MUGYUU!ロゴ

7,008

お宮参りで行くオススメの神社とは?行く際に持っていくものまとめ

昔から赤ちゃんが誕生して1ヶ月が過ぎる頃、お宮参りと言う神社にお参りをする行事があります。
お参りに行く神社と言っても、神社はあちらこちらにあるのでどこの神社へ行けば良いのか迷いますよね。
そこで、お宮参りとはどういう行事なのか、また神社の選び方などについて紹介します。

お宮参りとは?

お宮参りとは、無事に出産したことの感謝と赤ちゃんのこれからの健やかな成長と幸福を願い赤ちゃんと初めて一緒に土地の守り神の氏神(うじがみ)様にお参りする儀式です。
「お宮参り」の別の言い方は、「初宮詣(はつみやもうで)」「産土神(うぶすなかみ)」と言います。
お参りに行く時期は、男の子と女の子で少し違います。
男の子は31日、32日目、女の子は32日、33日目にお参りに行くのが良いとされています。
しかし、実際にはあまり日数を気にせずママや赤ちゃんの体調の様子を見ながら、天候の良い日などを選んで行けば良いでしょう。

お宮参りに行く日取りは?

お宮参りに行くのは大安が良くて、仏滅は避けた方が良いと思う方は少なくないと思います。
しかし、お宮参りは大安や仏滅を気にする必要はありません。
家族の中で日柄を気にする方がいる場合は、仏滅から1日ずらすだけでも違います。
お宮参りに行くのは、ママや赤ちゃんの体調を優先して良いでしょう。
また夏に生まれた赤ちゃんなどは、真夏に出歩くのは辛くてかわいそうなので、少し涼しくなったころの都合の良い日に行くということでも大丈夫です。
冬に生まれた赤ちゃんも、真冬は避けて少し暖かい日を選んで行くと良いでしょう。

お宮参りをする神社の選び方

お宮参りは氏神様や神主のいるところへ行くべき?

「氏神様」と聞いてもピンとこない方が多いと思います。
氏神様とは、住んでいる土地の守護神のことです。

お宮参りとは、氏神様に「新しい家族が増えたので、よろしくお願いします。」
と紹介し、祝福してもらう儀式です。
本来ならこの氏神様のところ、つまり住んでいる近所の神社へお参りに行くのが氏神様への報告になるのですが、最近はあまり気にせずにママの実家の近所の神社だったり、有名な神社へお参りに行ったりする方が多いです。

この氏神様の神社の調べ方としては、近所の神社でお祭りやその他の行事など行われているところはありませんか?
おそらくは、そこが氏神様の神社になります。
もっと明確なのは、その地域に詳しい方や近所の町内会などの役員の方へ聞くのが間違いないでしょう。
しかし、聞けるような方がいない場合はインターネットで検索するのも良いですね。
また、妊娠中の戌の日にお参りした神社へ、無事に出産できた報告と感謝の意味を兼ねてお参りすると言う場合もあります。

また、氏神様はいるのだけど神主様もいないような神社でお宮参りはちょっと・・・と思う場合は、あまり氏神様にこだわらず有名神社で済ませると言うお参りもあります。
神社へお参りに行くのに、神主様がいる神社であれば初詣の祈祷を申し込めば行ってもらえるので、希望する方は神主様のいる神社へ出向いた方が良いでしょう。
今現代では、両親の気持ちの問題な部分が多いので、行きやすいとこらへ行かれても大丈夫です。

自宅からの距離や時間は?

お宮参りにいく神社は、赤ちゃんの事を考えると出来れば近場が良いと言えます。
片道1時間以上かかってしまうと、長時間チャイルドシートに乗せられて到着してからは、待ち時間に祈祷などの時間。
その後家族での食事。終了してからまた帰路で1時間以上。
となると、生後1ヶ月で初めての外出に近い赤ちゃんには少々キツイのではと思います。
そして、ママも産後1ヶ月とは言え赤ちゃんとの外出になれずに授乳やおむつ替え、愚図りなどで大変だと思います。
このような事を考えると、本来お宮参りは氏神様への報告なので、お宮参りは近場の神社で済ませ、後日お礼参りに改めて行くというケースでも良いと思います。

しかし、中には行事にこだわりのある御舅、御姑さんもいますよね。
どうしても距離のある神社へ出向かないといけない場合は、時間に余裕を持ち、何より赤ちゃんの様子に注意しながら行きましょう。
生後1カ月の赤ちゃんは、車に乗っていても寝ている事が多いです。
授乳とおむつ替えのタイミングに気を付けてあげましょう。

初穂料、玉串料とは?

初穂料

初穂・・・その年に初めて収穫されたお米の事です。
この初穂を神前にお供えして、収穫や豊作を神様に感謝する風習が古くからあります。
そして初穂だけではなく、農作物や漁業の物などは初物として神前に供えられます。
このような風習から、秋になると秋祭りや収穫祭などが行われていますね。
本来は初穂、初物をお供えするのですが、一般的に手に入りお供えできるものではないので、代わりにと供えられるのがお金になったとされます。
のちに初穂、初物は神様にお供えするものと言う認識が強くなり、代わりにお供えするお金の事を「初穂料」と呼ぶようになったとされています。

「初穂料」と表書きをして使用する行事は・安産祈願・初宮参り・七五三詣で・合格祈願・交通安全祈願・厄除祈願

など、神社で行うすべての祭事で使用できます。
また、御守りや御札を受ける際に使用されます。
使用を唯一控えるのは、神葬祭(神道式のお葬式)です。

玉串料

玉串・・・榊(さかき)に紙垂(しで)や木綿(ゆう)を付けたものです。
玉串は神様のお食事ものとして、米や酒、魚や野菜などと同様にお供えするものです。
初穂料と同様に、玉串料とは玉串の代わりになります。

「玉串料」と表書きして使用する行事は・通夜際・葬儀・七五三・お宮参り・結婚式・厄払い・各祈祷

など神社で行うご祈祷、結婚式や神葬祭(神道式のお葬式)でも使えます。
ただし、御守りや御札を受ける際には使用しません。

初穂料も玉串料もお宮参りの時どちらも使えるようです。
祈祷料として納めるときはのし袋に入れますが、神社によって呼び名が違う事も有るので受け付けの際にどちらの表書きをすれば良いか確認すると良いでしょう。

お宮参りの初穂料、玉串料の相場は大体いくら?

納める金額は神社によって違う場合もあり、「お気持ちで」とはっきり明記されていない場合もあります。
そのような場合も含め5000円~10000円くらいを目安に考えておくと良いでしょう。

有名、オススメのお宮参り参拝場所の紹介

氏神様に報告をしにお参りに行ったり、安産祈願に行った神社にお礼参りを兼ねてお参りに行ったりすることもお勧めですが、やはり有名な神社でと思うご家族の方もいると思います。
そこで人気のある有名な神社は、どういったところがあるのか紹介していきます。

水天宮

日本で最も有名な「安産祈願」の神社です。
水天宮が有名なのは、御祭神の天御中主神が日本の神様で最も古く安産や子授け、子育ての祈願に貢献しています。
水天の信仰が国之水分神(くにのみくまりのかみ)と合わさり、「みこもり(御子守り)」に似ていることから子供の守護神として神仰されるようになったと言われているからです。

▼ 初穂料
一律5000円となります。
お礼参りを兼ねての場合、「お気持ち」として1000円(相場)もおさめます。

▼ 受付時間
境内の開門時間7:00~17:00
神札所(授与品、縁起物など)8:00~17:00
祈祷受付時間8:00~15:00

▼ 住所
〒103-0014 
東京都中央区日本橋蛎殻町2丁目4−1

▼ 交通
・東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅(5番出口より)徒歩5分
・東京メトロ日比谷線 人形町駅(A1出口より)徒歩6分
・都営地下鉄浅草線 人形町駅(A3出口より)徒歩8分
・都営地下鉄新宿線 浜町駅(A2出口より)徒歩12分
・東京駅八重洲口からはタクシーで約15分

▼ 車
高速道路を利用の際は箱崎インター浜町出口が便利です。

▼ 駐車場
境内の1階部分になります。最大40台。
利用時間⇒7:00~17:00
*混み合う事が多いので、なるべく公共の交通機関を利用した方が良いでしょう。
*日曜、祝日、戌の日は特に混雑が予想されます。

▼ 授与品
・御神酒
・写真立て
・お供物
・絵馬
・御守り
・子供の手形が残せる色紙
・絵日記
  
-おすすめポイント-

水天宮の近くに「水天宮前写真館」があるので、お宮参りの前後に家族で記念写真をサッと取れます。
別の日に改めて撮影に行く手間もなく、お宮参りの衣装もレンタルできるので便利です。
また近くには食事と撮影がセットになったコースのあるロイヤルパークホテルなどがあり、赤ちゃんをなるべく連れまわさないで済むように出来ます。

-注意ポイント-

水天宮は日本で一番有名な子供の守り神の神社です。
予約などは無いので、日曜、祝日の大安や戌の日は大変混み合い待ち時間がかなり長くなってしまう事も有ります。
生後1カ月の赤ちゃんやママの体調を考えると、ちょっと厳しそうですよね。
出来れば平日の戌の日や大安の日など、混雑しそうな日とはずらして行った方が良いでしょう。
どうしても日を変更するのが難しい場合などは、パパや親族の方が先に行って並んで赤ちゃんやママの負担を軽くしてあげましょう。

明治神宮

明治神宮は、日本一の初詣参拝客が来るところとして有名です。
明治天皇と皇后を御祭神として祀っています。
境内すべてが神域となっており、とても広く近頃はパワースポットとして清正の井戸も有名です。

▼ 初穂料
1万円となっています。
神札に名前を入れてもらえます。
のし袋で納める場合は、紅白の蝶結びののし袋に表書きで「初穂料」と赤ちゃんの「姓名」を書いて納めましょう。

▼ 受付時間
9:00~16:20
9時半頃~16時半まで30分おきに奉仕しています。
個人の予約は無いので、当日の希望の時間の10分前までに受付を済ませましょう。
*混雑の状況によって待ち時間が発生するので、お宮参りの場合は事前に明治神宮へ混雑状況や待ち時間の確認をする事をお勧めします。

▼ 住所
〒151-8557
東京都渋谷区代々木神園町1-1
      
▼ 交通
明治神宮ご参拝の入り口は3か所になります
      
【原宿口<南口>】
JR山手線「原宿」駅
東京メトロ千代田線・ 副都心線「明治神宮前<原宿>」駅

【代々木口<北口>】
JR山手線「代々木」駅
都営地下鉄大江戸線「代々木」駅
東京メトロ副都心線「北参道」駅

【参宮橋口<西口>】
小田急線「参宮橋」駅

▼ 車、駐車場
首都高速4号新宿線代々木ICより約5分
原宿口、代々木口から境内に入れます。
*混み合う事が多いので、なるべく公共の交通機関を利用した方が良いでしょう。

▼ 授与品
・祈願神札
・飴
・御神酒
・明治神宮特製お喰い初め膳

▼ 明治神宮の特徴
明治神宮では巫女舞神楽と言いう神楽の一つで、巫女さんが手に季節の花を持って「倭舞、やまとまい」を舞います。
この舞は、神楽殿で祈願する方の為に作られた、明治神宮ならではの舞になるようです。

-おすすめポイント-

明治神宮の境内は東京ドーム15個分と言う壮大な広さを誇り、都心にありながらも木々に囲まれた癒しの空間になっています。
訪れることで心が癒されるでしょう。
また、明治神宮では記念写真を希望すれば撮ってもらえます。
明治記念館専属のカメラマンが待機しているので、当日に明治神宮神楽殿地下1階の記念写真受付で承ってくれます。
料金はその時の税率などで変動しますがおおよそは下記のようになります。

1枚(台紙付き)・・・15,000円~18,000円
2枚目以降は割引あり・・・24,000円~27,000円

撮影後の写真は後日郵送のみになります。
郵送料金として別途1,000円程度かかります。

明治神宮では境内にある「明治神宮文化館」で会食も出来ます。
お宮参りを済ませてそのまま向かう事が出来るので、移動の時間が少なく済みますね。
お食事の代金は、初宮詣祝膳・・・5,500円(本体価格)となります。

-注意ポイント-

敷地がとても広いのでたくさん歩きます。
参道は砂利になるので歩きやすい靴が良いでしょう。
また、境内にはベビーグッズの販売はしておりません。
(オムツ、ミルク、おしりふきなど)外へ買いに行くとしても境内が広いので時間もかかり大変です。
お宮参りに行く際はベビーグッズをしっかり確認して持っていきましょう。

日枝神社

日枝神社は滋賀県の日吉大社を総本宮とする神社で、山の神の使いである猿の夫婦の神様を祀っています。
猿は「えん」とも読むことから、縁結びの神様とされています。

▼ 初穂料
1万円~となっています。

▼ 受付時間
9:00~16:30
予約は無いので当日受付になります。

▼ 受付場所
山王夢御殿内受付(平日は中庭授与所で受付)

▼ 住所
〒100-0014
東京都千代田区永田町2-10-5

▼ 交通
・地下鉄(千代田線)赤坂駅(出口2)徒歩3分
・地下鉄(南北線・銀座線)溜池山王駅(出口7)徒歩3分
・地下鉄(千代田線)国会議事堂前駅(出口5)徒歩5分
・地下鉄(銀座線・丸の内線)赤坂見附駅(出口11)徒歩8分

▼ 車
首都高速霞ヶ関インターより5分 (駐車場完備)

▼ 授与品
・御札
・御守り
・お食い初めセット

-おすすめポイント-

日枝神社は、車で本堂のそばまで行けるので赤ちゃんやママにとっては助かります。
また、日枝神社では神社内にある「日枝あさか」で記念撮影が出来ます。
撮影は予約なしでおこなえますが、来店した順番に撮影するので赤ちゃんの機嫌の良いタイミングで早めの撮影をするのが良いでしょう。

-注意のポイント-

火曜日は写真館が定休日になります。

子安神社

子安神社は八王子市にある市内で最も古い神社で安産、子育ての神が祀られています。
祀られている神様は、日本神話に登場する、木花咲耶姫命(コノハナノサクヤビメ(ヒメ))と言われる女神になります。
コノハナノサクヤビメは木の花(桜の花とされています)が咲くように美しい女性と意味するのが通説です。

▼ 初穂料
1級式⇒30,000円(特別神楽)
2級式⇒25,000円
3級式⇒20,000円
4級式⇒15,000円
普通式⇒12,000円
5級式⇒10,000円
6級式⇒8,000円
7級式⇒6,000円

▼ 受付
9時から15時半まで受付け

▼ 住所
東京都八王子市明神町4-10-3

▼ 交通
JR八王子駅北口より徒歩5分
京王八王子駅西口より徒歩1分

▼ 駐車場
境内にあります

▼ 授与品
・御札
・御守り
・歯固めの石
・お米
・スプーン
・お供えの砂糖
・12,000円~母体がもとに戻るよう願いをこめられた安産御礼柄杓がもらえ、4級式からお食い初めセットが付きます。
(生後100日目にお食い初めをします。)

-おすすめポイント-

子安神社の境内に写真スタジオがあるので、移動時間が短くて済みます。
お宮参りの写真撮影をする方は、レンタル衣装無料などお得なコースもあります。

-注意のポイント-
甲州街道沿いは裏参道になり、こちら側からは入れないので、表参道から入るようにしましょう。
また、9月23日、10月の後半の土日、11月中の土日は、お子様の安全の為に駐車場は利用出来なくなります。
近所の有料駐車場にご自身の負担で止めなくてはなりません。

お宮参りでの体験談

実際にお宮参りに行った時の体験談を紹介します。

■ 千葉市稲毛の浅間神社へお宮参りに行きました。
数年前にきれいに改修されて、とてもきれいで夏は涼しく冬は暖かく本堂で居られました。
浅間神社の主神は、木花咲耶姫命(コノハナノサクヤビメ(ヒメ))と言われる子育て安産の神様で、安産祈願にも行き、お礼参りを兼ねて行きました。
お宮参りでは御守りやお食い初め用のお箸をもらいました。
授かりものに入っている御守りがサンリオのキティちゃんだったり、浅間神社オリジナルの御守りがかわいかったです。
他にもキティちゃんのかわいい御守りが色々ありました。

 
■ 冬の寒い時期にお宮参りに行きました。
ママ、パパの両家の両親と一緒に行くのでちょっと気合を入れてフォーマルな格好で行きました。
生後1カ月の赤ちゃんは母乳育児中で、授乳の時にフォーマルな格好ではあげ辛くて、何とかごまかしたら寝てくれたので一安心でした。
教訓は、神社に授乳室と言うのはなかなか無さそうなので、授乳を考えて授乳服のフォーマルを着る事でした。
授乳ケープがあれば待合室でもサッとあげられるので便利だなと思いました。

 
■ お宮参りの神社を決めたのは、自宅から近いのと、祀られている神様が子育ての神様であることでした。
自宅から近いと言うだけよりも、なおかつ子育ての神様と言う方が安心です。

 
■ お宮参りは水天宮に行ったのですが、有名なだけあってもの凄く混雑していました。
お宮参りもママと赤ちゃんだけが中に入り、その他の家族は外で待機と言うものでした。
有名なところへ行くのも良いけど、赤ちゃんの事を考えると生後1カ月にはカワイソウだったかなと思いました。

お宮参りの場所についてのまとめ

赤ちゃんが誕生してから1カ月が過ぎ、なんとなく生活に慣れ始めたころですね。
ようやく赤ちゃんも少しずつ外出が出来るようになって来ます。
その最初の外出がお宮参りなんて事も有るでしょう。
ここで紹介したように、神社へのお宮参りの意味やそれぞれの神社の特徴を知ってどこの神社へ行くのが良いか、参考にしていただくと良いでしょう。
赤ちゃんにとって一生に一度のお宮参り。
記憶には残らないと思いますが、大切な行事で赤ちゃんが成長してから知る事となります。
大切な赤ちゃんの誕生と成長を神様に報告して、是非、家族みんなでお祝いしてあげましょう。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER