MUGYUU!ロゴ

乳児湿疹には石鹸選びが実は重要!?赤ちゃんの正しい洗い方まとめ

赤ちゃんのスベスベの肌に突然湿疹が出て驚いてしまった事はありませんか。
大人ならあまり気にならない小さな赤いポツポツでも、赤ちゃんにできてしまったら焦ってしまいますよね。
赤ちゃんにできた湿疹を一日でも早く治してあげる為には、自宅ケアが大切になります。
特に、赤ちゃんの肌を清潔に保つため、石鹸で綺麗に洗ってあげます。
その際、きちんと洗えているか不安になりますよね。
ここでは、赤ちゃんの肌に乳児湿疹ができてしまった時のケア方法として、正しい石鹸の洗い方などを詳しくご説明していきます。

赤ちゃんの湿疹に効果のある正しいケア方法

94e10054ffb78ecefe605f79d997a234_s
赤ちゃんの肌に湿疹ができてしまい、ジュクジュクした肌を洗ってもよいのか、またどうケアをしたらよいのか迷いますよね。
湿疹ができている部分を何もしないままにしておくと、悪化してしまう場合があります。
そこで、赤ちゃんの肌トラブルの乳児湿疹について、どのようなケアを行えばよいのか見ていきましょう。

赤ちゃんの肌にできた湿疹とは?

赤ちゃんの肌は薄く、とてもデリケートです。
そして、新陳代謝が活発なので皮脂の分泌が盛んに行われています。
まだ赤ちゃんの肌は毛穴が小さいので、すぐに毛穴に皮脂が詰まってしまい、常在菌などと混じって炎症を起こしてしまいます。
また食べこぼし等でも、赤く湿疹が出てしまう場合があります。
生後すぐから生後3ヶ月頃の赤ちゃんに多く、ジュクジュクした湿疹を乳児脂漏性湿疹と呼ばれています。

その後、皮脂の分泌が落ち着いてくると、今度は肌が乾燥しやすくなり、カサカサになって炎症を起こす乾燥性湿疹になってしまう事があります。
つまり、赤ちゃんの肌のバリア機能が低下してしまうと、皮膚の内側にある水分が逃げてしまい、外部からのホコリや細菌、花粉などの刺激物によって痒みやカサカサした肌トラブルを引き起こします。
乳児の時は、ちょっとの刺激でも赤ちゃんの肌には耐えられず、湿疹ができてしまいます。
そのため、日頃のケアが大切になりますので、きちんと予防してあげましょう。

乳児湿疹のケア方法とは?

02bc9fd90ad029030350b5987f2e7730_s
乳児湿疹のケアとして大切な事が、赤ちゃんの肌を清潔に保つ事と保湿をしっかりしてあげる事です。
赤ちゃんの肌を清潔に保つ為には、石鹸で綺麗に洗ってあげる事です。
そして、綺麗に洗ってあげたら、ベビー用の保湿剤を塗って保湿をしてあげます。
保湿剤もローションタイプやクリームタイプ、オイルタイプとあるので、ママにとって使いやすいものを選ぶのがよいでしょう。
その際、より不純物が少なく低刺激な物を選ぶようにしましょう。

赤ちゃんの顔や頭皮にカサカサした、かさぶたのようなものができてしまったら、無理に剥がさないでください。
ベビー用のオイルかワセリン等をその部分の塗布し、少し時間をおくと柔らかくなっていくので、皮膚が柔らかくなったら優しく拭き取ってあげましょう。
オススメは入浴をする15分から30分前に塗っておくとよいでしょう。
ただし、オイルなどをつけた時は、洗い残しがないようにしっかりとすすいで洗ってあげてください。
自宅ケアをしていても、悪化していく場合は病院で炎症を抑える薬を処方してもらえるので、小児科や皮膚科を受診し、医師の指示のもと治療を行ってください。

重要!石鹸洗浄の正しいやり方

02bc9fd90ad029030350b5987f2e7730_s
赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、たくさん汗を掻きます。
そのため皮膚がすぐに汚れてしまいます。
赤ちゃんの肌を清潔にするには、石鹸で綺麗に洗ってあげる事が乳児湿疹のケアでも大切な事です。
正しい洗い方ですが、赤ちゃんの肌にも使える低刺激用の石鹸をたっぷりと泡立てて、優しく洗ってあげましょう。

たっぷりの泡で洗ってあげた後は、湿らせたガーゼ等で優しく拭き取ってあげてください。
その際、かさぶた等が気になり、ゴシゴシ拭いてしまうと皮膚を傷つけてしまい、炎症を起こしてしまう可能性がありますので、優しく拭いてください。
また、赤ちゃんの顔を洗う時は、目に石鹸が入りそうで難しいと思った事はありませんか。
つい軽めの洗浄で済ませてしまう事もあるかと思いますが、湿疹が出やすい所なので、顔の洗浄も身体と同じようにしっかりと洗ってあげましょう。
目の周りは、ガーゼで優しく拭き取るようにして、おでこや眉毛、頬には少量の泡をのせ、優しく洗ってあげましょう。

万が一、目に石鹸が入ってもすすいで流してあげれば大丈夫ですので、安心してください。
汗を掻きやすい所は乳児湿疹になりやすいので、顔や頭、首、耳周り、脇の下、お尻の部分は忘れずに洗ってあげましょう。
最後に、すすぎ残しがあると湿疹の原因になってしまうので、石鹸が残らないようにしっかりとぬるま湯で洗い流してください。

赤ちゃんの肌にオススメの石鹸は?

092f526f34458cc3de29df4e21b0639e_s
赤ちゃんにも使える石鹸はお店などに行くと、様々な種類やタイプがあってどれが良いのか迷ってしまいますよね。
石鹸一つにしても、赤ちゃんの肌に合うか慎重に選んでしまいがちですよね。
ここでは、赤ちゃんのベビーソープについて、どんなタイプがあるのか見ていきましょう。

石鹸の種類は?

90a66a7875d1f9625ba9b8caf63244cb_s
ベビーソープには固形タイプ、液状タイプ、泡タイプとあります。
どれも差はないのでママが使いたい、使いやすいと思うタイプを使用するのがよいでしょう。
赤ちゃんをお風呂に入れるのが大変というママには、片手で泡が取り出せて、手早く洗えるポンプタイプの泡ソープがオススメです。
石鹸選びに重要なのは、石鹸そのものの安全性ではないでしょうか。
赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、刺激が強かったり、添加物が入っていると赤ちゃんの肌に合わない場合があります。

赤ちゃん用の石鹸でも、刺激があると肌が炎症を起こしてしまう事があるので、使っていて湿疹が出てきてしまったら、肌に合わない可能性があるので一旦使用を中止しましょう。
赤ちゃんにオススメの石鹸は、より添加物の少ないオーガニックソープがオススメです。
多少価格は高いですが、天然植物成分の石鹸は、原料の栽培過程から製造まで厳しい基準をクリアしたもののみが店頭に並んでいます。
特に乳児湿疹がでている場合には、赤ちゃんの肌に優しいものを選んであげましょう。

効果があると話題のアトピタシリーズ

ダウンロード

引用:http://xn--t8jnza0bzodk8lm108cvvmtrqel0g.com/

雑誌などに掲載されている保湿全身石鹸のアトピタという商品をご存知ですか。
口コミの評価に、色々な石鹸を試したけれどアトピタを使ったら湿疹が治った、乳児湿疹で困っていた時に使ってみたら綺麗になったという声がありました。
乳児湿疹に効果があると口コミで話題のアトピタについて見ていきたいと思います。
アトピタは保湿全身石鹸なので身体から顔、頭と全身に使用できます。
高純度の天然成分から作られており、無香料、無着色、防腐剤無添加なので刺激の少ないベビーソープです。

クリーミーな泡立ちで、皮脂をとりすぎず優しく洗えます。
すすぐ時も泡切れが良いので、すすぎ残しが少ないのも特徴です。
また天然成分のヨモギエキス配合と、うるおい補給成分の配合で赤ちゃんの肌をしっとりと保湿もしてくれます。
赤ちゃんの肌が乾燥していたり、湿疹などトラブルがある場合には優しく洗えるのでオススメです。
アトピタシリーズには、他にも薬用保湿入浴剤や保湿全身ミルキィローション、保湿しっとりクリームなどがあります。

まとめ

ここまで、赤ちゃんの肌トラブルに起こる乳児湿疹について、石鹸のケアに重点をおきご説明させてもらいました。
赤ちゃんの肌トラブルは一回で治まるものではなく、肌がとても敏感なので何度も繰り返してしまう事があります。
皮脂の汚れがすぐに溜まってしまうと乳児湿疹の原因になってしまうので、たっぷりの泡で綺麗に洗ってあげて、清潔にし予防してあげましょう。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER