MUGYUU!ロゴ

1,044

トイレトレーニングは、男の子と女の子で方法が違うの?そのやり方と対策方法とは

お子さんが男の子と女の子2人いる場合「男の子と女の子で教え方が違うのかな?」っと疑問に思うママさんいませんか?

特に男の子のお子さんがいるママにとって、男の子の排泄の方法って未知な部分もありますよね。
ここでは男女によってトイレトレーニングの教え方が違うのかご紹介していきます。

トイレトレーニングとは?

おむつをはいている子供が、おむつに排泄するのではなく大人と同様にトイレでの排泄ができるようにするトレーニングのことです。
昔は主に「おむつはずし」と言われていました。

トイレで男の子と女の子の違いは?

b5499c01c8ce1822d504bfb4317d8bd8_m

トイレをする時の男の子と女の子の体制を分かりやすく表でみてみましょう。

性別/体制(大小) うんち(大) おしっこ(小)
男の子 座る 立つ(※3歳前半まで座る)
女の子 座る 座る

 
ですが、男の子の場合でもうんちの時は座ってしますので、はじめは男女ともに便座に座ることから教えてあげるのが良いですね。

男の子が一人で立っておしっこができるようになるのは3歳過ぎくらいから、というのが多いようです。

そして用を足した後に女の子はトイレットペーパーを使いますが、この時に「前から後ろへ」拭くように教えてあげましょう。
何故ならトイレトレーニングをはじめる年齢では手足が短く、届かない場合があるからです。
まずは強くこすらずに優しくポンポンと拭くように教えてあげましょう。

男の子の場合は下着が汚れないように、用を足したあとに軽く振って水滴を落とすのが一般的です。

男女ともに、尿道にばい菌が入ってしまうと赤く腫れて用を足すときに痛みが出たりします。
そうなると、トイレトレーニングにも支障が出ますのでお風呂に入った時にはきれいに洗ってあげましょう。

トイレトレーニングのやり方

トイレトレーニングのおおまかな流れは男女ともに同じです。

「トイレ」とはどういう場所なのかを教える

551277

ずっとオムツをしていた子供にとって、当然ながら「おしっこやうんちはトイレでする」という概念はありません。

まずは、トイレは「おしっこやうんちをする場所」であるということを教えてあげましょう。

そのためにはトイレのことを題材にした絵本を読んであげたり、実際に親がトイレをする姿を見せてあげるのもイメージがわきやすいはずです。

トイレトレーニングの時期の子供は何でも真似したがる時期でもあるので、トイレも真似させてしまいましょう。

トイレに座ることに慣れさせる 

498149

「トイレに座ろうね」と声をかけて、補助便座を設置したトイレに座らせます。
まずは、しっかり座れたらトイレに座れたことを褒めてあげましょう。

トイレに行くこと自体を嫌がったり、興味がなさそうな場合はトイレを「興味の持てる空間」にすることも良いですね。

子供の好きなキャラクターのトイレマットを敷いたり、壁にポスターを貼るなどしてトイレに行きたくなるように工夫してみましょう。

キャラクターもののおまるを使うのも良いですが、最初からトイレでトイレトレーニングを開始すると、後処理もしやすいですし、おまるからトイレに移行する期間を設けなくても良いので効率的です。

補助便座に座らせるときに、子供の足場として踏み台を用意してあげましょう。
特にうんちの場合は、足を踏ん張れる高さの踏み台があると良いですね。

トイレに行く声掛けをする

209522

トイレに座ることに慣れさせる時に、並行して排泄のチェックをしましょう。
起床時や食後など、子供の排泄のタイミングはだいたい決まっていることが多いです。

どのタイミングで排泄しているのか、タイミングがわかればそれに合わせてトイレに誘ってみましょう。

タイミングが合えばトイレに座った時に排泄できるかもしれません。
トイレで排泄ができたらたくさん褒めてあげましょう。

さらに、シール表などを用意しておしっこやうんちがトイレで成功したらシールを貼る、といった達成感をあおるという方法も。

少しずつパンツに慣れさせる

キャプチャ

履きなれたオムツからパンツになると感触の違いで嫌がる子もいます。
そういった場合は一緒にパンツを買いに行ってお気に入りのパンツを用意してみましょう。

初めから普通のパンツにしてしまうのに不安があれば、トイレトレーニング用に布地が3層くらいに重なったパンツもあるので試してみるのも良いですね。

はじめのうちはパンツに何度ももらしてしまうので、パンツは複数枚用意しておきましょう。

男の子にはもうワンステップ

トイレでの排泄に慣れてきたら、男の子には「立っておしっこをする」ことも教えてあげましょう。

ここがママにとっては難しいことですよね。
そこで、立っておしっこをするやり方は男同士であるパパやおじいちゃんに任せてしまうと簡単かもしれません。

最近では男性でも「座って用を足す」という人も増えてきているようですし、各家庭の考え方もあることでしょう。

しかし成長とともに幼稚園や小学校など立っておしっこをする必要がある場面も出てきます。
そうした時に困らないように、やはり立っておしっこをするやり方も教えてあげておきたいですね。

トイレトレーニング成功の秘訣

440950

昨日まではうまくいっていたのに、また失敗するようになってきた…なんていうことはよくあることです。

そんな時にママやパパが焦ってイライラすると子供にもプレッシャーが伝わり余計に失敗する、という負のループに陥ってしまいます。

「○○ちゃんはもうできているのに…」と、つい他の子と比べたくもなってしまいますが成長には個人差があるのです。

特に男の子は女の子に比べて精神的な発達がゆっくりなので、男の子のトイレトレーニングには時間がかかってしまうことも多いようです。

トイレトレーニングのストレスで、トイレに行きたがらなくなってしまうと大変なので「いつかはオムツが外れる日が来る」と親ものんびりとした気持ちで取り組みましょう。

まとめ

いかがでしたか?
トイレトレーニングは3日で完了してしまう子もいれば、1年も2年もかかってしまう子もいたりと個人差の大きいものです。

うまくいかずに失敗を繰り返すと、たしかに親にとってもストレスです。
ですが、子供と一緒にトイレに行けるのも子供が小さな今のうちだけ。
だからこそ笑顔で親子でトイレトレーニング自体を楽しめると良いですね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER