MUGYUU!ロゴ

お宮参り後の食事はここがオススメ!掛かる費用や体験談まとめ

赤ちゃんが産まれて最初の大きなイベントであるお宮参り。
健診以外の初めてのお出掛けになることも多いのではないでしょうか。
小さな赤ちゃんが主役ですから、準備はしっかりしておきたいものですよね。

ところで、お宮参りの後の食事会については、もう計画していますか?
お宮参りの後には食事会を開くのが一般的ですが、赤ちゃんを連れての外食はまだちょっぴり不安ですよね。
当日は写真撮影も予定している場合が多いと思いますが、長時間のお出掛けで赤ちゃんが疲れてしまうことも考えなければいけません。

そこで、お宮参りの後の食事会は何処で開けば良いのか、自宅で開いても良いのか、そもそも開かなくてはいけないのか。
また、外食の場合はどんなお店を選べば良いか、そして食事の内容や費用の相場、また費用は誰が払うのが一般的かなど、気になるお宮参りの食事会についてまとめてみました!

お宮参りとは

お宮参りとは、赤ちゃんの成長を祈願する行事のことです。
地域によって異なりますが、男の子は生後31日〜32日、女の子は生後32日〜33日頃に、住んでいる地域の氏神様にお参りをするのが一般的です。

しかし、赤ちゃんが産まれた季節や、ママの産後の肥立ちによっては、日程をずらしたり住んでいる地域の氏神様以外の神社にお参りしても構いません。
生後100日頃に、お食い初めと併せてお宮参りを行う場合もあります。
いずれにしても、赤ちゃんやママの体調を優先し無理のないように日程やお参りする神社を選びましょう。

また、昔はお宮参りは父方の祖父母と行い、母方の祖父母からは祝い着を贈ってもらうのが慣例でしたが、最近では両家でお参りをしたり夫婦だけでお参りをするパターンも多く見られます。
さらに、当日赤ちゃんを抱っこするのは母方の祖母と決まっていましたが、こちらも現在では多様化しています。

あくまでもお宮参りの主役は赤ちゃんですから、日程もおまいする神社も、赤ちゃんの負担にならないように選んであげて下さい。
その上で、大切な赤ちゃんの一生に一度のおめでたい行事ですので両家とよく話し合い、皆が納得いくように執り行うのが良いでしょう。

お宮参りの食事パターン

お宮参り後の食事会は、まず外食なのか自宅で開くかの2パターンが考えられます。
自宅の場合は、食事を作るのか出前やお弁当を利用するのかに分かれますね。

それぞれの場合のメリット、デメリットについてまとめてみました。

外食の場合

メリット

外食のメリットは何と言っても、自分で用意せずに美味しい食事が食べられることです。
産後間もないママが、義両親や両親を招いての食事を準備するのは大きな負担ですよね。
また、産後ほとんど出掛けられなかったママにとって、久しぶりの外食は良い息抜きになるかもしれません。

デメリット

外食のデメリットは、赤ちゃんに必要な設備があるお店を探すのが大変なことでしょう。
授乳スペースやオムツ交換台、食事の席に赤ちゃんを寝かせておけるスペース、赤ちゃんが泣いてしまっても周りの迷惑にならない個室は必須です。
また、あまり小さいお店だと赤ちゃんが泣きやまない場合には迷惑になってしまい、ゆっくり食事ができないかもしれません。

自宅の場合

メリット

自宅で食事会をする場合は、いつもの風景で赤ちゃんが安心して過ごせるのが大きなメリットです。
お出かけの後ですのでぐっすり寝てくれるかもしれませんね。
もしママが疲れてしまっても、自宅なら途中で休めますし、授乳やオムツ交換も心配ありません。

デメリット

自宅のデメリットは、食事の準備をしなくてはいけない点です。
産後間もないママにとって、人数分の食事の準備は辛いものがあります。
せっかくのお祝いですから、頑張っておもてなししたいと思うかもしれませんが、体調とよく相談してください。

その点、出前のお寿司やお弁当にすれば楽ですし美味しいものも食べられます。
ただし事前の家の掃除や食事の手配、当日のお膳立て、後片付けは、やはりママにとって負担になってしまうかもしれません。
自宅で食事会を開く場合には、パパにも手伝ってもらうようにしましょう。

食事の平均的にかかる費用

お宮参りの食事会の費用はどのくらいが相場なのでしょうか?
いくら以上でなければいけない、という決まりはありませんが、だいたいの相場をシーン別にまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。

外食の場合

外食の場合はホテルや料亭などでコース料理を選択する場合が多いと思います。
ランチであれば1人あたり3,000円から5,000円程度が相場でしょう。
お宮参りの食事会を夜に行うことは少ないかと思いますが、ディナーであれば1人5,000から10,000円程度が目安です。

自宅の場合

自宅でお料理を準備する場合には、食材によって費用は変わってきますが、いつもより少し豪華な食事にすることが多いようです。
尾頭付きの鯛や、海老、お刺身の盛り合わせなどは、見栄えも良く食卓が華やかになります。
また、出前のお寿司や仕出し弁当の場合も、1人2,000円から5000円程度が相場のようです。
仕出し弁当では、お赤飯などが入ったお祝い膳や、お宮参り用のお膳が人気です。
いずれの場合も金額に拘る必要はありません。
外食であれば、金額よりも赤ちゃんが過ごしやすい環境を優先してください。
自宅の場合も、ママの負担にならないように体調と相談し、無理せず出前を活用すると良いでしょう。

食事代は誰が支払うのか?

お宮参りの後の食事代は誰が払うのが正しいのでしょうか?
実は、誰が払うといった決まりは特にありません。

例えば、祝い着は母方の祖父母から贈られたのであれば、食事代は父方の祖父母が払うといったケースが考えられます。
あるいは、両家からお宮参りの御祝儀をもらい、そのお礼も兼ねて食事代はパパが払うケース。
もしくは、両家で話し合った上、食事代は折半にするケースなどが一般的なようです。

また、食事代はパパが払うつもりで準備していても、当日、祖父母が払ってくれることもあるかもしれません。
どちらか一方の祖父母の顔を潰さないようであれば、子供や孫のために何かしてあげたいという心遣いですから、せっかくなので素直に甘えてしまいましょう。

そもそもお宮参りをパパとママだけで行う場合もあ
りますし、両家揃って行う場合、片方の祖父母だけ参加する場合など、そのスタイルは様々ですので、決まりは特にないのです。

何が正しいということも特にありませんので、それぞれの事情を考慮し、両家と話し合った上で決めると良いでしょう。

お宮参り後の食事会の体験談

和室の個室が便利

食事会は和室の個室を選びました。
赤ちゃんが泣いても他のお客さんの目を気にしなくて良いですし、座布団の上にタオルを敷いて、赤ちゃんをそのまま寝かせておけるのが便利です。
椅子だと、落ちるのが怖いので寝かせておけないですし、ずっと抱いているのは辛いので、和室にして大正解でした。

授乳室の有無

初めてのお出かけでまだ頻回授乳の頃でしたので、2時間もすると胸がパンパンに張って痛くなってしまいました。
幸い授乳室がありましたので助かりましたが、事前に確認しておけば良かったと思いました。
また、この日は粉ミルクで乗り切るつもりでしたが、万一のことを考えて、念のため授乳対応のワンピースで出掛けました。
もし普通のワンピースを着て行ってしまったら、授乳できないところでした。
お宮参りの日はフォーマルなワンピースを着る人も多いと思いますが、授乳対応のワンピースか、セパレートタイプの洋服を着ていくことをお勧めします。
両親や義両親との関係性によっては、食事の席が個室なら、授乳ケープなどを持参してその場で授乳しても良いかもしれませんが、できれば皆が居るところでの授乳は控えたいですよね。

オムツ交換台の有無

忘れてはいけないのはオムツ交換台の有無です。
いくら個室に家族だけとは言っても、食事の席でオムツ交換をするのは気が引けます。
予約する前に必ずお店に確認しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
お宮参りは産後1ヶ月のタイミングですから、ママはまだ体調が戻っていないかもしれませんし、赤ちゃんの状況によっては必ずしも食事会を開かなくてはいけないわけではありません。
もし両親が遠方からわざわざ来てくれているので、食事を開かずに帰すのは悪いと言うのであれば、自宅に招いて、お茶やお菓子を出すだけでも良いのです。
「本来なら食事会を開くべきだと思うが、産後間もないので申し訳ない。」一言お詫びすれば充分です。
とにかく、赤ちゃんとママの体調を第一に考えましょう。
また、両親から食事やお店のリクエストがあったとしても、まず個室があるか、禁煙席があるか、授乳室やオムツ交換台はあるかを確認してから返事をしましょう。
両親は子育てから随分時を経ていますので、意外と重要なことを忘れているものです。
無理して赤ちゃんに必要な設備が充分でないお店で食事をしても、結局皆が楽しめなくなってしまいます。
予約の際は、お店に小さな赤ちゃん連れであることを伝えるのも忘れないようにしてくださいね。

また、食事の費用を誰が払うかについては、正解はありませんが、後々問題が起こらないように、できれば事前に相談しておくのがベストです。
もしどちらかの両親が払うことになっていても、念のため、食事代を払えるくらいのお金は用意しておいた方が良いでしょう。
初めてのお祝いですから、両家と話し合った上で準備は万端にして、思い出に残るような席になると良いですね!

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER