MUGYUU!ロゴ

新生児の赤ちゃんの顔に突然ぶつぶつが・・・その正体とケア予防方法

ツルツルでふわっふわの赤ちゃんのお肌に突然ぶつぶつができた・・・!!
生後まもない赤ちゃんとの生活を楽しんでいたら今までなかったはずのぶつぶつが急に出てきて不安になることがあります。
小児科にかかるべき?どうすれば治るの?と心配は絶えない方も多いのではないでしょうか。
ここでは赤ちゃんの時期に起こりやすいぶつぶつの原因や対処方法について紹介していきます。

赤ちゃんの顔にぶつぶつ?原因と症状別のケア方法

6fe23ca30cb2043b39eece113853d871_s

突然のぶつぶつ!?その正体とは

生後2週間くらいから3ヶ月くらいまでに出やすい赤ちゃんの湿疹で乳児湿疹と呼ばれるものがあります。
ほっぺや首回りに赤みのあるポツポツとした湿疹がでたり(新生児ニキビ)、頭や額の眉毛付近、小鼻のまわりに黄色いふけのようなものがつきベタベタとしたかさぶた状やその下に赤い発疹ができることもあります(脂漏性湿疹)。
これはお母さんのホルモンの影響を受けて皮脂の分泌が過剰となることで起こります。
また過剰分泌の皮脂に汚れなどが混ざってこびり付き湿疹ができやすくなるのです。

乳児湿疹の種類とケア方法

11d0a30b7c85042ce52974a061797fcc_s

新生児ニキビ

生後1週間から1ヶ月の間に多く見られる湿疹で、ほっぺやおでこに赤いぶつぶつが現れます。
顔全体に広がり真っ赤になることもあります。
生後まもない時期はお母さんの女性ホルモンの影響を受けることで皮脂の分泌が過剰になり毛穴などが詰まってしまうことによって起こります。
思春期のニキビと同じような肌の状態となりますが、赤ちゃんの場合にはよりお肌が繊細なので日々のケアが大切となってきます。
具体的なケア方法として、清潔を保つことが最も大切になるので日々の洗浄を見直すとよいでしょう。
顔に石鹸を使うことに抵抗がある人やお肌のトラブルがある場合には刺激をさけるため石鹸は使用せずに洗浄を行った方がよいとの考え方もあります。
しかし、この湿疹の場合には皮脂の過剰分泌によって毛穴が詰まることで起こっているのでこの原因を除去することが大切です。
この場合、石鹸を使用し洗浄を行います。
ただし絶対にゴシゴシこすらないようにしましょう。
赤ちゃんのお肌は大人よりも薄く繊細ですので摩擦によって荒れの原因となってしまいます。
また石鹸成分がお肌に残ってしまうとこれもまた肌荒れの原因となってしまうため石鹸洗浄後には十分に水で洗い流してあげましょう。
また洗浄の頻度ですが、赤ちゃんの洗顔は入浴時のみでよいとする育児書もありますが、新生児ニキビがある場合には朝晩の2回(朝洗面のみ、夜は沐浴時)など頻度をあげてお肌の清潔を保ってあげるとよいでしょう。
ここまで洗浄の重要性について述べてきましたが、それだけで終わってしまうと十分な効果を得ることはできません。
適切な洗浄とともに重要なのがその後の保湿ケアです。
洗浄により余分な皮脂や汚れを落としたらベビーオイル等で保湿を行います。
洗浄したままにしておくと皮脂が除去された状態でお肌の乾燥が進んでしまい外からの刺激に弱くなってしまいます。
また身体が皮脂が不足していると判断するとさらにお肌を守ろうと皮脂を分泌してしまうので悪化の原因となります。

乳児脂漏性湿疹

生後4ヶ月頃までに現れやすい、黄色いかさぶたのようなものやふけのようなものが出てくる湿疹です。
顔面や頭部にみられます。
これも新生児ニキビと同様にお母さんのホルモンの影響を受けることで皮脂の分泌が過剰となり、それがお肌の表面や毛穴に詰まって溜まってしまうことで起こります。
この場合にも新生児ニキビと同様に十分な洗浄で清潔を保つことが大切となりますが、脂漏性湿疹のかさぶたはなかなか頑固でいつも通りの洗浄では落ちにくいことが多いです。
脂漏性湿疹の場合には洗面や入浴前にベビーオイルなどでパックを行うとよいでしょう。
入浴や洗面の15分くらい前にベビーオイルなどを脂漏性湿疹の部分に塗布し、なじませます。
15分ほどおいてかさぶたが柔らかくなったら洗浄を行いましょう。
この時なかなか取れないからと力を入れてかさぶたをはがすのは絶対にしないでください。
お肌を傷つけてしまうことがあります。
脂漏性湿疹のかさぶたは一度や二度のパックや洗浄では取りきれないことが多いので気長にケアを続けていくことが大切です。
また洗浄後は必ず保湿ケアもセットで行ってあげてくださいね。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは2ヶ月以上慢性的に経過する痒みを伴う湿疹のことを言います。
乳児期の特徴としては、顔面や頭部から発症し、特に頬部、口周囲に痒みをともなって強く現れることが多いとされています。
また耳たぶの部分にいわゆる耳切れが見られることが多いです。
顔面から始まる湿疹は、首から前胸部へ広がる傾向があり強い痒みも伴うため、赤ちゃんは湿疹部分をかき壊してしまい、さらに悪化して感染を引き起こしじゅくじゅくした状態となっていきます。
痒みが強いと機嫌が悪くなり、ぐずる時間が長かったり寝つきが悪くなったりします。
これらの症状が2ヶ月以上慢性的に良くなったり、悪くなったりを繰り返します。
また、乳児期は食物アレルギーに関連して症状が出現することが多いです。
治療としては原因物質の検索と除去、スキンケア、薬物療法があります。
それぞれ適切な対応が必要となるので慢性的に続く湿疹が見られるのであれば皮膚科や小児科を受診し、その後の対応や治療について指示を受けましょう。

食物アレルギーによる湿疹の症状

食物アレルギーでは、原因となる食物(アレルゲン)を食べた時、体に吸収されたアレルゲンが血流にのり全身に運ばれるため、様々な場所でアレルギー反応が起こり症状が出現します。
皮膚症状だけをみると皮膚にボコボコとした蕁麻疹が出たり、皮膚が赤くなったり、痒み、湿疹が悪化するなどの症状がみらることがあります。
よほど強い症状でなければ皮膚症状のみの場合徐々に落ち着いていくことがほとんどです。
赤ちゃんの場合には今後の対応等の検討も必要となりますので小児科受診をした方がよいでしょう。
皮膚症状のほかにも食物アレルギーの症状として唇や目の周りなどが腫れたり、咳やゼーゼーがでたりすることがあります。
この場合にはすぐに受診しましょう。
粘膜に症状がでている場合にはその後症状が進行することで喉の粘膜にも症状が出る可能性もあるため窒息の危険性も考えられます。

自宅ケアで気をつけたいことは?

akachan_mokuyoku
上記でも述べていますが、湿疹を起こしている場合にはお肌の清潔を保つことと十分な保湿が重要です。
赤ちゃんの繊細なお肌は様々なものが刺激となります。
ゴシゴシ洗ってしまうと摩擦が刺激となってしまう為、洗浄に関しては十分に泡立てた石鹸類を用いてこするのではなくお肌に泡を乗せて泡を転がすようなイメージで行うとよいでしょう。
またせっかく石鹸を使って綺麗にしても石鹸成分が残っていたら逆効果なのでしっかり洗い流すことが大切です。
もういいかな?と思ってから2~3回多く洗い流しを行うとよいでしょう。
この時生え際など洗い残しやすい部分が綺麗になっているか確認を行いましょう。
目に入りそうで石鹸を使うことに抵抗がある場合は、目の周りだけ石鹸をさけて洗浄をおこないましょう。
皮脂の分泌が多い額や頭部など湿疹が強い部分はしっかり洗ってあげてください。
bc573b2452920f27caf9c09d6f6ad0a5_s
洗浄の際にゴシゴシ洗わないと述べましたが、これは拭き取りの際にも同様です。
タオルドライの際にもゴシゴシ拭いてしまうとお肌の刺激となってしまう為タオルドライは押し拭きで行いましょう。
保湿に関しては日々こまめに行っているのによくならない!という方がいます。
この場合保湿剤の量が十分か確認が必要です。
軟膏タイプのものであれば人差し指第一関節分でその人の両手のひら分の面積が目安となります。ローションタイプであれば500円玉大で大人の両手のひら分くらいです。
赤ちゃんの全身の保湿を行おうとすれば1度の量では足りないと思います。
今一度保湿剤の使用量を再確認してみてくださいね。

病院に行く目安は?

byouki_akachan_denwa
乳児湿疹で軽く赤みがあったり、黄色いかさぶたが出来ている程度であれば上記で紹介した自宅でのケアを行ってみてはいかがでしょうか。
しかし、1週間程度ケアを続けているのに改善がみられない、または悪化している場合や湿疹がじゅくじゅくしてきたなどの様子がみられた場合は速やかに受診し医師の指示を仰ぎましょう。
また上記のアトピー性皮膚炎の項目であったように2ヶ月以上にわたって慢性的に繰り返す湿疹や離乳食摂取に伴って症状が変化する湿疹についてはアレルギー性の疑いも出てくるため受診し医師の診察を受けるとよいでしょう。

乳児湿疹と母乳は関係あるの?

33f0988fcd3324aa84d49beea0cd52d4_s
乳児湿疹はお母さんのホルモンの影響によるものなので気をつけていても症状が出てしまうことがあります。
バランスのよい食生活をしている場合には神経質に心配することはありませんが、食生活に偏りがある場合には注意が必要です。
例えば甘いお菓子やケーキ類、油っぽいものを多量に摂取している場合、このような食生活では脂質や糖質の摂取が多くなってしまいます。
お母さんの食生活で母乳の質が変化するため偏った食事をすることで赤ちゃんの湿疹に繋がってしまう場合があります。
またタンパク質を多量に摂取した場合にも赤ちゃんの湿疹に影響を及ぼす場合があるとされているので注意しましょう。
いずれにせよ食生活ではバランスが大切ということです。

湿疹が出ている時に気をつけたい食べ物

teatime_cakestand
上記で述べた通り、脂っこいものや糖分・脂肪分の高い食事は赤ちゃんの湿疹に影響を及ぼすだけでなく、乳腺炎等のおっぱいのトラブルを引き起こす可能性があるため注意が必要です。
また特定の食材を摂取した際も母乳で赤ちゃんの湿疹が悪化する様子がみられる場合には医師の指示のもとお母さんの食生活も制限される可能性があるため医師に相談してみるとよいでしょう。

まとめ

1e823aa19ab546f0843a70700ea50de2_s
ツルツルふわふわの赤ちゃん肌にぶつぶつや赤みが急に出てきたらびっくりしてしまいますよね。
皮膚が薄くて繊細な赤ちゃん肌を守ってあげるためにはお母さんお父さんの日々のケアがとても大切になってきます。
またスキンケアは赤ちゃんとの大切なスキンシップにもなるため大切なスキンシップの時間を楽みながらお肌を守って行ってあげてくださいね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER