MUGYUU!ロゴ

1,225

3歳児のトイレトレーニングをスムーズに進める方法【保育士監修】

この記事の監修保育士

たなか ゆうこ先生

保育士資格取得、幼稚園教諭第二種免許取得

3歳のお子さんをもつママやパパにとって、トイレトレーニングは、ひとつの大きな試練ですよね。

思うように進まなかったり、同じ年頃の子どもたちを見て「もしかして、まだオムツをしてるのってウチの子だけ?」と不安になりますよね。

しかし!不安だからといって、慌てたり、イライラするのは禁物です。
トイレトレーニングの方法を、ひと工夫して変えるだけで、ビックリするくらいスムーズにトレーニングが進むことがあります。

3歳児でのトイレトレーニング開始は遅い?

e5aa1e2f0314bbcd017186376d679e5d_m

3歳ごろ、トイレトレーニングを始めるのは、遅くはありません
どちらかというと、3歳はトイレトレーニングを開始する平均的な年齢だと思います。

3歳というと、会話の意思疎通が出来るようになります。幼稚園への入園時期でもありますので、このタイミングにトレーニングを始める人もたくさんいます。

トレーニングを始めて数日でオムツを卒業してしまう子もいれば、時間をかけてゆっくりトイレに慣れる子もいます。
もちろん個人差はありますが、平均的に3歳~3歳半くらいにトレーニングを卒業します。

トイレトレーニングの卒業は、「日中にオムツをはかずパンツで生活できるかどうか」を目安に見ていくといいとですね。

夜中のおねしょは昼間のトイレと比べてコントロールが難しいですから、日中の排泄が自分の意思で出来るようになれば、トレーニングを卒業といっていいでしょう。

3歳児の特徴

3歳は一番多くの言葉を覚える時期といわれていています。
また、言葉や感情が分かるようになる分、親の発言や態度の意味を察知するようにもなります。

  1. 会話のコミュニケーションがとれる
  2. 我慢が出来るようになる
  3. 自我が芽生える

会話でのコミュニケーションが密になっていきます。物事の繋がりを把握できるようになるので、「おしっこやうんち」=「トイレ」という構図もしっかり理解します。

3歳のトイレトレーニングを嫌がる理由と対策は?

d186ca788b90e8e57daa0c0e2b3b1746_m
子どもがトイレトレーニングが嫌がる原因は、いくつかあります。私たち大人が当たり前のようにできている事も、子どもたちから見ると、できないな~、嫌だな~と思う事ってあるんです。

では、さっそく詳しくみていきましょう。

トイレに行くのが面倒や怖いと感じている

597143
トイレの存在をすんなり受け入れられる子もいれば、トイレを怖がってしまう子もいます。トイレそのものを怖がっている状態では、トイレが排泄する場所だとわかっていても、トレーニング出来なくなってしまいます。

トイレを嫌がるお子さんには…

トイレの絵本を読んでみよう!

<ノンタンおしっこしーしー>や<ひとりでウンチできるかな>など、トイレの絵本を準備しましょう。
子どもは聞くよりも目で見た方がよく伝わります。「一緒にトイレ行ってみよう~」「○○ちゃんのトイレはどこにあるかな~」と絵本の後に誘ってみましょうね。

トイレに子どもの好きなおもちゃやポスターや絵を飾る。

トイレのイメージをお子さんの好きなもので明るいイメージにしましょう。「○○いるかな~」や「一緒に見に行ってみよう!」とトイレに誘います。

トイレにいけたらシールを貼る!

好きなキャラクターや動物のシールを準備して、「えらかったね。トイレ行けたね」や「すごいね。またトイレこようね」とシールを集めていきましょう。

子どもたちが、トイレは怖い場所ではなく、楽しい場所だとわかることが大切です。

子どもの失敗を叱ったり、怒ったりしてしまう

099974
パパやママがトイレトレーニングを焦るあまり、子どもにプレッシャーをかけてしまうこともあります。

お漏らしをしてしまったことにイライラしたり、トイレには行ったものの、おしっこやうんちが出来なかった時「どうして、できないの!」と言葉にしてしまったり。

子どもが「トイレ」=「怒られる」と認識してしまうと、トレーニングを嫌がり、これ以上先に進めなくなってしまいます。

おもうようにトイレを覚えてくれず、イライラする気持ちは分かりますが、親が焦ったり、怒ったりする言葉や行動はやめましょう。

おもらしをしてしまったら「パンツがぬれちゃって、気持ち悪いね」や「残念だったね。今度は、間に合うといいね」と子どもの気持ちを受け止めて、前向きな気持ちにしてあげましょう。

赤ちゃん返りをしている

132598
子どもが3歳くらいになると、下に弟や妹が生まれることも多いです。
3歳児には嫉妬心も生まれてくるので、ママやパパを取られると思うと、赤ちゃん返りをして今まで出来ていたことが出来なくなったりします。

順調に進んでいたトイレトレーニングが急にうまくいかなくなったときは、赤ちゃん返りの可能性を視野に入れてみてください。
そして本当に赤ちゃん返りなら、分かりやすくおおげさに愛情を伝えてください。

ハグをしたり、たくさん言葉をかけてあげたり、心身のどちらにも安心できるだけの材料をたくさん与えてあげるのです。

ママやパパから愛情をたくさん受け取れば、赤ちゃん返りも治まります。
そうすればまたトイレトレーニングも頑張れるでしょう。

ここでは「3歳児」という年齢で上手くいかない原因をご紹介しましたが、この他にも環境や商品グッズによってトイレトレーニングをしない原因もあります。

便秘をしてしまって痛がる

便秘をしてしまった場合は無理にトレーニングを進める必要はありません。また戻ってしまうと懸念される方もいるかもしれませんが、トイレを怖がったり嫌になってしまうと更にトレーニングも進まなくなります。便秘を改善できてから再開してあげましょう。

保育園や幼稚園前にうまくいかない場合は?

保育園・幼稚園の入園前にトイレトレーニングを完了しておらず、焦ってしまうお母さんもいるのではないでしょうか?
大丈夫ですよ。

トレーニングを完了していなくても、お子さんの成長に合わせてトレーニングをしていくことが大事なので、焦らずに進めていきましょうね。幼稚園・保育園に入園してから、すぐにパンツになれたという子もいますよ。

3歳児のトイレトレーニングをスムーズに進める方法

11e7f645b9762100e20852f925c27800_m

上記で紹介したものの他にも、トイレトレーニングが進まない理由はたくさんあります。

どうしてもトレーニングが上手くいかない場合は、一度トレーニングをお休みして、また様子を見ていくという選択肢もあります。

トイレトレーニングをしたり、オムツが外れるタイミングは子ども一人ひとり違います。

平均が3歳前後とは言いますが、お子さんにとって最適なのが、今のタイミングかどうかは、誰もわかりませんね。
「あら、まだ早かったかしら…」と、一度トレーニングお休みにするのも手段のひとつだと思います。

焦って子どもにプレッシャーをかけるよりも、「そのうち出来るようになる…」くらいの気持ちで、ゆっくり気長にその時を待ちましょう。

教えるのをやめてみると、意外と子ども自ら「おしっこをした~い」と伝えにきたり、トイレに行くようになるなんてこともあります。
押してダメなら引いてみるのも効果的ですね。

POINT

【保育士アドバイス】
3才児さんは、生まれてまだ3年です。
すんなりトレーニングが進まなくても、ゆっくりお子さんのペースで進めていけば大丈夫ですよ。

私たち大人の無理や焦りは、逆効果となります。気持ちが先走らないように、お子さんの発達をトイレトレーニングしながら見ていき、お子さんをサポートすることやトレーニングのお手伝いをする役割であることを忘れずに~!

そして成功したときには、たくさんたくさんお子さんを誉めてくださいね。大好きなお母さんが誉めてくれることや喜んでくれる姿は、お子さんにとって、とびっきり嬉しいこととなることでしょう。

まとめ

3歳児のトイレトレーニングについてお伝えしましたが、参考になるような情報はありましたか?

3歳というと幼稚園や保育園に通い始める子供も多く、同年代のお友達と関わる機会も増えるので、「トイレトレーニングを進めなきゃ!」と慌ててしまう人もいるでしょう。

しかし心身の成長もトイレを理解するのも、一人一人スピードが異なり、早い子もいれば遅い子もいます。
それは当たり前のことですから、焦ったりイライラする必要は全くないのです。

大切なのは子供のペースに合わせて、ゆっくりのんびり、トイレトレーニングを続けてあげることです。
もし、どうしてもトイレやトイレトレーニングを嫌がるならトレーニングから離れてみたり、グッズやおもちゃを使って興味を引くのもいいでしょう。

そうして一歩離れてみたり、歩み寄ったりしてみるのも、その子のトレーニングのペースなのです。

ママとパパがプレッシャーを与えず、根気強くトレーニングを続けていけば、子供は必ずその期待に応えてくれますよ。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER