MUGYUU!ロゴ

赤ちゃんの肌に保湿が大事な本当の理由は?乳児湿疹と保湿ケアまとめ

赤ちゃんの肌は、毎日モチモチとした綺麗な肌だと思っていたらある日突然湿疹が・・・。
昨日まで何もなかったのに、時間が経つにつれどんどん悪化していくとママも不安になりますよね。
赤ちゃんだからこそ、ケアの方法はきちんと行って、一日でも早く良くなってもらいたい気持ちでいっぱいだと思います。
湿疹が出てしまった時、清潔にする事と保湿をしましょうとよく聞きませんか?
では、なぜ保湿が大事なのでしょうか。
ここでは、赤ちゃんの乳児湿疹になぜ保湿が大事なのかを症状の特徴や保湿剤について詳しくご説明していきます。

赤ちゃんの肌にできる湿疹とは?

0445cc5ac87eb43117c0feeb7ff0a0f5_s
赤ちゃんの肌に、ある日突然湿疹ができてしまい、原因が分からず不安になった事はありませんか。
思い当たる原因が不明だと何かに接触してしまったのか、それとも何かの病気にかかってしまったのかと不安になりますよね。
まずは、乳児湿疹とはどのような症状なのか見ていきましょう。

乳児湿疹とはどんな症状?

赤ちゃんに出る湿疹は原因を特定する事が難しいので、この時期の湿疹を乳児湿疹と言います。
生後間もない新生児の頃から乳児の頃にかけて発症します。
乳児湿疹といっても、症状は様々で皮膚が湿ったようなジュクジュクした湿疹から、乾燥から起きるカサカサした湿疹もあり、顔や顔周り、頭、手足、身体とあらゆる所に出ます。
主に乳児脂漏性湿疹や新生児ニキビ、おむつかぶれ、乾燥性湿疹、アトピー性皮膚炎、あせも、食物アレルギー等があります。

原因として、生後3ヶ月頃まではママの女性ホルモンの影響で新陳代謝が活発になり、皮脂が多く分泌され、毛穴に詰まってしまう事で炎症などが起こりやすくなります。
また生後3ヶ月以降は、赤ちゃんの皮脂分泌が落ち着くのですが、その分乾燥に肌や耐える事ができず、乾燥性湿疹を発症してしまいます。

乳児湿疹は夏だけの症状?

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s
赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、普段から汗をたくさん掻きます。
そして、夏の時期になってくるとさらに汗を掻いて、あせもやおむつかぶれ等になってしまうと夏に乳児湿疹は発症しやすいのでは、と疑問に思うママもいるかと思います。
乳児湿疹は季節に関係なく、発症します。
しかし、季節によって症状は多少変わります。
新生児がかかりやすい乳児脂漏性湿疹に加え、あせもやおむつかぶれの症状が出やすくなります。
あせもやおむつかぶれは特に汗をたくさん掻いてしまった時にできてしまい、乳児脂漏性湿疹にはない痒みを感じてしまいます。
そのため、痒がって掻きむしってしまったり、ぐずり泣きをしてしまう場合もありますので、汗を掻いていたら、こまめにガーゼやタオルで拭いてあげたり、衣服を替えて予防をしましょう。

赤ちゃんの肌になぜ保湿が必要なの?

fea2fe5f08eb6ab563cf96aae66b27e7_s
よく赤ちゃんに保湿をしてあげてくださいと耳にした事はありませんか?
大人に比べて水分たっぷりのモチモチな肌なのに、保湿ケアは大事なの?と疑問に思うママもいるかもしれません。
保湿は乾燥する冬場だけでなく、季節に関係なく保湿ケアは赤ちゃんの肌には大切なケアです。
ここでは、赤ちゃんの保湿ケアについて詳しく見ていきましょう。

乳児湿疹に保湿が大事な理由

生後すぐの赤ちゃんから現れる湿疹は、新陳代謝が活発になり、皮脂分泌が盛んに行われて毛穴に詰まり起こる湿疹が多いとお話してきました。
しかし生後3ヶ月頃から、赤ちゃんの皮脂分泌が減少していき、肌が薄いので乾燥による肌荒れで乾燥性湿疹になる事があります。
赤ちゃんの肌は刺激に弱く、潤いもすぐに逃げてしまうので、とてもデリケートな肌なのです。
そのため、乾燥や紫外線、接触による刺激から赤ちゃんの弱い肌を守るために毎日のケアで保湿をする事が大事なポイントになります。
秋頃から冬にかけては特に乾燥しやすい季節なので、保湿ケアは欠かさず行いましょう。

保湿剤の種類と特徴

799eefaac5d86e1a2088e9b916cbdaf2_s
赤ちゃんに使う保湿剤も色々なタイプがありますよね。
店頭に様々な種類があって、どれが使いやすいのか迷ってしまう事があります。
また、病院で処方される保湿剤は、どのような特徴があるのか分からない事もありませんか。
ここでは保湿剤の種類について詳しく見ていきましょう。

保湿剤にはどんなタイプがあるの?

ec93a3d348d0631e8cac97c1bf7a9637_s
赤ちゃんが使う保湿剤のタイプには、ローションタイプの保湿剤クリームタイプの保湿剤、オイルタイプの保湿剤とあります。

ローションタイプの保湿剤

ローションタイプの保湿剤は水分量が多いので、サラサラとしていて伸びやすく、一番塗りやすいタイプの保湿剤です。
毎日の乾燥ケアとしてオススメです。

クリームタイプの保湿剤

は水分と油分を含んだタイプで、しっとりとした特徴の保湿剤です。
主に赤ちゃんの皮膚を保護してくれます。

クリームタイプの保湿剤

特に乾燥がひどい場合はクリームタイプがオススメです。
オイルタイプの保湿剤は油分が多いタイプで、保湿ケアだけでなく、ベビーマッサージなど入浴の時にも使用できます。
また、綿棒やガーゼにオイルをつけて、耳垢のケアや乳児湿疹でカサカサになったかさぶたを柔らかくして、取れやすくしてくれる効果もあります。
それぞれのタイプによって、特徴も違うので赤ちゃんの肌に合ったタイプを使い分けて日頃の保湿ケアをしてあげましょう。

病院で主に処方される保湿剤

赤ちゃんに湿疹ができてしまい病院で乳児湿疹と診断されると、保湿剤を処方される事があります。
病院で処方される保湿剤は副作用がないのか、またどのような薬なのか分からないと不安になりますよね。
乳児湿疹で主に処方される保湿剤として、白色ワセリンとヒルドイドがあります。

白色ワセリン

f0715815f267e8d227209dff014e04c6_s
白色ワセリンとは、原料の石油を精製し、より不純物を少なくして作られています。
精製技術も時代と共に向上していき、アレルギーを引き起こす可能性も少なくなった事から安全性の高い保湿剤として病院で処方されています。
主に皮膚を外部の刺激から保護してくれたり、水分の蒸発を防ぐ役割をしてくれます。
皮膚からの浸透はしないので、体内に侵入することがなく副作用もないことから、赤ちゃんから大人まで肌広い世代の保湿剤として使用されています。

ヒルドイド

752e165b42b1a938b79f29d0346b3739

引用:http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/

ヒルドイドは高い保湿力があり、皮膚の水分を保つ効果があります。
病院で処方されるタイプもローションタイプとクリームタイプ、軟膏タイプの3種類があります。
ワセリンと同じくらい病院で処方される事が多い保湿剤で、肌の内側で水分を保つ効果があるので、特に乾燥がひどい場合などは処方される事が多いです。
しかし、ヒルドイドには、血行を促進させる効果もあるので、炎症を起こしている場合は赤みが悪化したり、痒みを伴ったり、発疹が出る可能性もあるので、使用する際は医師の指示のもと正しく使用しましょう。

保湿ローションはいつまで使うの?

4a7eea7d677f98d34dbbf1671b4877be_s
赤ちゃんの保湿ケアはいつまで続けたらよいのか迷いますよね。
子供の皮膚が大人と同じくらいの皮膚になるには10歳から12歳くらいと言われています。
そのため、保湿ケアは何歳になっても毎日のケアではオススメですが、あまり考えすぎずに、お風呂上りなど簡単にケアできる保湿剤を選んで家族でケアしていきましょう。

まとめ

赤ちゃんの肌はいつもモチモチとした肌と思っていましたが、実はとてもデリケートなので乾燥しやすく刺激に弱い為、日頃の保湿ケアがとても大切になります。
赤ちゃんの肌予防の為に、こまめに身体を清潔にしてあげて、保湿ケアでデリケートな肌を守ってあげましょう。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER