MUGYUU!ロゴ

582

新生児にステロイド剤って使い続けていいの?乳児湿疹の正しい薬の使い方とは

生まれたばかりの可愛いわが子のお肌にある日突然湿疹ができら・・・ 
ものすごく不安になりますよね。

ツルツルのお肌に戻してあげたい。
母親なら誰しもそう思うはずです。
しかし自分勝手なケアの仕方ではなかなか治りません。
乳児湿疹といっても種類やお薬は様々です。

状態や症状に対して出される薬の違い

乳児湿疹とは、赤ちゃんにできる湿疹のことです。
主に乾燥性湿疹と脂漏性湿疹の2種類に分けられます。
湿疹の種類で処方されるお薬も代わってきますので、ここではその症状とお薬について説明します。

カサカサ乳児湿疹(乾燥性湿疹)

6f15448255ce367f0da21e685b262a61_s

生まれたばかりの赤ちゃんは母体の中で羊水に守られていましたが、生後3か月ごろから急激に皮脂分泌が低下し始め乾燥してくる場合があります。
そのため乾燥した外気に触れると起こりやすくなるのが「乾燥性湿疹」です。

特徴としてはお腹や背中などの面積が広い部分、頬や手首・足首などの露出している部分に多く見られます。
また、肌が乾燥することで表面の角質がはがれてひび割れなどが起こり、ザラザラとした肌触りになるのが特徴です。
乾燥すると肌のバリア機能が弱まるのでちょっとしたことでも炎症を起こし、肌が赤くなったりかゆみが現れたりします。

軽度

乾燥が原因なのでまずは保湿することが重要です。
よく処方される保湿剤として有名なのは、ヒルドイド、ビーソフテン(ヒルドイドのジェネリック)、ワセリンなどではないでしょうか。

これらの全ては基本的に保湿を目的として作られています。
中でも乳児湿疹には特にヒルドイドやビーソフテンが用いられることが多いと思います。

この二つは角質の水分を保持することで保湿性能を発揮する保湿剤です。
またこれらには抗炎症作用があるので、掻き傷などの炎症にも効果を発揮します。
ワセリンは、保湿効果はヒルドイドと比較すると高いわけではなく表面を覆って角質層からの水分蒸発を抑える働きが特徴です。
そのため保湿よりも油膜で肌を保護するという役割を担っています。

重度

保湿だけでは充分な効果が得られず悪化する場合はステロイドを処方されることもあります。
この時よく処方されるのが、ロコイドやグリメサゾン、キンダベートなどではないでしょうか。
 
これらはステロイドの強度からいうと一番弱い分類入るので、赤ちゃんでも比較的安心して使うことができます。
また、ステロイドとワセリンを混ぜたものを皮膚科で独自処方されている所もあります。
(まれにリンデロンなど強度のものを処方される場合もありますので、その際は医師へ尋ねてみてください。)

脂っぽい、フケがベタっとしてついている乳児湿疹(脂漏性湿疹)

3df42c51794f53c08216eebf1169bf29_s

生まれて間もない時期は、お母さんの女性ホルモンの影響が残っています。
そのため生後3か月くらいまでは特に皮脂の分泌が盛んです。
その過剰な皮脂の分泌が原因で起こる湿疹が「脂漏性湿疹」です。
 
特徴としては体に出来ることは少なく首より上にでき、特に頭の中(頭皮)が黄色いかさぶたのようなもので覆われたり、眉毛の中、額、頬などにフケのようなかさかさしたものができたり、赤い湿疹として現れる場合もあります。

軽度

保湿剤は乾燥性湿疹と同様のものが処方されることが殆どです。
(ワセリン・ビーソフテン・ヒルドイドなど)

重度

ステロイドも乾燥性湿疹と同様のものが処方されることが殆どです。
(ロコイド、グリメサゾン、キンダベートなど)

繰り返す乳児湿疹にステロイド剤を使い続けていいのか

7a67d56ad959797ba0e86eb14b7637a6_s

まだ生後間もない赤ちゃんにステロイドなんて・・・と不安に思うお母さんが多いのは事実です。
ステロイドとはどんな薬がご存知ですか?どんなお薬か知った上で使えば怖いものではありません。
まずは簡単にステロイドの作用から説明してみましょう。

ステロイド剤ってなに?

ステロイド、この言葉は聞いたことがあってもどういうものかご存知の方は少なくありません。
一般的に「怖い」と思われがちですが実はステロイドとは人間の体内(副腎)で常に作られていて、体に対するいろいろなストレスに対処する働きがあります。

これらの主な作用は「抗炎症作用」と「免疫抑制作用」です。
湿疹などが現れた肌は正常な状態ではない為、赤くなったり(発赤)痒くなったりします。これを炎症といいます。
文字のごとく皮膚に火事が起こっている状態だとしたら、その火を消す役目を果たすのが「ステロイド」です。

塗り続けることによって副作用はないのか

それでは、なぜステロイドは怖いものだと思われているのでしょうか?
それはステロイドのもうひとつの作用である「免疫抑制」があるからではないでしょうか。

この免疫抑制とは正常な免疫反応も抑える働きもあります。

【免疫抑制作用=アレルギーを抑える+正常な免疫反応も抑える】というわけなのです。
これが一般によく言われるステロイドの「副作用」です。
しかし乳幼児のステロイドは、よほど変わった使い方や乱用をしないかぎり免疫抑制されることはないと言われています。

ステロイドが怖いからと保湿ばかりしているうちに悪化して、アトピーになってしまうケースもあります。
早い段階で弱いステロイドを使い炎症を抑えることで長期間ステロイドを使うことなく改善させることが可能です。

ステロイドの正しい理解と使い方

ステロイドは必ず病院から処方された容量と使用方法を守ることが重要です。
処方した医師によって、ステロイドは保湿剤の前なのか後なのか違ってきます。
塗るタイミング、量などを聞くことも重要です。

また、自己判断で「良くなったから今日は塗らない」「悪くなったから塗る」など、このような使い方をしても正しい効果は得られません。
間違った使い方をすることで、前述したような副作用が現れることもあります。

ステロイド剤を使うときに、万が一目や口に入っても大丈夫?

基本的にステロイドは目や口など皮膚が薄くなっている場所や粘膜近くには塗りませんが、塗る必要がある場合は医師に確認する必要があります。
万が一、ステロイドが目や口に入ってしまったら水で洗い流して下さい。

ステロイド剤以外の薬はある?

もしステロイドを出すほどではないけれど、保湿剤だけでは効果が得られない場合は「アズノール軟膏」などを処方されることもあるかと思います。
アズノール軟膏は、ステロイドと同じく抗炎症作用がありますが主成分が植物由来なのでステロイドほどの副作用もなく効果も穏やかですが、軽度の湿疹などには充分に効果があるものです。

また、「プロトピック軟膏」というステロイドに匹敵する効果をもっている軟膏も処方されることがあります。
プロトピック軟膏は炎症で皮膚が荒れている時はよく吸収されますが、炎症が改善し皮膚が丈夫になると吸収されなくなります。

ステロイドのような副作用はありませんが、塗った当初は痒みやヒリヒリ感が出現することがあります。
そしてジュクジュクしている患部には使えず、主に乾燥や痒みのみられる顔や首に処方されます。
ジュクジュクしている場合は、ステロイドで治療した後でこちらを処方されることが多いです。

処方された薬はいつまで使い続ければいいのか

096921

それではいつまでステロイドを使えばいいのか、と疑問に思う人も多いと思います。
基本的に薬をやめるタイミングは医師の確認が必要です。

ステロイドをぬり始めると、早ければ翌日には赤みも引いてよくなっているように思うこともしばしばあります。
よくなったから辞める、と自己判断せず、まず一定期間ぬったら効果判定をするために診察に行く必要があります。
そして、皮膚の状態を診て次の治療方針を決めるのが一般的です。

余った保湿剤は他の症状に使うことはできる?

処方されたワセリンやヒルドイドは他にも活用することができます。
ワセリンの活用方法は、便秘がちな赤ちゃんなら綿棒につけて浣腸をする時にも使えます。
またヨダレが多い赤ちゃんはヨダレかぶれを予防するために、食事(ミルク)前などに口周りに皮膚を保護する役割として塗ってあげるといいでしょう。

そして、お母さんのハンドクリームやリップクリームとして使うこともできます。
ヒルドイドの保湿効果は高いので、お母さんの日ごろのスキンケアに取り入れることも可能です。
アイクリームの代わりに使用することもできます。

いずれも肌に合わなければ中止してください。

a0fb1057f89f304fdd3c75dbc0a874cc_s

まとめ

赤ちゃんの肌は私たち大人が思っているよりもずっとデリケートです。
湿疹が出来ることは珍しいことではありません。
そういう時に大切なのは正しい知識とホームケアです。
自己判断で保湿剤ばかり塗っても改善するどころか悪化することさえあります。
まずは信頼できる医師の下で診察を受けることが重要です。
「これぐらいで・・・」と思わずに、早め早めに診察を受けましょう。
そして、ステロイドが処方された場合には、なぜステロイドを使うのか、どのくらい使うのか、いつ止めるのかをしっかり医師に確認しましょう。
 

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER