MUGYUU!ロゴ

お宮参りで赤ちゃんの成長の節目をプロの撮影で記録に残そう!

赤ちゃんの成長をお祝いする行事はたくさんありますが、中でも「お宮参り」はその土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、健やかな成長を願うお参りとして受け継がれてきた、とても大切な行事です。赤ちゃんにとってもまた、ご家族さまにとっても大切な節目となるお祝いなので、写真として記録に残しておきたい行事でもあります。
ですが、生後間もない赤ちゃんの撮影には不安もあります。
お宮参りの撮影はいつするのがいいのか? どこでするのがいいのか? いくらくらいかかるものなのか? など、気になることについて調べてみました。

お宮参りとは?

お宮参りは「産土参り(うぶすなまいり)」とも呼ばれ、その土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に参拝する行事です。
正式には男の子は生後31日め、女の子は生後32日めとしている地域が多いようですが、最近では赤ちゃんやママの体調、天候や休日などの都合によって決めることが多いようです。
ただし、お宮参りをするのは「赤ちゃんの一ヶ月検診を終えてから」が大前提となります。
赤ちゃんの身体の負担を考え、一ヶ月検診が終わるまでは極力外出を控えるようにした方がよいので、日程を組む際にはその点に気をつけるようにしましょう。
また、参拝する神社に関してですが、現在では「無事に生まれた感謝と健やかな成長を願う」、という意味合いが大きいので、住んでいる地域にはこだわらず、どこの神社で行ってもかまわないとされています。

お宮参りの写真撮影方法

お宮参りの写真は、当日に撮影することが多いようです。
お宮参り当日に「神社の近くの写真館を予約して撮影してもらう」「写真スタジオで撮影する」「プロカメラマンに神社まで来てもらって撮影する」などの方法があります。

出張撮影

プロのカメラマンに神社まで来てもらって撮影する方法です。
屋外での撮影になるので自然光の中で、より自然な表情の写真を撮影することができます。
スタジオでの改まった姿の写真よりも自然な写真を残したいと考える方にとっておすすめの撮影方法です。
ご祈祷の前に神社で待ち合わせ、境内や神社周辺で撮影することが多いですが、本殿での撮影を許可している神社であれば、ご祈祷の様子も撮影してくれます。
撮影が可能であれば、プロ目線で素敵な写真を撮ってもらえますので、参拝予定の神社に事前に問い合わせてみるとよいでしょう。

その際、神社によってはお祭りや結婚式などのイベントが予定されている可能性があるので、その点も合わせて確認するようにしましょう。
また、屋外での撮影になるので、当日の天候や赤ちゃんの体調などによるキャンセル、あるいは撮影時間の延長についてなども、事前打ち合わせての際に確認が必要です。
撮影料金は、写真館で撮影してお宮参りの写真セットを購入するのとさほど変わりませんが、データでの納品になるので、その分写真の枚数は多くなります。
東京近郊の方なら、「あおぞら写真館」、「フリーバード」、などの会社があります。フリーバードは他県への出張も可能です。
ただし撮影料金とは別に出張費が必要になるので、できればご自宅近くでプロカメラマンを探した方が費用は抑えられます。
様々な業者が出張撮影を行っているので、インターネットの検索サイトで「お住まいの地域 お宮参り 出張撮影」などのキーワード入れて検索してみるとよいでしょう。

 
▼ あおぞら写真館:http://aozora.capture.jp/

▼ フリーバード:http://www.freebird-photo.com/

撮影スタジオ

スタジオ撮影の利点は天候に左右されないこと、また、赤ちゃんだけではなく、兄弟姉妹の衣装も借りて撮影ができること、などがあげられます。
「スタジオマリオ」や「スタジオアリス」では、お宮参りの撮影終了後、衣装を着たまま外出することができるので、写真撮影のあとにそのまま神社へお参りに行くご家族も多いです。
撮影の流れとしては、まずインターネットや電話で撮影の予約をします。
当日来店して衣装を決め、着替えをしてから撮影となりますが、衣装は何回着替えても料金が変わらないので、何度か衣装を替えて撮影することもできます。
撮影終了後は、モニターなどで確認しながら写真を選んで商品を注文し、お会計となります。
写真撮影の後にお宮参りや会食などに行くのであれば、予約の時にその旨あらかじめお店の方に伝えておくとよいでしょう(衣装の返却方法は店舗によって違います)。
お宮参りセットなどの撮影プランだと30,000円代からのメニューがあります。
また、写真スタジオだと他のお客様がいるので落ち着かないという方には、たとえば東京でしたら「プレシュスタジオ」のような貸切型のスタジオもあります。
貸切なので撮影は比較的ゆったりと行われますし、また、持参したカメラで写真を撮ることも可能です(撮影に関してはスタッフの指示に従ってください)。
その他にも「お住まいの地域 お宮参り 写真スタジオ」などのキーワードを入れてインターネット検索すると、地域に根ざしたそれぞれ特徴のある写真スタジオを探すことができます。

 
▼ スタジオマリオ:http://www.studio-mario.jp/event/omiya/

▼ スタジオアリス:http://www.studio-alice.co.jp/shortcut/omiyamairi.html

▼ プレシュスタジオ:http://www.precieux-studio.com/

街の写真館

自宅近くの神社にお参りをする場合は、街の写真館で撮影するのもよい方法です。
赤ちゃんやお母さんにとっても移動の負担が少なく、また、費用も写真スタジオよりも抑えられているところが多いです。
老舗の写真館ですと、親子2代でお宮参りの写真を撮ってもらう、ということもあるかもしれません。
ただし、小さめの写真館だと、貸衣装や小物の準備が整っていないこともありますので、事前の打ち合わせで衣装や持ち物の確認をしておくことが大切です。

お宮参り 写真オススメの撮影方法

お宮参りの写真は一生に一度の大切な記念ですから、赤ちゃんが機嫌がよく撮影ができればそれにこしたことはありません。
赤ちゃんが泣き出さないようにするためにも、次の点に気をつけるようにしましょう。

赤ちゃんのお腹を満たしておく

写真撮影だけに限った話ではありませんが、赤ちゃん連れのお出かけのときに気になるのは赤ちゃんの食事です。
できれば撮影前に授乳やミルクは済ませておくようにしましょう。満腹になるとすぐに眠ってしまう赤ちゃんもいるのでタイミングがむずかしいのですが、空腹での撮影は避けた方が無難です。
特に母乳オンリーの赤ちゃんだと、生後一ヶ月くらいだと間隔もまだ短いし、撮影当日だけ粉ミルクというわけにもいきませんので、ママの衣服にも配慮が必要です。
大手の写真スタジオであればたいていの場合授乳ルームがありますが、神社で撮影する場合は自宅で飲ませてから出かけるか、遠方の場合は、念のため神社の近くで授乳できる場所があるかどうかなどを確認しておいた方がよいでしょう。

お気に入りのおもちゃを持っていく

写真スタジオの場合は赤ちゃん用のおもちゃを用意してあることがほとんどです。
ですが、泣き出してしまったときなどは、やはり赤ちゃんの使い慣れたおもちゃがあった方が泣き止む可能性が高いです。
特に、音の出るおもちゃは赤ちゃんの気を引くときにも使えて便利なので、お気に入りのおもちゃをいくつか持っていくようにしましょう。

赤ちゃんの体調を考慮する

写真スタジオの場合、撮影衣装を何回変えても撮影ポーズを何パターンとっても撮影料金は変わりませんし、また、わが子というのは何を着せてもかわいいので、親の心理としてはついあれもこれもとなってしまいがちです。
ですが、やはり生後間もない赤ちゃんにとって、写真撮影はかなりの負担になります。
撮影時間が長くなれば赤ちゃんも疲れますし機嫌も悪くなるので、撮影時間は短めにするよう心がけましょう。

写真撮影とお宮参りを別の日にする

お宮参りは生後1ヶ月ほどで行うことが多いですが、赤ちゃんの誕生日によってはその時期がちょうど真夏や真冬になってしまうこともあります。
神社は屋外なので、まだ体力のついていない赤ちゃんには、酷暑の強い日差しや底冷えするような寒さは体力的にとても負担がかかります。
お宮参りの時期が真夏や真冬になる場合は、撮影だけ先に済ませておいて、気候がよくなってからお参りをするという方法もあります。
また、お宮参りと撮影を同じ日にするというのは慌しくて落ち着かないという方は、お宮参りと写真撮影を別の日にしてもよいでしょう。

お宮参り 写真での体験

実際にお宮参りの写真撮影した方の感想をいくつか集めてみました。

▼ お店のスタッフさんの「購入されなくても、何着着ても無料ですから。
せっかくですので好きな衣装を着てくださいね」という言葉に誘われ、何着か着せてみました。
実際に着せて撮影すると、やはり衣装ごとの写真が欲しくなり予算をオーバーしてしまいました。
行く前に写真は何枚まで、と決めておけばよかったと思います。

▼ 両家の両親が揃ったので、集合写真も兼ねて写真館で撮影しました。
こういう時でないと全員での写真は撮らないので、よい機会になりました。

▼ 自分で撮ると泣いていたり寝ていたりすることが多く、目がパッチリとしている写真はほとんどありませんが、プロはやはりいい表情の写真を撮ってくれます。
写真を撮るときの赤ちゃんのあやし方や目線の取り方などがとても参考になりました。

▼ ちょうど七五三の時期と重なったせいか、予定時間より遅れてのスタートになりました。
待ち時間がかなり長くなったので授乳のタイミングがずれてしまい、車の中で授乳することになって大変でした。

▼ 主人の体調が悪く、むくんだ顔の写真になってしまいました。
赤ちゃんの体調管理だけでなく、大人の体調管理も大事だと思います。

お宮参り 写真まとめ

写真館やスタジオでの撮影が混むのは、七五三の時期の休日です。
また、休日でお日柄のよい日も予約が集中するので、そういう時の撮影を希望するのであれば、赤ちゃん機嫌がなるべくよい時間帯で撮影するためにも、早めに予約を入れるのがベストです。
日々の生活の中でパパやママが撮る赤ちゃんの写真は、いろいろな表情が残せてとてもよいものですが、赤ちゃんの成長の節目に家族全員で撮る写真にはそれとはまた違った良さがあり、後々のよい思い出になります。
お宮参りの写真撮影がご家族さまにとってのよいイベントになるよう、赤ちゃんに負担の少ない時期や撮影方法で計画をたててみてはいかがでしょうか。

\\ 『お宮参り』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2016/08/18

お宮参り

お宮参りで知っておかないと恥ずかしい基礎マナーとは?時期や服装、相場価格まとめ

はな

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER