MUGYUU!ロゴ

トイレトレーニング「踏み台」の選び方!トイレタイムが嫌いにならないようサポートするおすすめ商品はこれ!

トイレトレーニングの方法やグッズは色々ありますが「買ってよかった、案外便利だった」という声の多いのが踏み台です。
とはいえ、踏み台にも色々なタイプのものがありますから、どれが使いやすいのか迷うところです。

踏み台にはどんなタイプがあるのか、実際に使ってみてどうなのか、先輩ママさんたちの声も参考にしながら、踏み台について考えてみましょう。

トイレトレーニングとは

トイレトレーニングの最終目標は大人と同じトイレで自分ひとりで用を足すこと。
そのために、
・おまるを使う
・補助便座を使う
・最初から大人用のトイレを使う
など、いろいろな方法で練習をするのがトイレトレーニングです。
そしてそのトレーニングのサポートグッズとして多くのママさんが愛用しているのが「踏み台」です。

 

踏み台とは?

shutterstock_339099698

トイレトレーニングで使う「踏み台」とは、子どもにとっては高い位置にあるトイレの便座に自分で座るために登る台です。

まだ背の小さい子どもにとって、便座に座るというのは、「よじ登る」という感覚になるので、まさに至難のわざです。
トイレに行きたくて行ったのに、そこで時間がかかってしまうのは子どもも可哀想です。

「子どもがトイレに行くたびに大人が座らせてあげる」という方法もありますが、日中ひとりで子どもを見ていることが多いママさんにとっては、それもなかなか大変なことです。

中腰のまま、それなにりに重くなった子どもを抱っこして便座に座らせるのは、腰にも負担がかかってしまいます。
そんな時のお助けグッズとして子どもが便座にひとりで座れるように、階段の役目をしてくれるののが「踏み台」です。

踏み台の種類

7f8977b43002c03156226c0eb7240f70_m

踏み台といってもシンプルなものや機能的なものなど、いろいろな種類があります。

段差がないもの

四角いシンプルな箱型のものや、トイレのカタチに合わせたくぼみがあって、トイレの前面を囲むようにして両サイドまで底上げできるタイプのものもあります。
使わないときには場所をとらないよう、折りたためるタイプのものもあります。

ステップ付き

階段のような段差がついているもの、はしごのような形状になっているタイプのものがあります。
段差が低いので小柄なお子さんにも安心です。

補助便座一体型

補助便座と、はしごのようなステップ台が一体になっています。

両サイドに置くタイプ

小振りの台が2個セットになっていて、トイレの両サイドに置きます。

2way踏み台

ふた付きになっていて、ふたを閉めると普通の踏み台として使えるタイプです。
耐加重も高めで、しっかりした作りになっているものが多いです。

以上5種類の踏み台があります。
お子さんの様子を見て、もしうまく踏ん張れないようでしたら、両サイドに足がしっかり置けるタイプの踏み台を使ってみることをおすすめします。

おすすめの踏み台・ステップ5選

先輩ママさんに人気のあるおすすめの商品をピックアップしてみました。
選ぶときの参考になさってください。

イケア フォルシクティグ 子供用スツール

無駄のないシンプルなデザインの子ども用スツールです。
ステップ面には事故防止のためのドットが施されていて、見た目にもおしゃれです。
底面にも滑り止め加工がしてあるので安心して使えます。
便器のカタチに添うよう丸みがあるのもうれしいポイントです。

錦化成 ツーステップ

2段式の踏み台です。
軽い素材でできているので、子どもの力で持ち運びが可能です。
裏には滑り止めがついているので安心、カラーはイエロー、ブルー、レッドの3色があります。
リーズナブルな価格も魅力です。

KETER ToiletTrainer トイレトレーナー

補助便座とステップが一緒になった組み立て式のトイレトレーナーです。
折りたたみ式なので場所をとらず、使っていないときは壁に立てかけておけるので便利です。
ただ、トイレのサイズによっては使えない場合があるので、その点に注意が必要です。

ベネッセ 足が浮かずにしっかり踏ん張れるトイレ用ステップ(持ち手付き)

5170011290010000_h11

引用:http://shop.benesse.ne.jp/

便座に座ってから踏ん張るときに使うステップです。
足が浮いてしまうと踏ん張れない子におすすめです。
本体はダンボール製なので軽くて扱いやすく、使わなくなったときの廃棄も簡単です。

手づくり工房かくれんぼ 入園までにおむつ外し 2wayタイプ

キャプチャ

引用:http://www.rakuten.co.jp/?l2-id=shop_header_logo

ステップ台と踏ん張り台を組み合わせた踏み台です。
U字に切り取られた天板がトイレの周りを取り囲んでいるので、トイレが怖いというお子さんにも安心です。
抗菌仕上げで折りたたみ式、滑り止めも付いているので安心です。
子どもが使わなくなった後も天板に付属のふたを取り付けて、大人の作業用踏み台として使うことができます。

以上オススメ商品5選でした。
ここでは、「踏み台」の紹介ですが他にもトイレトレーニングをする際に便利なアイテムが沢山あります。

踏み台開始年齢

1033516ba246eee8b1abcdf81af2135a_m

踏み台を使用すると言う事は、子どもがトイレに行けるようになったタイミングで使用します。

・ひとりで歩けること
・おしっこの間隔が2~3時間あくこと
・言葉もしくは仕草で、トイレに行きたいという意思表示ができること

をクリアしてから始めるのがポイントです。

そうでないとトイレトレーニングの期間が長くなって子どもとママの負担が増えてしまいます。

ですから、「何歳になったらはじめましょう」ということはありません。
実際には、お子さんが2回めの夏を迎える頃に始めるママが多いようです。

お子さんの生まれ月によってはかなり早い段階でトレーニングを開始することになるので、この場合は「子どもの興味を引くような踏み台を使って、ためしにトイレに誘ってみる」くらいの大らかな感覚でチャレンジしましょう。

男の子の場合

82250cba41cc261415c5d44eb085f970_m

男の子のトイレは立ったままする事もありますよね。
ご家庭のトイレ事情にもよりますが、立っておしっこをする場合は、たとえば着替えのタイミングなどでトイレに誘って踏み台の上に立たせてみるという方法もあります。

タイミングが合ってうまくできたらラッキー、くらいの感じで少し早めの時期にチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

洗い方のコツ

b5529271c80bacf52e36bf069c0bd284_m

小さな子どもが使うものですから、汚れるのは当たり前のことです。
ですから失敗して汚してしまっても大丈夫なように、簡単に水拭きができる素材のものが理想です。

・シンプルで小さめ
・プラスチック製
・お風呂場などで丸洗いすることができる
以上の3点が揃っている踏み台がオススメです。

大きめのもや紙製、木製のものは水拭きやおそうじシートなどでこまめに拭くようにしましょう。

使用上の注意

9ec359da2d6f0e8347880b7dca929374_m

踏み台を選ぶときには、安全面に配慮したものを選ぶようにしましょう。

裏面はもちろん、足を乗せるところにも滑り止めの加工がしてあるものがおすすめです。
もし踏み台が滑ってしまった場合、幸いなことにケガがなかったとしても、お子さんが怖い思いをしてしまうと、それが原因でトイレトレーニングが進まなくなるケースもあります。

また、踏み台を選ぶときには高さを合わせてあげるようにしましょう。
プラスチックのシンプルなものだと16cmくらいのものが使いやすいようですが、この高さだと低すぎて便座に座りにくかったり、座ったときに足が届かなくて不安になってしまう子もいます。

まとめ

トイレトレーニングは子どもが成長していくために欠かせないステップです。
親も子もなるべくストレスを少なくすすめたいものですよね。

踏み台はそのためにとても便利なグッズです。
カラフルなものやキャクターものなど、種類も豊富にありますから、お子さんのお気に入りの踏み台を探して、楽しいトイレタイムになるようサポートしてあげてくださいね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER