MUGYUU!ロゴ

668

みんなでお祝い!子供のお誕生日パーティーは最高のプレゼントにしよう!

赤ちゃんには生まれてからたくさんのお祝いが待っています。
お宮参りにお食い初め、初節句、お誕生日、などたくさんのお祝いごとがあります。
特にお誕生日は、年に一度のスペシャルデーです。
一歳のお誕生日は家族と過ごすことが一般的ですが、子どもがある程度の年齢になったら、お友だちをお招きしてパーティーをするのはいかがでしょうか?
幼い頃に仲のよいお友だちをお招きして一緒にバースデーパーティーをした記憶は、大人になってからも楽しい思いで出として心に残ります。
パーティーといっても、会場を借りての大掛かりなパーティーでなくて構いません。
お友だちをお招きして、ママの飾りつけでいつもよりも華やかになったお家でするアットホームなパーティーは、お子の記憶に残る何よりも素敵なプレゼントになります。

1歳のお誕生日会

1歳のお誕生日には「一升餅」や「選び取り」という伝統的なお祝い事がありますので、おじいちゃんおばあちゃんを招いてのパーティーがおすすめです。
孫の成長を誰よりも喜んでくれる祖父母にとっては何よりもうれしいプレゼントになります。

一升餅

 
「一生(一升)食べ物に困りませんように」、「丸いお餅のように円満な人生を送ることができますように」という願いが込められたお祝いの行事です。
一歳のお誕生日に一升のお餅を風呂敷で背負わせるのですが、最近では風呂敷ではなく、リュックに入れて背負わせることも多いようです。
昔ながらの風呂敷で背負わせるときには、肩から反対の脇の下を通して斜めに背負わせ、首が絞まらないように注意してください。
一升のお餅は2kgもあるので、お餅を背負った赤ちゃんは立てないこともあります。
ですが、このお祝いでは、立てば立てたことを喜び、立てなければ親元に長くいてくれると喜び、泣いてしまっても泣けば泣くほど元気に育つとされています。
立っても立てなくても、転んでも泣いてしまったとしても、赤ちゃのどのような反応にもみんなで一緒に喜びましょう。
一升餅は「寿」の文字や名前を書いた丸餅が一般的ですが、通販などではキャラクターのついたものや、切らずにすむタイプのものなど豊富に種類がありますので、形にこだわらずお好みのものを選ぶとよいでしょう。

選び取り

複数並べた品物の中から、赤ちゃんが最初に何を選ぶかによって才能や将来の職業を占うというお祝いの行事です。
並べる品物は「そろばん、筆、お金」、が一般的ですが、この3つにこだわることはありません。
そろばんは電卓でもいいし、筆はクレヨンや鉛筆でもいいでしょう。
またはパパの職業を連想させるようなものやお家にある調理道具や文具などを並べ、将来を予想してみるのも楽しいですね。

ケーキ

1歳のお誕生日の頃の赤ちゃんはまだ離乳食の時期なので、大人と同じようなケーキは食べられません。
ですので、離乳食期の赤ちゃん用のケーキがあります。
イベント用のケーキを作ってくれる洋菓子店や、お取り寄せのケーキを注文するのもよいでしょう。
また、クックパッドなどで検索すると、1歳のバースデーケーキのレシピがたくさん紹介されています。
料理が好きなママさんは手作りしてみてはいかがでしょうか。

食パンとヨーグルトのケーキ

▼ 材料 
・食パン(薄切りタイプのものがおすすめです)
・ヨーグルト
・バナナ(ケーキに挟む用)
・ボーロ
・フルーツ(上に飾る用)

▼ 作り方
1:ヨーグルトをキッチンペーパーを置いたざるにあけ冷蔵庫で一晩ほどおく。(水を切る)

2:食パンを丸くカットする(コップなどで型をつけ、キッチンバサミで切ると簡単です)。

3:パンとパンの間にヨーグルトとうすくスライスしたバナナをのせる。これを何段か繰り返します。

4:周りをヨーグルトでコーティングする。

5:ボーロとフルーツで飾りつける。

*盛り付けるお皿の上で直接作るようにするとよいです。

パーティーをする際の準備するもの

パーティーをするお部屋を華やかに飾りつけると気分も盛り上がります。
比較的簡単に作れるパーティー用の飾り付けのアイデアをいくつかご紹介します。
材料は100円ショップなどで揃えられるものも多いので、お部屋をパーティー用に飾り付け、華やかな雰囲気を楽しみましょう。

レターバナー

「HAPPY BIRTHDAY」の文字や名前のアルファベットを糸などでつなげたものです。
少したるみを持たせて壁にピンなどでとめて飾ります。

▼ 材料
・フェルト(または厚紙)
・コピー用紙
・針と糸

▼ 作り方

1:作りたい文字をコピー用紙に印刷します。

2:印刷したコピー用紙の文字に合わせてフェルトを切り抜きます。

3:針と糸でフェルトを通します。

文字だけでなく、星型やペナント型など好きな形に切ってつないでもかわいいです。
お誕生日用キットとして販売されているものもあります。

ペーパーフラワー

小学校のイベントなどでよく見かけけるお花の飾りです。
レターバナーと一緒に壁に飾ったり、天井から吊るしたりすると華やかな雰囲気が出ます。
普通に作ると学校で見る花飾りになってしまうので、少しアレンジを加えましょう。
ポイントは使う紙の枚数を多め(20~30枚)にしてボリューム感を出すこと、両端を丸くしたり波型に切ること、の2つです。
材料となる紙は「お花紙(花紙)」として売られています。

バルーン

カラフルな風船を床にたくさん置いておくと小さい子が喜ぶ飾りになります。
風船の結び目に細めのリボンをつけて天井から下げると風船がしずくの形になるのでおすすめです。
ヘリウムガスを使って膨らませて部屋に浮かせたり、ベビーチェアーに結んでも可愛いです。
また、大きな数字のバルーンは赤ちゃんに持たせたり横に立たせたりできるので記念撮影には最適な飾りになります。

ウォールステッカー

簡単に貼ってはがせるインテリア用のシール・ウォールステッカーもおすすめです。
誕生日なら「HAPPY BIRTHDAY」の文字や風船やケーキなどのステッカーを壁や窓ガラスなどに貼ってみましょう。
また、身長計付きのウォールステッカーは子どもの成長を実感できるよいアイテムです。
昔のように柱に名前を書いたりできない場合は、ウォールステッカーを貼って身長を記録しておくとよいでしょう。
毎年のお誕生日に身長を記録して一緒に写真を撮れば、身長の伸び方がわかって誕生日のよい記念になります。

マスキングテープを使ったウォールデコ

和紙でできているマスキングテープはとても便利なデコレーショングッズです。
直線を活かして、壁に「HAPPY BIRTHDAY」などのメッセージをかくことができます。
曲線の部分は小さく切って貼るとよいです。

*ステッカーやマスキングテープを貼るときには、目立たないところで貼ってみて、剥がす時に壁紙が破れないかを必ず確認するようにしてください。

かぶりものグッズ

パーティー気分が一気に盛り上がるのが帽子アイテムです。
市販のもので揃えるのもいいですが、最近人気の「王冠」を手作りしてみるのはいかがでしょう。
柔らかいフェルト布で作る王冠なら小さなお子さまにも安心です。
基本の作り方はフェルトを切って手芸用ボンドで飾りを貼るだけです。
小さめに作って頭にちょこんと乗せ、リボンなどであごの下で結ぶか、ヘアピンで固定してあげるとよいでしょう。

テーブルセッティング

いつものテーブルにテーブルクロスをかけるだけでもがらりと雰囲気が変わります。
ポイントはカラーやテーマを決めて紙皿や紙コップ、紙ナプキンなどのペーパーアイテムを揃えることです。
プラスチックのカトラリーもカラフルな紙ナプキンで包むとおしゃれに見えます。

友達を呼ぶ際に招待する方法

お子さんが幼稚園などに通う年齢になると、お友だちを呼んでパーティーをするようになることもあります。
仲良しのお友だち同士でパーティーにお招きしたり招待されたりするのは、子どもにとっても楽しみなことです。
誕生日は毎年のことなので、事前にやるべきことの流れがわかっていると準備もすすめやすいです。
お子さまと相談しながら楽しく準備をすすめていきましょう。

1ヶ月前

まずは日時を決めましょう。
当日お昼が必要な時間帯にすると、招待された側のお家の人が気にすることもあるので、平日の午後にするのがおすすめです。
時間は2時間くらいを目安にするとよいでしょう。
次に誰を招待するのか決めます。
年長さんまでは親が同伴し、小学校にあがってからは子どもだけで参加するのが一般的です。
ご兄弟がいる子は兄弟の参加の有無も合わせて確認するようにしましょう。
子どもだけの場合、あまり多すぎても大人の目が行き届かなくなってしまうのでお子さんとよく相談しましょう。
招待する子が決まったら招待状を出します。
招待状は誕生会の日時や場所を知らせるものですが、期待感を高めてくれるのであった方がよいでしょう。
招待状には、出欠の返事をいつまでにしてもらうのかも忘れずに記載してください。
招待状を渡すときには、お友だちを全員呼ぶわけではないので、タイミングを見計らって渡すようにしましょう。

2週間前

招待した子の出欠を確認しましょう。
連絡がない場合はこちらから電話やメールをするようにします。
また、おもてなしのメニューもこの時期には決めるようにしましょう。
キッズパーティーの定番はピザやフライドポテト、スティック野菜、ウインナー、ポテトチップス、ポップコーン、クッキー、カットフルーツなどがあります。
最近は食物アレルギーのある子もいますので、アレルギーの有無は確認した方がよいでしょう。

子どもが招待された場合

子ども同士の約束はあやふやなことが多いので、まずは先方に連絡して詳細を把握します。
「(子どもが)お誕生日会に誘ってもらったようなんですけれども……」のような感じで確認するとよいでしょう。
プレゼントや持ち物などは、他にお呼ばれしている子のママさんに相談するのがベストです。
たとえばひとりだけ高価なものをプレゼントに用意してしまうと、後々わだかまりとなってしまうこともあるので注意が必要です。
子どもだけで行く場合は、先方にお伺いしたときのマナーとして最低限のあいさつ「おじゃまします」、「いただきます」、「ありがとうございます」をきちんと言うように、子どもとしっかり話しておきましょう。

パーティーでの遊び

キッズパーティーで印象に残るのは、部屋の飾りつけやケーキよりも「遊び」です。
「黒ひげ危機一髪」は年齢を問わずに楽しめるゲームの定番ですが、その他にもみんなで楽しめるような遊びをいくつか考えて準備しておくようにしましょう。

宝探しゲーム

年齢を問わず楽しめます。
小さな袋にキャンディーやグミなどのお菓子、またはスーパーボールや消しゴムなど、子どもの年齢に合わせたものを入れて「宝もの」をいくつか用意します。
それを「子ども部屋」とか「リビング」などエリアを区切って事前に隠しておきます。
写真立ての後ろやクッションの下など、子ども目線で捜しやすいところに隠してください。
宝ものは見つけた子へのプレゼントにします。

パス・ザ・パーセル

まず包装紙や新聞などでプレゼントを何重にも包みます。
その際、包装紙と包装紙の間にはお菓子やおもちゃを何個か挟むようにします。
これがパーセル(包み)です。
遊び方は、まず子どもたちが輪になって座ります。
そして、パーセルを音楽に合わせてとなりの子に回していきます。
音楽が止まったときにパーセルを持っていた子が一番外側の包みを一枚だけはがします。
出てきたお菓子やおもちゃはその子がもらえます。
そしてまた「音楽を流して、曲が止まった時に持っていた子が包みを一枚だけ包みをはがして、出てきたものをもらう」を繰り返します。
途中で並び順を変えたり、曲の長さを変えたりして、必ず全員が何かをもらえるようにするとみんなで楽しめます。
最後のプレゼントはちょっと特別なものにして、誰にあたるかわからないように、子どもの方をみないで曲をとめるとさらに盛り上がります。

誰が何をした

小学生の子どもむけの遊びです。
メモ用紙と箱(もしくは紙袋)、鉛筆を用意します。
子どもたちに「いつ」「どこで」「誰が」「何をした」のワードをメモ用紙に書いてもらい、それぞれ集めます。
集めたらくじ引きのように子どもたちにひいてもらい、書かれたワードをつなげて「いつ、どこで、誰が、何をした」と文章を完成させます。
バラバラに書いたものを集めると面白い文章ができるので大人も一緒に楽しめます。

夏ならではの遊び

夏ならではの遊びとして縁日ごっこやカキ氷デコも楽しいです。
スーパーボールすくいやヨーヨー釣りはキットで売られていますので、小さいビニールプールなどに水を入れてお家でも楽しむことができます。

お誕生日 パーティーの体験談

▼ 子どものお誕生会を実際にやってみた方の感想をいくつかまとめてみました。
パーティーを開くときの参考になさってください。

▼ 一週間くらい前から子どもと一緒に少しずつ部屋の飾り付けを始めたので、お誕生日会にむけてのテンションがあがってよかった。
当日、テーブルの上がいっぱいになってしまってちょっと大変だったので、事前にテーブルセッティングを確認しておけばよかった。

▼ 来てくれた子のお土産用にお菓子の袋詰めを用意しておいて帰りにあげた。
とても喜んでもらえたのでよかったと思う。

▼ 通販でグッズを検索するとかわいいものがたくさんあって、つい買いすぎてしまった。
最初に予算を決めて、その範囲内で買えばよかったと思う。

▼ ジュースをこぼしてしまった子がいたので、すぐに対応できるように布巾や雑巾は多めに用意しておいた方がいい。

お誕生日まとめ

お誕生日というのはいくつになっても特別な日です。
ですからつい力が入ってしまうものですが、毎年あることなので準備をがんばりすぎないことも大切です。
派手な飾りや豪華なケーキがなくても、大好きな家族やお友だちから「お誕生日おめでとう!」とお祝いしてもらえば、それだけでお誕生日会は大成功です。
体調を崩してせっかくのパーティーが開けなくなってしまうことのないようよう健康管理には十分気をつけて、パーティーを楽しみましょう。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER