MUGYUU!ロゴ

4,535

お食い初めは地域によってやり方が違う?料理や順序の違いとは?

お食い初めは日本では平安時代から続く伝統的行事で100日まで健康に育ってくれた喜びと、これからの成長と健康、赤ちゃんが一生食べ物に困らないようにという願いを込めて食べる真似をさせます。
これは、赤ちゃんの生後100日ごろに祝う儀式です。
お食い初めは祝い膳の器も男の子と女の子では異なりますし、祝い膳のメニューも地域や家庭により異なる場合もあります。
メニューが違うのは昔からの日本各地域の風習や昔から地域によって食べているものが異なっていたからでしょう。
今回はお食い初めが地域によって何が違うのでしょうか、基本的のお食い初めの例を挙げながら大紹介したいと思います。

地域によってお食い初めの呼び方が違う?

お食い初めが一般的に多い呼び方ですが、地域によって違う呼び方もあります。
まず、お食い初めの祝う時期が生後百日前後なので「百日の祝い」(ももか)と呼ばれたりしています。
そして、お食い初めでは初めて箸を使ってお魚を食べます。
実際に赤ちゃんが使って食べるわけではありませんが初めて箸を使わせてお魚を食べさせる真似をすることから「箸揃え」「箸祝い」「真魚始め」(まな)と呼ばれる場合もあります。
また、お食い初めでは歯固めを行う地域があります。
早い子になるとこの頃(生後100日前後)に乳歯が生え始めることから、丈夫な歯が生えるようにという願いを込めて「歯固め」と呼ばれたりします。
これらのように地域によって色々と違う呼び方で呼ばれていますが、どこの地域でどのように呼ばれているのかは両親や祖父母が産まれた場所によるでしょう。
色々な呼び方があってもお食い初めの本質は変わりませんので安心してくださいね。

一般的なお食い初め

祝い膳

一つ目に用意するものは「祝い膳」です。
今はベビー食器での代用も可能ですが、一般的には男の子用と女の子用があります。
男の子用は、全部朱塗りの器を使います。
女の子用は外側が黒塗りで、内側が朱塗りの器を使います。

祝い箸

二つ目は「祝い箸」です。
通常のお箸での代用も可能ですが、せっかくのお祝いなので柳で作られた両端が細くなっているお箸を使いましょう。
 

歯固め石

三つ目は「歯固め石」です。
これは歯固めの儀式用の石のことです。
お宮参りの神社でもらうか、川や海で拾って入手しましょう。
ただし、歯固めは一般的には行われているのですが、歯固めを行わない地域もありますので地域によってご用意してください。

メニュー

最後に祝い膳の「メニュー」です。
一般的には一汁三菜です。
お魚、お吸い物、煮物、香の物、赤飯を用意しましょう。
お魚の種類などは以下の記事で紹介します。

地域によって違う祝い膳のメニュー

先ほどは一般的なお食い初めのメニューを紹介しましたが、メニューは地域によって変わってきます。
ここでは地域によって変わってくるお食い初めのメニューを紹介します。

九州地方

九州はメニューというより器が変わります。
九州、主に博多では「ぽっぽ膳」を使います。
博多曲物(まげもの)という薄くした樹木を丸く曲げて形を作り、底を付けた足付きの容器のことです。
漆塗りの御膳ではありません。
これは子どもの健やかな成長を願うもので七五三でも使います。

北海道・東北地方

北海道・東北地方ではお赤飯で使う小豆ではなく、「甘納豆」を使いご飯を炊きます。
色は食紅を付けてピンク色にいます。
補足ですが、北海道・東北地方では真冬の寒い時期は避けるため、お食い初めをお宮参りと一緒に行う風習があります。

次にメニューの中のお魚なのですが、一般的にはめでたいということで「たい」が使われています。
しかし、尾頭つきのお魚であれば何でもよいので地域ごとにそれぞれ有名なお魚を使う人もいます。
例えば、鮎やサワラ、キンキなどです。
一般的なお食い初めの仕方上記により様々な地域のお食い初めメニューが分かったので、今度は一般的なお食い初めの仕方について紹介します。
まず食べさせ役なのですが、「養い親」といい、長寿にあやかるというため身内の中でも最年長の方の膝の上に乗せて行います。
男の子なら男性で女の子なら女性が行います。
次に食べさせ方なのですが、赤ちゃんはまだ食べられませんので真似をさせるだけです。

順番は①ご飯 ②お吸い物 ③ご飯 ④お魚 ⑤ご飯 ⑥お吸い物 です。
①~⑥を3回繰り返します。
そのあとに「歯固め」の儀式を行います。

歯固めをやる地域は? 

やらない地域は代わりに何を?
ここで先ほどから挙げている「歯固め」の儀式のことですが、歯固めの儀式をしない地域もあります。
そして、歯固めの儀式で使う「歯固め石」を用意できない場合もあります。
その時は何かを代用しています。
ここではその歯固め石の代わりに使う物を地域ごとに紹介します。

大阪、兵庫、四国地方

主に大阪、兵庫、四国では「タコ」が使われています。
固いタコでも食べられる丈夫な歯が生えます様にという願いからです。
あとは、「たべることに 困らないように」の頭文字をとって「タコ」が使われています。
そして、「タコ」に「多幸」という漢字をあててたくさんの幸せを願うという意味でタコが使わられてます。

次に、主に岩手では「アワビ」が使わられています。
硬いアワビを噛めるほど丈夫な歯が生えますようにという願いを込めて使わられています。

最後に歯固め石が用意できない場合に使わられている物です。
古くから石ではなく「紅白もち」を使っていました。
これは「持ちがいい」「長持ちする」という言葉をかけて縁起がよいものとして使わられています。

次に「梅干し」です。
しわができるまで長生きできるようにという意味で使わられています。
そして、固い栗の実が噛めるほど丈夫な歯が生えるようにと願って「栗の実」を使っているところもあります。

そして、食べ物ばかりだけではありません。
地域によっては囲碁の「碁石」を使うところもあります。

お食い初めをしない地域もあるの?

ここまではお食い初めをする内容を地域ごとに色々と述べていましたが、ではここで、お食い初めをしない地域はあるのでしょうか?

実際に地域でお食い初めをしないというよりもお食い初めを知らない人が多いようです。
お食い初めを知らない人が多く集まっているのでお食い初めをしない地域になってしまいます。

赤ちゃんの両親、祖父母がお食い初めをしていないと知らないということになるので、その地域がお食い初めをしない場所になってしまいますが、その人たちがお食い初めをしないだけで、お食い初めをしている家庭ももちろんあります。
一般的には形だけでもお食い初めを行っている家庭は多いので、赤ちゃんの今後のためにもお食い初めを知らないまたは、行わない地域や家庭であっても、お食い初めをして赤ちゃんの健やかな成長を願い、食べ物に一生困らないようにお祝いしてあげましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回で地域ごとの様々な風習や食文化によってお食い初めのメニューもがらりと変わってきますね。
地域ごとに有名な様々な特産物を用いて赤ちゃんの成長を祝うお祝いということも分かりましたよね。
そして、お食い初めはあくまでも日本の伝統的な儀式なのでお食い初めをしない人もいますが、赤ちゃんがかわいそうということで、しっかり用意しなくても形だけといってお食い初めを行う人も多いようです。
これは赤ちゃんに対する気持ちですよね。

今では自分で作らなくても地域ごとのお食い初めセットを配達してくれたり、店でも地域によって違うお食い初めメニューがあったりするので、わざわざ自分たちで祝い膳などを用意しなくてもすみます。
赤ちゃんの一生に一度の思い出ともなりますし、赤ちゃんの今後のためにぜひあなたの地域のお食い初めをしてお祝いしてあげましょう。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER