MUGYUU!ロゴ

40歳をこえると妊活は厳しいって本当?更年期のからだの仕組み

更年期の症状は、一般的には40代後半から症状が現れ始めるといわれていますが、実際には症状が出る時期については人によって違います。
また、年齢的に40歳が近づいてくると更年期について気になり出す女性もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
特に妊活中、新婚さんなどの場合には妊娠、出産子育てにも関係してくる問題ですよね!
また更年期の症状が出始めていて体調が思わしくなく、妊娠したらどうしよう?
妊娠は避けたいと思う女性もたくさんいると思います。
そこで、更年期が気になる世代の女性の方々に向けて、更年期について、更年期と妊娠、生理周期、排卵などとの関係、更年期症状の緩和法など更年期に関する様々なことについて詳しく掘り下げてみたいと思います。

更年期って?詳しく知りたい!

冒頭でも触れましたが、一般的に40代後半から症状が出始める閉経前後10年間のことを「更年期障害」といいますが、人によって症状が現れ始める時期は様々で、中には20代後半辺りから出る女性もいます。
この場合を「若年性更年期」といいます。
30代前半〜半ばまではこれに該当します。
日本人女性の閉経の平均年齢は50歳という統計がありますが、あくまで目安であり、40代で閉経を迎える女性もいますし、逆に60歳以降まで生理がある女性もいます。
368af1238335081b98c1a416297da8af_m

体の変化の原因は?

閉経が近づいてくると卵巣機能の働きが衰えてきます。
それが原因となって、卵巣で作られるエストロゲンという女性ホルモンが減少します。
エストロゲンの減少は自律神経に悪影響を及ぼします。
自律神経の乱れは、血液循環の低下、新陳代謝の低下、精神バランスの乱れなど、あらゆることに影響を及ぼすため、様々な身体的症状、メンタル的な症状が現れます。
症状の現れ方には個人差があり、さほど気にならないという方から、日常生活に支障をきたすほど重い症状に悩まされる方もいます。

更年期であるかどうかは、症状が出始めたことよりも、婦人科でのホルモンバランスの検査(血液検査)によって診断されます。
女性にとって心身のバランスを取るために必要なエストロゲンの減少が、基準以下である場合には、更年期であるとの診断が下されます。

しかし、実際にはエストロゲンの減少が、更年期と診断されるほど多くはない場合でも、更年期の症状が出始める方はたくさんいます。
特に若い頃から生理周期に乱れがあったり、生理痛が重かったり、月経前緊張症(PMS)であったなどの他、環境ストレスが過度に強かった、または現在に至るまで続いている、パートナーとの離婚、死別、性交渉が長期にわたってないなどの環境因子がある場合などには、症状が早く出やすく、重くもなりやすいといわれています。

更年期に現れやすい症状一覧

更年期には身体的症状とメンタル的症状があります。
15e2b5e88a100fc06de3317ecb1a22da_m

ホットフラッシュ

温や動いて暑くなるなどとは関係なく、突然カッと顔や身体が熱く感じる症状です。

のぼせ

ホットフラッシュに似ていますが、お風呂に長く浸かり過ぎてのぼせた時と同じ症状です。
大量に汗が出て止まらない場合もあります。

動悸

これも原因がないにも関わらず急に心臓の鼓動が早くなり、一時的に不整脈を引き起こします。
24時間続くということはないのでその点は安心して下さい。

微熱、頭痛、吐き気、めまい、フラつき感など

インフルエンザの治りかけ時、発熱時、風邪を引いた時などの症状に似ています。

この他にも以下の様な症状が現れることがあります。
身体のあちこちが痛くなる(四十肩、五十肩.坐骨神経痛などは特に併発しやすいです。)、
疲れやすい、冷え、肌がカサつきやすくなる、頻尿、下痢しやすくなる、または便秘になりやすくなる、太る、または瘦せる、抜け毛が目立つ、などの症状があげられます。

メンタル的症状

怒りっぼくなる、イライラしやすくなる、カッとしやすくなる、見るもの聞くもの何にでも腹が立つなど…、脱力感、無気力、憂鬱感、不安感、理由なく悲しくなる、突然涙が止まらなくなる

更年期には上記のような症状が現れやすくなりますが、
どんな症状がどの程度の強さで出るかはやはり、個人差がありますので参考程度に捉えて頂けたらと思います。

更年期の治療法と緩和法

更年期症状が出始めたら、まずは早めに婦人科を受診しましょう!
更年期とは診断されない場合でも、症状を緩和させる治療を提案してくれます。
また、辛い症状は専門的な知識のある医師に話すことで、精神的にかなり楽になれます。
内診が嫌で行きたくないという女性も多いと思いますが、女医さんのいる婦人科もありますし、ネットで評判の良い婦人科を調べてそこにかかるのもオススメです。
64347a162f06c77471464b0de226c7b4_m

更年期の治療法

病院に受診すると処置される治療法がいくつかあります。

1:ホルモン補充治療

ホルモン剤の注射、または投薬で症状を緩和させる治療法です。
エストロゲンの減少値の程度によって、医師が量を調整します。
また定期健診時に、効き目について質問されますので、効果が感じられない場合には量を増やしてくれることもあります。

ホルモン剤は太るという噂がありますが、ほぼ嘘と言って構わないと思います。
ホルモン剤自体が原因ではなく、お腹がすきやすくなる場合もあるため、食べ過ぎによる体重増加に過ぎません。
このような場合には、満腹感が持続しやすいチアシード、フルーツグラノーラなどがオススメです。
栄養バランスも抜群ですので、体質改善にも効果があります。

2:抗うつ剤治療、カウンセリング

cbb0d950b916321f9b4ad40f862bf1d9_m
抗うつ剤はメンタル的な症状に効果があるだけではなく、痛み止めとしても使用されている薬です。
婦人科ではほとんど使用はしないですが、メンタル症状が強い場合には、婦人科だけでなく、心療内科、クリニックなどにも平行してかかることをオススメします。

処方箋を出してくれるのはもちろんのこと、カウンセラーが常駐している病院でカウンセリングを受ける、というよりは、話してストレスを軽減させることが出来ます。
人に話すことはそれだけで抱えている症状や悩みを緩和させてくれる効果があります。
投薬が必要ないと思う場合には、民間の認定資格の心理カウンセラーに相談するのも良いでしょう。

認定資格の心理カウンセラーさんの場合、ご自身が何らかの辛い体験、苦労があってカウンセラーに成る方が多いです。
そのような理由からも、親身になって話を聞いてくれ、共感、傾聴に徹底するカウンセラーさんが多いのが特徴といえます。
保険適用ではないため、費用はかさみますが、
限界!
と感じた時のため、連絡先だけでも控えておくと良いと思いますよ!

3:漢方薬治療

婦人科、心療内科、共に処方してもらえます。
芍薬という漢方が更年期には有効といわれており、加味逍遙散という漢方薬を出されることが多いといえます。
保険適用しますので安く手に入れることが出来ます。

加味逍遙散はドラックストアでも購入出来ます。
また症状によっては、他の漢方薬の方が適している場合もありますので、薬剤師の常駐しているドラックストアで相談してから購入することをオススメします。

更年期の緩和法

病院に受診せずに自分で対処できることがいくつかあります。

1:お風呂にゆっくり入る

40度前後の温めのお風呂に15分〜30分位浸かりましょう!
更年期に限らずどのような症状、病も身体を温めることによって、改善するといいます。
また更年期の場合、冷えが悪化しやすいので身体を芯から温めることは、とても大切です。
リラックス効果もプラスαされて気分的にもスッキリしますよ!
また更年期は肌がカサつきやすい時でもありますので、お風呂上がりの肌の水分補給、保湿は念入りに丁寧に行ないましょう!
自分の身体を丁寧に扱うことも更年期を和らげる効果があります。
試してみて下さいね!

2:マッサージを受ける

99f909146e5f966ead98d6d01ad9879f_m
マッサージ店やリラクゼーションサロンに定期的に通うのも良いと思います。
血行が良くなるほか、尿と一緒に老廃物を体外に排出させるデトックス効果もあり、身体を軽くしてくれます。
自律神経にも良い影響を与えてくれるので、気分的にもかなり楽になると思います。
但し、過度に強い刺激はかえってダメージを与えますし、男性には話しずらいことですから、出来れば女性スタッフの方にお願いすることをオススメします。
施術前に更年期であることと症状、身体の辛い箇所については詳しく伝えましょう!
但し、妊娠中は避けた方が良いので、その点は注意して下さい。
店によってですが、女性スタッフが親切な場合には、座った姿勢で肩や首、頭などのみ施術してくれることもあります。
ハンドリフレなどのメニューを取り入れているサロンもありますので、近くにないか調べてみるのも良いと思いますよ!

3:軽い運動

ストレッチやウォーキング、スイミングなどの軽い運動を出来るだけするようにしましょう!
動くと新陳代謝が活発化して、体調が良くなる効果があります。
また身体が温まることによって、筋肉の緊張が和らぎ、血液循環が良くなるため、身体の痛みが和らぎ、他の不快な症状の緩和にも効果があります。
特にお風呂上がりにストレッチすることで、固くなっていた筋肉や筋を伸ばしてあげると血液循環、リンパの流れが良くなります。
手軽に出来るので、ぜひ続けてみて下さい!
四十肩、五十肩予防にもなります!

4:感動をする

d4002fd24abfa4acc2dcc74d2b706145_m
心を動かすことは何より大事です。
読書、映画、音楽、絵画、旅行に行き美しい風景を観るなど、何でもいいです!
好きなドラマや、アーティストやアイドルをテレビやDVD、動画サイトなどで観るだけでも、効果があります!
それから笑うことも効果抜群です!
笑えるネタを探したり、お笑い番組を観たり、舞台を観に行くのも良いと思いますよ!

5:アロマオイル

ホルモンバランスを整える作用のあるアロマオイルを使用して芳香浴したり、キャリアオイルに混ぜて保湿剤として使用してみましょう!
448fe9d1a0e1771ecd74e23c283e15e7_m
[更年期にオススメのアロマオイル]
セージ、クラリセージ、フェンネル、アニス、スターアニス、ニアウリ

エストロゲンの働きをサポートする作用があるオイルです。
また排卵を促す効果もあります。
芳香浴やハンカチなどにつけて香りを愉しむなどの他に、オリーブオイル、ホボバオイル、アーモンドオイル、ココナッツオイルなどのキャリアオイルに数滴垂らして保湿剤として使用出来ます。
但し妊娠中は使用は避けた方が良いオイルですので、妊娠の可能性がある場合には注意して下さい。

6:栄養バランスを整える

更年期に入る年齢からは特に、骨粗鬆症や貧血、関節炎、坐骨神経痛、四十肩、五十肩などの他にも、糖尿病や高血圧を含む生活習慣病を併発しやすい時期でもあるので、栄養バランスを整えるよう心がけましょう!

日常の食事だけではなかなか難しいということも多いと思いますので、栄養バランスを整え、女性特有の症状にも効果があるサプリメントやドリンク、粉末のスムージーなどがオススメです。
2eeaa1d9f421041282953b5c4598babf_m
一押しはモリンガの配合された青汁です!
モリンガは栄養価、効能効果共に、万能なハーブなので栄養バランスを整えるだけでなく、あらゆる不快な症状を和らげてくれます。
また、先にもご紹介したチアシードもモリンガ同様の栄養価と効能効果があります。
通販サイトなどから購入出来ますので、良かったら試してみて下さい!

他にも、ザクロエキス、大豆イソフラボン、すっぽんエキス、コラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸、ロイヤルゼリーなどのサプリや、酵素ドリンク、乳酸菌やアサイー配合のスムージーなどがオススメです。

更年期に入ってからも妊娠することはあるの?

更年期に入ってからでも、妊娠する可能性はあります。
ですが、通常の健康な状態とは異なりますので、確立はグンと下がります。
(シビアな話ですが、真実ですので、きちんと伝えたいと思います。)

女性の身体は35歳を過ぎる頃から、徐々に卵巣の機能が低下していきます。
更年期に入ると、生理が来たり来なかったりを繰り返すこともあります。
また生理が毎月きちんときていても、卵胞の数が急激に減少するため、妊娠しずらい身体になります。
排卵が来ているかどうかは、基礎体温をつけるのも一つの方法です。
体温の高低差が0.3以下の場合や、グラフにしてみて、体温が低い時期、高い時期がハッキリしない場合には、排卵していない可能性があります。

ですが、排卵の数は減っても全く排卵しないというわけではないので、少なくとも一年間は基礎体温をつけたり、様子を見ることが大切です。
年に数回であれ、排卵が起きることもあります。
婦人科で排卵を促す治療なども出来ますので、妊活中の方や、妊娠、出産を希望している方は相談してみるのも良いかと思いますよ!

また逆の場合ですが、妊娠しないと思っと油断していると、まさか?
なことが起きることもありますから生理が来なくなっていたり、
閉経後でも避妊はちゃんとすることが大切です。
パートナーと話し合って理解してもらいましょう!
912c6990e9f163b729ecc37efc70e9cd_m

妊娠か?閉経か?の判断はどうしたらわかるの?

妊娠か?
閉経か?
判断がつかない場合には、やはり婦人科に早めにかかることが一番大切です。
仮に妊娠だった場合、産む意思がない場合には手遅れにもなり兼ねません。

婦人科に行く前に、ご自身でチェックする場合の目安は、妊娠の場合には産後まで生理は全く来なくなりますが、閉経の場合には、完全に閉経するまで生理が突然やってきたりします。
量は人によって個人差があるので、こう!とはハッキリ言えませんが、生理周期に関係なくとにかく急にくることがあります。
常に生理用品は持ち歩いた方がいいですよ!
a244ad12c37a8b85b999dd23bee6592d_m
症状としては、妊娠時の症状も個人差があるため一概にこう!
とは言えませんが、敢えてあげるとすれば、悪阻(匂いに敏感になり吐き気がするなどの症状)で、ご飯の炊ける匂いがダメ!という女性が多いです。
また食べ物の好みが変わったり、毎日毎食食べないと気が済まないものが出来たりします。
ご主人の匂いがヤダ!
っていう女性もいたりします。
おりものが増える、お腹が張りやすいなどが主にあげられます。

妊娠だった場合、赤ちゃんへの影響は?

更年期時期に妊娠した場合、胎盤の機能も低下しているため流産する可能性が高いといえます。
安心して妊娠期を過ごすためには、出来るだけ仕事を控え安静を保てる環境を作ること、
妊娠中毒症にかからないようにすること、(むくみ防止には塩分の摂取量に気をつけ、貧血にならないように鉄分を充分に採り、過度な体重増加にならないように、適度な運動をしたり、食事量やカロリーに気をつける)。
体調不良時には無理せず横になる。
出血があったりお腹の張りが頻繁に起きる場合には直ちに婦人科を受診する。
必要であれば入院して、妊娠継続に必要な点滴治療などを受け、安静にすることなどが重要です。

また胎盤は血管が無数集まって出来ています。
胎盤を丈夫にするためには、血液循環を良くすることが大切だといえます。
元気な赤ちゃんを産むためにも、身体を冷やさないようにし、お腹に負担がかからない程度の運動をすること。
血管拡張作用や血液をサラサラにする作用のある食品やサプリメントなどの栄養補助食品などを摂ることをオススメします。
(上記の「栄養バランスを整える」の欄を参考にしてみて下さい。)

更年期での妊娠はリスクが高いだけでなく、妊産婦さん自身の体調面、メンタル面の管理がとても大切です。
出来るだけ抗うつ剤などの服薬は避けた方が良いので、妊産婦さんにもOKなハーブティーやアロマオイルなどを使用して、コントロールすることをオススメします。
daedec44f9adb45aa5f70e0598a8d3c6_m

妊産婦さんOKのハーブティー

有効なハーブティーをご紹介します。

ローズヒップティー

レモンの約60倍のビタミンCが含まれています。
他にも、ビタミンE、カルシウム、鉄分、食物繊維、リコピン、βカロテンなど栄養素を豊富に含むハーブです。
抗酸化作用、むくみ解消作用、利尿作用があり、更年期の不快な症状の改善にオススメです。

ジンジャーティー

生姜をすり折ろしお湯に入れオリゴ糖などを加えます。
身体を温める他、悪阻の改善、血液循環促進、新陳代謝促進などに効果があります。

ネトルティー

鉄分、ミネラル、カルシウムが豊富に含まれており、造血、浄血に効果があります。
「血を作るハーブ」として古くから子宮出血、鼻血止めなどの治療剤として使用されてきたハーブです。
また貧血予防にも効果があります。

ダンデライオンティー

別名「たんぽぽコーヒー」と呼ばれている西洋たんぽぽです。
ノンカフェインなので、コーヒー好きな妊産婦さんには嬉しいハーブです。
またむくみ解消効果があるため妊娠中毒症予防にもオススメです。

ハイビスカスティー

ハイビスカスにはハイビスカス酸、リンゴ酸、クエン酸、ビタミンC、カリウムなどが豊富に含まれています。
酸っぱいので、苦手な場合は少量オリゴ糖などを加えると酸味が和らいで飲みやすくなります。
疲労回復、便秘解消、むくみ改善、美肌効果などがあります。

ラズベリーリーフティー

別名「安産のお茶」と呼ばれています。
ラズベリーリーフに含まれているフラガリンという成分には、子宮収縮作用があるため、お産を軽くスムーズにしてくれる効果があるといわれています。
妊娠初期〜後期は避けた方が良いです。
臨月に入ってから飲むことをオススメします。

他にも、ステビア、ホーステール、レモンバーベナ、エルダーベリー、オートストローなどが妊産婦さんOKのハーブティーです。
何種類か揃えてリラックスタイムのお供にしてみてはいかがでしょうか?
84d7ac39146b19675845c06ffbd8f9e6_m

妊産婦さんOKのアロマオイル

有効なアロマオイルをご紹介します。

リラックス効果のあるアロマオイル

ローズウッド、ベルガモット、フランキンセンス、ゼラニウム、ネロリ、マンダリン、プチグレン、レモングラス、レモン、グレープフルーツ

むくみ解消に効果のあるアロマオイル

ジュニパー、パチュリ

悪阻時の吐き気対策に効果のあるアロマオイル

ジンジャー、セロリ、ペッパー、タラゴン

ハンカチ、ティッシュなどに垂らして香りをかぐ、芳香浴、バスソルトを作りお風呂に入れるなど様々な場面で活躍します。
(保湿剤としての使用は安定期以降にしましょう。)
バスソルトは、天然の粗塩にアロマオイルを数滴垂らすだけでOKです。
簡単に作れるのでぜひ活用してみて下さい!

更年期を通じて学んだこと、気づき

私は現在49歳。整体師、フリーライターを仕事としています。
また三人の息子のシングルマザーです。
とは言っても息子三人のうち二人は成人しており、三男は年内には20歳になりますので、子育ては99%終わったといえます。

更年期症状については20代後半から悩まされました。
若年性更年期障害でした。
その間には次男、三男の妊娠、出産もありました。
正直とても大変でした。
閉経した現在も更年期症状はあります。
心身共に辛くて泣いたことも何回もあります。

また更年期症状から喜怒哀楽が激しくなることがあるため、息子達、特に下の二人からは、今の子特有な毒舌で「頭おかしい」よく言われます。
ですが、更年期を通じて学んだこと、気づかされたことがたくさんありました。

まず、独身時代の半分くらいのペースでしか動けないため、ゆっくり歩くようになりました。
途中途中で休憩することも増えました。
そうすると、それまでは目を向けることすらなかった道端に咲く小さな花や、抜けるような青空や、流れていく白い雲などなど…
日常の小さなもの、小さなことに幸せを感じることが出来るようになりました。
星空や月を眺めることも多くなり、スピリチュアルに感心を持つようになりました。

それから、マラソンやソフトボール、スキーなどスポーツが大好きでしたが、激しい運動が出来なくなったことがきっかけとなり、大人になってから忙しさに心が奪われていて忘れてたことを再開することが出来るようになりました。
音楽活動、読書、ローカル線でぶらり日帰り旅などです。
趣味が増えたので一人の時間を苦痛に思うことが全くなりました。

そして何よりの収穫は、人の優しさや思いやりに対して深く感謝する心を持てるようになったことです。
3defab0deb4d90b03c6d061de894544e_m
子供が男の子ばかりなので、更年期症状については理解してもらうことは難しいです。
だからこそ、よその方からのさりげない励ましの言葉や、黙って荷物を玄関まで運んでくれるタクシーの運転手さんの思いやり、コンビニのお兄さんの笑顔と明るさなどが身に染みてありがたいのです。

更年期は確かに辛いものではあります。
ですが考え方によっては「人生のターニングポイント」。
それまでの自分振り返り、「今後の幸せについてゆっくりと考える時間 」に変換することも出来るんじゃないかな?
と私は思います。

まとめ

更年期に入ると生理周期が不順になりやすく、人によっては、半年以上こなかったりすることもあります。
また、婦人科でホルモン剤投与治療をした場合には、身体が慣れてくるまでは、通常の生理時よりも大量に出血したり、10日〜2週間位、出血が続く場合もあります。
基礎体温の高低差が、通常の健康な状態とは全く異なるため、排卵の時期がわかりずらいですが、妊娠する可能性はあります。
人によっては生理が止まっている状態であっても妊娠したというケースもあります。

妊娠、出産を希望している、していない、いずれの場合にも、更年期の症状や、生理周期が乱れることについて、排卵について、妊娠の可能性について、理解と協力をして貰えるようよく話し合うことが大切といえます。

更年期は長期間に渡って続くものなので、体調面はもちろんのこと、メンタル面のバランスが崩れた時の対処についても、具合の良い時から、治療や効果のある対処法を続けることが大切です。
特に妊娠すると、更年期症状からだけでなく、妊娠したことによってもホルモンバランスが通常とは異なり崩れやすくなりますので、ナーヴァスになり過ぎないように、
自己コントロールが出来るような対処を、普段から心がけて下さい。

また、妊娠時に起きる、悪阻の症状の一つである吐き気は更年期の症状とも感違いしやすいので、自分の判断だけに頼らず、必ず婦人科を受診するようにしましょう!
かかりつけを作っておくと、症状の経過について、ホルモンの状態について、医師が把握出来るため、相談時にもスムーズに、対処法、治療法、妊娠についてなど患者さんに合うものを提案してくれます。
妊娠を希望している場合は特に大切なことです。
c55df1f652192ef91f53b4fab80601fb_m

相談する側としても、よく知っている医師に話す方が、話しやすく、理解も得られやすいので、民間的な治療や対処法、自己判断だけで対応せずに、かかりつけの婦人科を作っておくことが最も大切だといえるでしょう。

\\ 『生理周期』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2016/09/29

生理周期

生理周期が不規則だと、妊娠しにくいって本当?

abeyuko

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER