MUGYUU!ロゴ

3,366

乳児湿疹になる原因は?種類に合わせた症状と改善法・完治までの流れ

赤ちゃんのケアで、一番気を使うのが肌トラブル、そう湿疹です。

気付いた時には赤ちゃんのお肌に出来ている湿疹を見て、「こまめにケアをしているのに、なんでこんなに湿疹ができるの?」と、肩を落とすお母さん達も多いのではないでしょうか?

「この湿疹って何?なんだか痛そうだし痒そう・・・。」そんな悩みをお持ちの方のために、乳児湿疹の全てをまとめました。

赤ちゃんに湿疹ができている人も、出来ていない人も、これを読めば乳児湿疹はもう怖くありません!

赤ちゃんの肌の特徴(新生児)

fea2fe5f08eb6ab563cf96aae66b27e7_m

新生児(生まれて1ヶ月)の頃の赤ちゃんの肌は、お母さんのホルモンの影響を受けて皮脂の分泌が盛んです。

皮脂分泌量は思春期と同じくらいとも言われていますが、皮脂を分泌する皮脂腺が未熟なため、詰まりやすい状態です。

皮脂分泌が多いのは主に頭皮とおでこ、鼻の、Tゾーンで、皮脂が多いこの時期においても、体の皮脂量は少なく乾燥気味だと言われています。

生後1カ月を過ぎると、皮脂分泌量はどんどん減ってきます。

この皮脂量が少なくなることで、生後2~3ケ月になってくると、赤ちゃんの肌はとても乾燥しやすくなります。

バリア機能が弱い

50839b9cd8723a853863dac23ce755d5_m

赤ちゃんの肌の特徴でもう一つ欠かせないのは、肌を守るバリア機能が崩れやすい点です。

肌のバリア機能を担っているのが、皮脂と肌の表面にある角質層です。

赤ちゃんはこの角質層が薄く、大人の1/3程度しかありません。

皮膚をコーティングして守るための皮脂の分泌量が不安定であることから、バリア機能が崩れ肌の水分が蒸発して乾燥したり、外からの刺激が入り込み肌トラブルの原因になったりします。

また、バリア機能がしっかりしている人の肌は弱酸性ですが、赤ちゃんの肌は中性に近く、乾燥が強くなるとアルカリ性に傾きます。

アルカリ性の肌は雑菌が繁殖しやすく、この点から見ても赤ちゃんの肌はトラブルが起こりやすい状況と言えます。

生後1歳頃になると、角質層も少しずつ厚くなり、皮脂分泌量も安定してくることで、肌トラブルは少しずつ減ってきます。

しかし、全体的に乾燥しやすい状態にあるのは変わらないため、乾燥対策は必要です。

乳児湿疹の種類・原因・症状・完治までの流れ

それでは次に、赤ちゃんに起こりやすい湿疹の種類と、その原因や対策について見て行きましょう。

新生児ニキビ

e0201494_23261552

引用:http://kaorimaron.exblog.jp/

原因 新生児ニキビは別名、新生児座瘡(ざそう)とも呼ばれます。
お母さんのお腹の中で受け取ったホルモンと、赤ちゃん自身のホルモンにより、皮脂が分泌過剰な状態になります。

盛んな皮脂分泌に対して、皮脂腺は未熟なためが詰まりやすく、そこに炎症が起こった状態です。

出来やすい場所(部位) 頬、おでこ、頭、首の後ろなど皮脂分泌が多い所に良くできます。
症状の特徴 生後1週間から出来やすく、皮脂分泌が減ってくる生後2~3ケ月頃には無くなります。

赤くもりあがっていたり、時には白や少し膿を持って黄色く見える場合もあります。

女の子より男の赤ちゃんの方が出来やすいのも特徴です。

ケア・予防方法 赤ちゃん用の石鹸やボディーソープを泡だて、しっかり洗ってあげましょう。
強い摩擦を与えないために、ガーゼ等は使わず、泡で洗ってあげて下さい。

洗った後は保湿を行いますが、皮脂と同じ役割をするベビーオイルやワセリンは使用せず、乳液やクリームがおすすめです。

赤ちゃんの肌に触れる洋服や寝具、タオルは清潔なものを使って下さい。

汗はこまめに拭き、誤って引っ掻かないように、赤ちゃんの爪は短く切ってあげましょう。

病院で処方される薬 特に治療の必要はなく、ニキビの原因も大人の用にアクネ菌ではないため基本的に処方はありません。

ニキビがひどい時には、他の湿疹ではないか一度診てもらっても良いと思います。

発症から完治までの期間・目安 生後1週間頃から発症し、ホルモンバランスが整い、皮脂分泌が減ってくる生後3ケ月頃には自然に治ります。

乳児脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)

S__5070869-2

引用:http://akachancare.com/

原因 乳児性脂漏湿疹の原因は新生児ニキビと同じく、過剰な皮脂分泌と皮脂腺の詰まりです。

赤ちゃんの脂漏性湿疹は、カビ等が原因で起こる大人の脂漏性湿疹とは全くの別です。

出来やすい場所(部位) 髪の毛の生え際や頭皮、まゆ毛等、首から上など皮脂分泌が多い所に良くできます。
症状の特徴 湿疹は赤や黄色のもりあがった湿疹や、それらの湿疹が黄色のかさぶた状になってフケの用に見えたりします。

脂漏性湿疹は、見た目の割に痒みはありません。

ケア・予防方法 新生児ニキビと同様、泡でやさしくしっかり洗って皮膚の清潔を保ってあげることが大切です。
かさぶた状になっている皮膚は、入浴時に自然にはがれるもの以外は無理にはがさないで下さい。

かさぶたが多い場合は、入浴前に赤ちゃんの肌に合うオイルをたっぷり塗り、ふやかしてあげると余分な皮膚が落ちやすくなります。

オイルを使った後はしっかり洗い流し、やさしく押さえぶきで乾かした後は乳液やクリームで保湿をしましょう。

痒みはない湿疹ですが、赤ちゃんはよく顔を触ります。
爪は短く切り、赤ちゃんの肌に触れる衣類や寝具は清潔なものを使いましょう。

病院で処方される薬 乳児の脂漏性湿疹の場合、スキンケアと保湿で様子を見ることが多いと思います。

病院で処方される保湿剤は、プロペト(純度の高いワセリン)やヒルドイドソフト、ビーソフテン等があります。

低刺激で高い保湿性を持つので、赤ちゃんにも安心して使えます。

湿疹の程度にもよりますが、炎症がひどい場合やアトピー性皮膚炎に移行しそうな場合は、ロコイドやアルメタ、キンダベートなど、比較的弱いステロイド剤が使われることもあります。

発症から完治までの目安期間 脂漏性湿疹は新生児期から生後1ヶ月頃から発症し、生後5カ月を過ぎると良くなってくることが多いです。

出産後、産婦人科を退院して家で沐浴を始めた時は、不慣れなこともあり顔や前髪の生え際をよく洗えずに脂漏性湿疹ができることが多いですので要注意です。

脂漏性湿疹からアトピー性皮膚炎に移行することもありますので、長引く湿疹や痒がっている時には受診をおすすめします。

乾燥性湿疹(かんそうせいしっしん)

キャプチャ

引用:http://profile.ameba.jp/manyu-ge/

原因 乾燥性湿疹の原因は乾燥です。
摩擦や気温、その他の刺激などにより肌のバリア機能が崩れることで起こります。
出来やすい場所(部位) お腹、背中、腕、背中など皮脂の分泌が少ない場所に出来やすいです。
症状の特徴 気温や湿度が下がる冬によく出来ます。

赤いプツプツのような湿疹ができたり、全体的に赤味を帯びることもあります。

乾燥性の湿疹は痒みを伴い、顔に出来ている場合にはお母さんの洋服や寝具に顔をこすりつけたり、手で触ろうとします。

ケア・予防方法 乾燥予防が一番のケアになります。
入浴は泡でやさしく洗い、入浴後は保湿性の高い乳液やクリームで保湿をして下さい。

乾燥がひどい時には、赤ちゃんに合ったオイルやワセリンを合わせて使うと効果的です。

バリア機能が崩れて乾燥傾向の肌はアルカリ性に近く、雑菌が繁殖しやすい状態です。

赤ちゃんの肌に触れるものは清潔に保ちましょう。

冬は室内の湿度を50~60%に保てるように、加湿器を使用するのも良いでしょう。

病院で処方される薬 乾燥対策のために保湿剤が処方されます。

保湿剤であれば市販のもので、と考える人も多いですが、既にバリア機能が低下した肌には刺激が強い場合があります。

乾燥や湿疹がひどい場合には、病院で処方される保湿剤の方が低刺激なのでおすすめです。

また、症状がひどい時には掻き壊しで他の菌が入ってしまうことが心配なので、一旦症状を抑えるために比較的弱いステロイドが処方されることもあります。

発症から完治までの目安期間 皮脂の分泌が減ってくる生後3~4カ月頃から発症します。

個人差や季節の問題もありますが、しっかりと保湿のケアを行えば3~4週間で改善することが多いです。
こちらも肌が強くなる1歳頃には、ほとんど起こらなくなります。

バリア機能が低下した肌からアレルギー物質が侵入し、アトピー性皮膚炎になる可能性もあります。

乾燥と共に耳の付け根が切れてきたり、湿疹自体がジクジクしてきた時には受診が必要です。

皮脂の分泌が多いとされている新生児期でも、体は乾燥傾向のことがあるため、乾燥性の乳児湿疹ができることもあります。

あせも

6f15448255ce367f0da21e685b262a61_m

原因 あせもは汗が出る汗腺が詰まり、炎症を起こすことでできる湿疹です。

赤ちゃんは汗を分泌する汗腺が多く、体温調節も上手にできないため大人の2~3倍は汗をかきです。

赤ちゃんの小さな体に密集した汗腺が皮脂や垢などで詰まり、そこに肌の常在菌が繁殖してあせもができます。

出来やすい場所(部位) 汗がこもりやすい背中やおしり、汗をかきやすい頭や首に良くできます。
症状の特徴 赤ちゃんのできるあせもには2つの種類があります。

一つ目は白いあせもです。
透明~白っぽい小さな水ぶくれで、汗を大量にかいた時に出来ます。
痒みはなく、普段のスキンケアを行えば2~3日で治ります。

二つ目は、あせもの中で最も多い、赤いあせもです。
赤いブツブツとした湿疹で、気温が上がる夏に多く、とても痒がります。

あせもを掻いた所から細菌に感染し、「とびひ」になる場合もありますので注意が必要です。

ケア・予防方法 あせも対策は、汗をかいたらこまめに拭くこと、汗をかいた後はシャワーで皮脂や汚れをしっかり落とすことです。

温かいお湯に長くつかると、余計に痒くなりますのでシャワーで流すようにしましょう。

汗かきの赤ちゃんの衣類は大人より1枚少なめに、吸水性の優れたものを選んで汗をかいたらはこまめに着替えをしてあげましょう。

エアコンを使って室内の温度を調整し、汗をかきにくい環境を作ってあげるのも大切です。

病院で処方される薬 あせもの場合、その重症度で処方される薬は異なります。

そこまであせもがひどくない場合は、亜線化軟膏やスタデルム軟膏、アズノール軟膏のような非ステロイド性の消炎鎮痛薬が処方されます。

これらの軟膏はステロイド剤のように強い効き目はありませんが、炎症を抑える効果があります。

症状がひどい時にはステロイド剤が使用されます。あせもに感染症状がある時には、少し強めで抗生剤も含まれるリンデロンVG軟膏が処方されることもあります。

発症から完治までの目安期間 あせもは新生児期から思春期まで、どの年齢でも発症する可能性があります。

発症しやすい時期は汗をかきやすい梅雨から夏にかけてで、個人差もありますが、しっかりケアを行えば2週間程度で良くなります。

治りが遅かったり、水疱が出来た時には感染症を合併している可能性がありますので、受診が必要です。

おむつかぶれ

キャプチャ

引用:http://ameblo.jp/rainbowclover/

原因 おむつかぶれは、うんちやおしっこ等の刺激で肌に炎症が起こった状態です。

お尻は汗をかきやすい上に蒸れやすく、オムツをかえるたびにおしり拭きを使うため、肌のバリア機能が崩れて刺激を受けやすい状態です。

オムツの素材自体が刺激になっておむつかぶれを起こすこともあります。

出来やすい場所(部位) オムツが当たっている陰部や肛門周辺、おしりにできる湿疹です。

オムツのウエストや足の付け根のゴムに沿って出来ることもあります。

症状の特徴 赤いプツプツしたものから、全体的に赤くなっているもの、ひどくなると血がにじみ出てくるものもあります。

傷のようにしみて痛いため、機嫌が悪く、おしりを拭くときに痛がったり、お風呂も嫌がります。

ケア・予防方法 おむつかぶれの予防と対策は、こまめにオムツ交換をすること、おしり拭きでこすり過ぎないことと保湿です。

また、おむつかぶれが既にできている場合、うんちが緩くてひどく汚れている時などはおしりだけ優しくシャワーで洗ってあげましょう。

オムツの素材が合っていない場合は布おむつを試してみたり、まれにオムツがきつくてかぶれている場合もありますので、少しゆとりをもってオムツを付けてあげましょう。

病院で処方される薬 おむつかぶれの場合は亜線化軟膏やアズノール軟膏が処方されることが多いです。

亜鉛化軟膏は消炎鎮痛の効果と共に、皮膚と刺激物との接触を避ける役割もありますので、たっぷり使いましょう。

発症から完治までの目安期間 おむつかぶれは新生児期からいつでも発症する可能性があります。

完治までの期間は、本人の体調やうんちの状態等もあるため個人差がありますが、約2~3週間で改善することが多いようです。

一つ注意したいのが、カビが原因のおむつかぶれです。

カビが原因のおむつかぶれの場合は、カビに対する塗り薬を使う必要があります。

おむつかぶれとの見分け方は、専門家でないと難しいところです。ステロイド剤を使うと悪化しますので、御自分の判断で薬を使わず、必ず受診をしましょう。

アトピー性皮膚炎

DSC03284

引用:http://nandarou-w.blog.so-net.ne.jp/

原因 アトピー性皮膚炎の原因は、乾燥と様々な刺激物に対してのアレルギー反応の二つです。

主なアレルゲンはダニ、ハウスダスト、有害化学物質で、これらのアレルゲンがバリア機能が低下して乾燥した肌から体内に侵入することで起こります。

食物アレルギーとの関連性は、様々な説がありますが、乳児のアトピー性皮膚炎が食物アレルギーによって発症するという考る専門家は昔より少なくなっています。

出来やすい場所(部位) 生後1~3ケ月頃には顔や頭を中心に発症し、耳の付け根が切れることがあります。

もう少し月齢がすすむと、お腹や背中、手足にも湿疹ができます。

症状の特徴 症状は乳児湿疹と似ており、生後数か月の場合には見分けがつかないことが多いです。

ジクジクとした赤い湿疹が多く、乾燥する冬に悪化し、痒みを伴います。

湿疹は左右対称にできるのも特徴です。

スキンケアと保湿でなかなか治らない湿疹はアトピー性湿疹であることが多く、ステロイド剤に良く反応しますが、塗るのをやめると湿疹を繰り返します。

ケア・予防方法 乾燥は症状を悪化させますので、保湿をすることが大切です。

初期の頃は乳児湿疹と見分けがつきにくいため、しっかりスキンケアをしても改善が見られない時や痒みが強い時には受診をして経過をみる必要があります。

病院で処方される薬 アトピー性皮膚炎が疑われる場合は、乳児湿疹と同じく、比較的弱めのステロイド剤が処方されます。

乾燥は症状を悪化させますので、保湿剤も合わせて処方されることが多いです。

発症から完治までの目安期間 乳児期のアトピー性皮膚炎は生後1カ月から発症する可能性がありますが、他の乳児湿疹と見分けがつかない場合もあります。

1歳までには、その約80%が治ると言われており、約20%は慢性化する可能性もあります。

完治までに要する期間は個人差がありますが、乳児のアトピー性皮膚炎は2カ月以上繰り返す湿疹のことを指しますので、長い目で経過をみる必要があると言えます。

ママが気をつけること

10d8adf8433421ecd3fdc0b339b1028e_m

乳児湿疹になってしまった赤ちゃんにママが出来る事で、気をつけないといけない事をまとめました。

しっかり保湿

乳児湿疹の原因は、スキンケア不足にあることが多いです。
普段から皮膚の清潔を保ち、保湿をしてあげましょう。

自己判断で決めない

87d9d9baed9537088590e89e91a952b4_m

赤ちゃんの湿疹は、その原因も様々であるためママの自己判断で薬を使うのは危険です。
長引く湿疹には市販薬は使用せず、受診をしましょう。

前にもらった軟膏が余っていても、原因が違ったり、薬が古くなっていたりする可能性もありますので使わないようにして下さい。

また、ステロイド剤を極度に怖がることはありません。
受診してもらったステロイド剤は、医師の指示のもと、用法・用量を守って正しく使いましょう。

症状が良くなったからといって、ママの自己判断で薬の使用をやめてしまうと、症状が悪化してしまいます。

薬を使った後は、その経過を必ず医師に診てもらうようにして下さい。

ステロイド剤は、チューブでそのまま処方されることもありますが、使いやすいようにプロペト等の保湿剤に混ぜて処方されることもあります。

赤ちゃんに使っている薬に何が含まれているのか、ママもきちんと知っておくようにしましょう。

清潔を心がける

赤ちゃんの肌をケアするママの手も清潔に保ち、爪は短くきりましょう。

近年、赤ちゃんのアトピーや食物アレルギーは、バリア機能が低下した赤ちゃんの肌にアレルゲンが侵入することで発症するという説もあります。

料理をしている時や食べ物を触った後は、必ず手を洗ってから赤ちゃんを触るようにして下さいね。

赤ちゃんの肌を守るには

d91721eec938f4ad8acac775da4e7ce0_m

赤ちゃんをどのような状態にしておくことが、乳児湿疹から守る事ができるのか、ご紹介します。

汗はこまめに拭く

赤ちゃんが汗をかいたらこまめに拭いてあげましょう。
汗をかいた後、すぐにシャワーで流せない場合は着替えをするのも効果的です。

清潔を保つ

お風呂では、しっかり泡だてた泡でやさしく洗いましょう。

湿疹が感染を起こさないように、赤ちゃんの爪も短く切り、やすりで整えてあげましょう。どうしても触ってしまう時にはミトンを使うのもおすすめです。

病院にいくタイミングは?

122bce51439c6782f607afffc7a5d269_m

赤ちゃんの湿疹は、自然に治るものも多いですが、アトピー性皮膚炎や感染を起こし、とびひを発症することもあります。

以下の4つの症状が症状がある時には、一度受診をおすすめします。

  1. スキンケアと保湿を心がけても改善の傾向がない
  2. 水疱のような湿疹ができる
  3. 赤ちゃんが痒がる、または痛がる
  4. 熱や元気がない、機嫌が悪い等、他の症状がある

受診する科は皮膚科か小児科、最初に行くのはどちらでも良いと思います。

ただ、症状によっては、より専門の医師の診察が必要だと判断された場合は、紹介された病院を受診することもあります。

まとめ

b4a65973c1934138ac6322fa63733510_m

デリケートな赤ちゃんに起こりやすい乳児湿疹、その原因は様々です。

「時間が経てば治るかな」と放置していると、その分、長引いたり、他の皮膚疾患を引き起こしてしまう可能性があります。

月齢毎の赤ちゃんの肌の特徴を理解し、乳児湿疹の予防に努めましょう。

まずは正しいスキンケアと保湿が大切です。
そして、経過をみても治らない時には皮膚科や小児科を受診することも大切です。

赤ちゃんのお肌を守ってあげられるのは、ママや家族だけ!
赤ちゃんが過ごす環境も整えて、みんなで赤ちゃんの肌を湿疹から守ってあげましょう。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER