MUGYUU!ロゴ

乳児湿疹がなかなか治らないのはなぜ!?ひどくなる前にやっておきたい対処法

ある日、突然赤ちゃんの肌に湿疹のようなものができている事に気づいて驚いた事はありませんか。

小さな湿疹でも、赤ちゃんにできていたら、ママはとても心配になりますよね。

毎日、赤ちゃんを清潔に保つケアをしているのに、なかなか良くならないとますます不安でいっぱいになります。

ここでは、赤ちゃんに起きる乳児湿疹でひどくならないように防ぐ対処法をご紹介したいと思います。

乳児湿疹がなかなか良くならないのはなぜ?

8cbaada0c7ce53b796eaf3b66f07011c_s
乳児湿疹が出てしまい、自宅ケアを行っているのになかなか良くならないと不安な気持ちでいっぱいになりますよね。

乳児湿疹のケアは自宅で肌を清潔に保ち、保湿をしてくださいと言われる事が多いです。

赤ちゃんの肌は、バリア機能が未熟なので、少しの刺激でも肌トラブルを起こしてしまいます。

湿疹も2~3日で良くなる場合もあれば、数週間程かかる場合もあります。

しかし、自宅ケアを行って悪化していく場合は違う病気の可能性もあります。

次で乳児湿疹がひどくなる原因について見ていきましょう。

乳児湿疹がひどくなる原因は?

af802231cf0518627627d6a5c6b49906_s
赤ちゃんが乳児湿疹になる原因としては、様々な要因があります。

生後3ヶ月前後の赤ちゃんは、お腹の中にいた頃からある母親の女性ホルモンの影響で新陳代謝が良く、皮脂が活発に分泌されます。

赤ちゃんの毛穴はまだ小さいので、皮脂が詰まって炎症を起こし、乳児湿疹になってしまうと言われています。

乳児湿疹にならないように気をつけようと思っても、どうしても発症してしまうので、湿疹が出てしまったら、清潔にして保湿ケアをしてあげましょう。

また、乳児湿疹と思ってケアを続けていても、良くならない場合は他の病気になっている可能性もあります。

自宅で綺麗に洗浄し、保湿ケアを行っていても、悪化するようでしたら、早めに病院を受診しましょう。

アレルギーやアトピーの可能性は?

6d48ec8889d5e3d8c6491e097eaae1e9_s
乳児湿疹の多くは、数日から数週間ケアを行っていると自然と良くなる事が多いです。

しかし、ケアをしっかり行っているのに、良くなっていかない場合はアレルギーやアトピーになってしまったのかと心配になりますよね。

赤ちゃんにも出やすい食物アレルギーは、そのまま時間が経っていくと悪化してしまう事があります。

アトピーもアレルギーが原因で発症してしまい、悪化したり、落ち着いたりと繰り返し発症してしまいます。

乳児湿疹なのかアレルギーなのかは、自己判断は出来ないので、病院で診察をしてもらいましょう。

湿疹を早く治す方法は?

1e33ec50029c517bd2a49abca8f7702c_s
赤ちゃんのスベスベなお肌がジュクジュクと荒れてしまっている様子を見ると、一日でも早く治してあげたい気持ちでいっぱいになりますよね。

乳児湿疹には、清潔にする事と保湿をする事がケアの基本と言うのに、なぜ良くならないのと不安に思った事がありました。

赤ちゃんの肌が一日でも早く良くなってもらえるように、ケア方法のポイントについてご説明していきます。

正しいケア方法は?

7aed4ddcc5d0ecbfc1dcb7b13de0826d_s
赤ちゃんの肌が荒れている場合や、目の周り、耳の近くなどを洗う際、他の所より洗うのが難しいと感じてしまった事や痛そうで触っても良いのか分からず、どうしても軽めに洗ってしまいがちになっていませんか。

赤ちゃんも濡れるのを嫌がってしまうと、つい早めに入浴を終わらせてしまう日もありますよね。

しかし、軽めに洗ってしまった所は、きちんと皮脂が落としきれず悪化してしまう場合があります。

また、十分に洗い流さなかった所に、石鹸の残りが溜まり、炎症を起こしてしまう事もあります。

まず、自宅ケアでは、しっかりと石鹸で全身の皮脂を洗い落として、洗い残しがないよう十分にすすぎましょう。
そして、入浴後は乾燥しやすい肌を守るために、保湿剤を薄く全身に塗ってあげましょう。

その際、ジュクジュクしている所やかさぶたができている所は、擦らずに優しく洗ってあげます。

かさぶたは、入浴前にベビーオイルやワセリンを塗っておくと、柔らかくなって落としやすくなります。
無理に剥がそうとすると、傷つけてしまうので剥がすのはやめましょう。

なかなか治らない時は早めに病院へ

c6c81599b05bfbddf7b50d3ca68d6304_s
自宅のケアを行っていても、なかなか良くならないと思い、そのまま長引いてしまうと悪化してしまう事があります。

赤ちゃんも痒がり掻きむしって、傷をつけてしまう場合やジュクジュクした所が悪化する場合もあります。

そのため、ケアを行っていても良くなっていないと感じた時は、早めに病院を受診しましょう。

病院で症状に合った外用薬を処方してもらえる事があります。
外用薬の種類によっては、即効性のあるお薬もあり、早く治す事もできます。
薬の使用については、医師の指示に従って正しく使用しましょう。

まとめ

60490fd4a3ae114b77ff7f8ec54c14ac_s
赤ちゃんのスベスベなお肌が突然ブツブツと湿疹ができてしまい、なかなか治らないと不安になってしまいますよね。

乳児湿疹が出やすい時期は、赤ちゃんの記念行事が色々とあるので、そんな中湿疹が出てしまうと早く治してあげたくて、とても悩んだ時期がありました。

そんな時は、焦らずにしっかりと、自宅で清潔にする事と保湿ケアを行ってあげましょう。

そして、なかなか治らないようであれば、病院を受診して医師の指示のもと治療を行ってください。

乳児湿疹は、乳幼児の間は繰り返し発症してしまう事もあるので、日頃のケアも忘れずにして、予防してあげましょうね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER