MUGYUU!ロゴ

1,180

お宮参りでの服装はこれで決まり!赤ちゃんもママさんもおしゃれに決まる定番アイテムとは?

お宮参りは赤ちゃんがこの世に生まれてきてくれてから1番最初にある大きな行事ですね。
しかしその頃のママはといえば赤ちゃんと一緒の暮らしも1ヶ月を迎えるところで、まだまだお世話にも慣れていない時期ですよね。
そんな時ですから、赤ちゃんとのお出かけ自体にもちろん不安があるでしょうが、お宮参りに行く服装も何を着ていけば良いのか悩んでしまうかと思います。
お宮参りにはどのような服装で行くのが良いのでしょうか。
ここではお宮参りに行く時期に合わせてどのような服装があり、おすすめの服装は何なのかをご紹介しますね。
またその衣装を購入する場合とレンタルする場合についてもご紹介させていただきますので、参考にしてみて下さい。

そもそもお宮参りとは?

そもそもお宮参りとは、一体どのような行事なのでしょうか。
お宮参りというのは、赤ちゃんの誕生を祝う行事の1つで、生後1ヶ月頃に行います。
赤ちゃんの健やかな成長と長寿を願う行事で、赤ちゃんが生まれた土地の氏神様に参拝することでその土地の一員になったことを認めていただく大切な行事です。
そして赤ちゃんを無事に出産できたことへの御礼の意味も込められています。
お宮参りは「初宮詣」、「産土神参り」とも呼ばれており、一般的に男の子は生まれてから31日目、女の子は32日目とされています。
現在では赤ちゃんやママの体調であったり、パパの仕事の休みであったりを考慮して日を選ぶことが多くなっています。

お宮参りの服装

お宮参りは赤ちゃんにとってもママにとっても大切な行事なのですね。
ではここでお宮参りに行く時期もふまえて、どのような服装が良いのか、どのような服装がおすすめなのかをご紹介させていただきますね。

赤ちゃん

和装

赤ちゃんがお宮参りで着る正式な服装はママの実家が贈った祝い着とされています。
男の子は羽二重の内着(着物)に紋付を羽織ります。
紋付は黒や紺、紫や白などの染め抜き五つ紋という両胸元、両袖、背の5箇所に紋がついたものの他、龍や虎、兜などの勇ましい図柄や模様の入った熨斗目模様の掛け着も主流になっています。
女の子ならサテンや、赤、紅、ピンクや白などの羽二重に、花などの友禅模様の入った華やかな祝い着が基本です。
この紋付や掛け着に付いている紐を、赤ちゃんを抱っこする父方の祖母の首の後ろで結びます。
余談ですが、大阪を中心とした関西の一部では、祝い着の紐に「紐銭」をくくりつける風習があります。
赤ちゃんは体温の調節がうまくできませんので、夏にこの正式な服装でお宮参りをする時は、赤ちゃんの体温調整に気を配ってあげてくださいね。

洋装

最近増えているのがベビードレスにケープを合わせる服装です。
ドレスは白が一般的ですが、淡いブルーやピンク、黄色などの薄い色でも大丈夫です。
色の付いたドレスを選ぶときは、帽子や靴も同系色のもので揃えるようにしましょう。
ベビードレスとケープなら親戚や友達へのお披露目などにも使えるのが人気が出た理由です。
デパートなどでお宮参りセットとして販売されており、様々なブランドからも出ていますので、好みに合わせて選べるのも良いですね。
夏にお宮参りをする場合は通気性の良い衣装を、冬にお宮参りをする場合は中に温かい肌着を着せたりと、気候に合わせて赤ちゃんの体温調整に気を配ってあげてください。

赤ちゃんの服装に関しては、しきたりにとらわれずその時の天気や気候、季節、赤ちゃんの体調を優先して決めてあげましょう。
おすすめはその後も何かと着る機会のあるベビードレスとケープのスタイルです。

ママさん

和装

赤ちゃんが正式な服装なら、ママも和装の方がバランスが良いです。
和装をする場合は無地の付下や訪問着、色留袖などが良いですね。
髪型もできればアップスタイルにし、和装にふさわしい髪型にしましょう。
夏は薄手の着物を、冬は上に紋付の羽織などを羽織って気分が悪くなってしまったりしないよう気をつけてくださいね。

洋装

最近は和装に比べて気軽に利用できる洋装が大半です。
スーツやワンピースなどが良いですね。色は黒や紺、グレーなどが一般的です。
アクセサリーはフォーマルなパールのネックレスがおすすめです。
髪型は清楚なまとめ髪などにし、髪色も金髪などは避け、落ち着いた色味にしましょう。
冬はコートを着用されるかと思いますが、神社で祝詞を上げてもらう際、神殿内では脱ぐのがマナーとなっていますので注意してくださいね。

お宮参りの主役はあくまで赤ちゃんですので、赤ちゃんよりも華美な服装はNGです。
授乳などのことを考えると、着慣れた洋装がおすすめです。

パパさん

和装

パパは赤ちゃんが正式な服装でもベビードレスでも正装・ブラックスーツなどになり、大半がスーツですが和装して赤ちゃんに揃えるおのも良いでしょう。
和装する場合は一つ紋か三つ紋の羽織に着物、袴を合わせます。

洋装

お宮参りに参列するパパの大半はスーツです。
フォーマルなブラックスーツやダークスーツが良いですね。
特に赤ちゃんが正式な服装の場合はブラックスーツを選ぶようにしましょう。
シャツやネクタイも白が基本でしたが、現在は色付きや柄の入ったものなどカジュアルなものに移行しています。

パパの服装はほとんどが洋装ですし、ママのサポートをすることを考えるとやはりスーツがおすすめです。

おばあちゃん

和装

赤ちゃんが正式な服装の場合は合わせて和装にするのが良いですね。
訪問着や色留袖、無地の付下を選ぶようにしましょう。
髪型も華美になりすぎないすっきりとしたまとめ髪が良いですね。

洋装

赤ちゃんがベビードレスの場合は、合わせてスーツやワンピースを選ぶようにしましょう。
色はママと同じく黒や紺、グレーが一般的です。
夏は通気性の良い生地のものを選び、冬はコートなどの羽織ものをしましょう。

おじいちゃん

和装

ほとんどの場合選ばれてはいませんが、和装をする場合はパパと同じく一つ紋か三つ紋の羽織に、着物と袴が基本です。

洋装

こちらもパパと同じで、赤ちゃんが和装の場合はブラックスーツをベビードレスの場合はダークスーツを選ぶようにしましょう。

その他親戚や知人

基本的に親戚や知人がお宮参りに参加することはないでしょうが、もし参加されるのであれば、両親や祖父母ほどきっちりした格好でなくて大丈夫ですよ。
例えば男性のスーツなら、ブラックスーツやダークスーツではなく、ビジネススーツでも問題はないです。
ただし暗めの色を選ぶようにしてくださいね。

ママへのおすすめの服装

赤ちゃんはもちろん、両親や祖父母、親戚それぞれにふさわしい服装をご説明させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。
ママの服装のおすすめは上記でも触れた通り洋装で、スーツやワンピースが良いでしょう。
赤ちゃんが洋装の時にママが和装にするのは赤ちゃんより目立ってしまうのでいけませんが、赤ちゃんが和装でママが洋装なのは大丈夫です。
なにより、普段から着慣れた洋装の方が授乳やおむつ換えなどのお世話がしやすいですよね。
授乳口ツキのフォーマルなワンピースもたくさん販売されていますから、それを利用するのも良いですね。
赤ちゃんが女の子ならママは黒、赤ちゃんが男の子ならママはグレーにすると、赤ちゃんの羽織の色が映えるのではないでしょうか。

お宮参りのママの服を購入する際のおすすめ通販サイト

Milk tea(ミルクティ)

ミルクティーは5年連続でネットショップ対象を受賞した優良なマタニティ・授乳服通販サイトです。
授乳がしやすく可愛いデザインの授乳服がたくさんあり、お宮参りにぴったりなフォーマルなワンピースやスーツが揃っています。
タイムセールやクーポンなどの割引がありますので、お宮参りに使える授乳服を比較的安価で購入することができますよ。
価格は3000円台から20000円までとなっており、色は黒や紺ももちろんですが、淡いピンクや白、ブルーやベージュなど様々です。
授乳口は縦のジッパータイプで、タックの中に隠されていたりと見た目には授乳服とわからないのが嬉しいですね。
当て布が付いているタイプは引き出して赤ちゃんの頭にかぶせれば授乳ケープいらずで便利です。

SWEET MOMMY(スウィートマミー)

スウィートマミーは人気雑誌mama-girlや赤すぐなどによく掲載されているおしゃれなマタニティ・授乳服通販サイトです。
ネットショップ大賞で受賞もしている優良サイトで、熊田曜子さんや加藤夏希さんのコラボアイテムなども多くあり、ママたちに人気です。
価格は8000円台から30000円ほどと少しお高めですが、タイムセールやまとめ買いなどを利用すれば安価で購入もできますよ。
色は白、黒、紺の他に淡いグリーンや紫、ブルーなどがあります。

赤すぐネット

出産育児雑誌の赤すぐの通販サイトです。
いろいろなブランドから厳選された商品がのっていますので、いろいろなサイトを見て回らなくても良いものが揃うのが嬉しいですね。
価格は3000円ほどから15000円ほどとお安め。
色は一般的な黒やグレーが多い印象です。

Angeliebe(エンジェリーベ)

エンジェリーベには綺麗でシンプルな授乳服が多いのですが、人気ですぐに売り切れてしまいますので気に入ったものがあれば早めに購入することをおすすめします。
色もフォーマルな黒や紺などが多く、パンツスタイルも多めです。
授乳口が脇の縫い目のところにあり、目立たないのも嬉しいですね。
価格もおよそ7000円台とお手頃です。

赤ちゃんの服装料金の比較

では次に、赤ちゃんの服装を購入する場合とレンタルする場合の料金についてご紹介しますね。

レンタルする場合

最近はどの写真スタジオでも比較的安価に祝い着をレンタルすることができます。
レンタルの良いところはお宮参りのあとの七五三でもそれぞれ別の衣装を着て記念に残せることですよね。
保管しておくスペースなども必要ないので、収納する場所がなくて困るという心配もないですね。
レンタルサイトなら平均4泊5日で、選ぶ掛け着によって5000円ほどから10000円ほどになります。
写真スタジオの場合、予約すると撮影料のみで祝い着をレンタルすることができます。
レンタルできる着物は限られますが、ほとんどのスタジオで翌日の正午までの返却なので、時間に余裕のある方にはぴったりです。
撮影料はどのスタジオもおよそ3000円台ですから、着物をレンタルできる手段としてはかなりお安いです。
ベビードレスならレンタルサイトで平均4泊5日が4000円ほどからこだわりのドレスだと15000円ほど、スタジオは祝い着と同じく撮影料となります。

購入する場合

祝い着を購入する場合、呉服屋でしたらおよそ30000円から50000円ほど。
良いものだと100000円からとかなり高額になってきます。
呉服店ですと家紋を入れる場合も安価でしてくださるところもあるようですよ。
祝い着を購入するメリットは、仕立て直して七五三などで再び着られるということです。
仕立て直しや七五三用の袴などには別途お金がかかってきますが、良い着物で記念日をお祝いできるのは素敵ですよね。
通販サイトなら20000円からと安価で購入できますが、実際に見ることができないので不安も残ります。
ベビードレスは金額の差が激しく、2000円、3000円ほどでセットになっているものから、有名ブランドやこだわりの素材で作られた10000円から50000円ほどのものまであります。

お宮参りでの服装の体験談

▼ 思い出に残るものだからと着物を着ていきましたが、着崩れを気にしたり慣れない草履で足元が少しおぼつかなかったりと、周りから見れば赤ちゃんを抱っこするには相当危なっかしかったと思います。
綺麗めのワンピースくらいの格好にしておけば良かったと反省しています。

▼ 母乳で育てていましたが、お宮参りの日だけ粉ミルクにして着物で参拝しました。
特に嫌がったりしなかったので良かったです。

▼ 掛け着の掛け方がわからなくてあたふたいてしまいました。
先に勉強しておけば良かったと後悔しました。

▼ お宮参りは赤ちゃんへの負担なども考えてさっさと済ませてしまい、今になっては1枚くらいスタジオで綺麗な写真を撮っておけば良かったなと思います。

▼ 1ヶ月後が真夏で暑いだろうと思い、少し和らいだ2ヶ月目くらいにお宮参りに行きました。
その間に結構重たくなってしまったので、おばあちゃんは抱っこが大変そうでした。

▼ 妊娠中に太ってしまい、産後も戻らなくてもともと持っていたスーツが着られず買い直しました。
写真に映った顔もパンパンで、もっと妊娠中から意識しておけば良かったなと思います。

▼ 参拝する神社によって、いただけるお祝いの品が違うのできちんと調べて選べばよかったと思いました。
私が参拝した神社では100日のお食い初めに使う石をいただきましたが、お膳のセットををいただける神社もあるそうです。

▼ 神社の授乳室がどこにあるのかをあらかじめ確認しておけば良かったです。
赤ちゃんが泣いてから慌てて探して、なかなか見つからず焦ってしまったので。

▼ お宮参りに行く直前にミルクをあげたので、お宮参りの最中はずっと寝てました。
ぐずってしまうと焦ってしまったと思うので、良かったと思います。

まとめ

お宮参りの服装についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。
お宮参りは赤ちゃんにとって一生に1度の大切なセレモニーですから、記念に残る素敵なものにしたいですね。
赤ちゃんの服装はまずはレンタルしてみるのも良い手ですね。
ママも出産を終えたばかりで体調がまだまだ本調子ではないかもしれませんから、あまり無理をするのは赤ちゃんにとってもママにとっても良いことはありません。
赤ちゃんとママの体調を第一に考えて服装を選び、ぜひ素敵なお宮参りにしてくださいね。

\\ 『お宮参り』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2016/08/18

お宮参り

お宮参りで知っておかないと恥ずかしい基礎マナーとは?時期や服装、相場価格まとめ

はな

3,869

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER