができれば、義務になりがちな夫婦生活もより良いものになり、妊娠確率の大幅なアップにつながるでしょう。
9ac8159c1c3ddae941c63fea2b940d25_m

\\ 『生理周期』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2016/09/29

生理周期

生理周期が不規則だと、妊娠しにくいって本当?

abeyuko

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER