MUGYUU!ロゴ

トイレトレーニングを始めるタイミングはここ!初心者ママでも安心して読めます

そろそろ、トイレトレーニングを始めたいと思っているママさん。
「うまくいかなくてイライラする、ただでさえ多い洗濯物が更に増えて疲れる」など、ネガティブなことばかり先輩ママさんから聞いて気が重くなることありませんか?

そんな時に是非、こちらを読んでみて下さい。
我が子のトイレトレーニングのタイミングがつかめると思います。

トイレトレーニングとは?

まず、トイレトレーニングとは、簡単に言えばトイレの練習。
自分が行きたくなったら、トイレで「おしっこ」や「うんち」が出来るようになることです。
大人には当たり前ですが、今までおむつにおしっこやうんちをしていた子どもは、全く分からない事なのです。
ですから、まずはママやパパが一緒にトイレに行って排泄する姿をみせてあげましょう。
それがトイレトレーニングの第一歩です。

トイレトレーニングを開始する年齢は?

52ea94705813baa8ba79b3af3237337a_m

はっきりいいます。
年齢で決めることではありません!
年齢で決めることができないから、トイレトレーニングは多くの人が悩むのです。

「○歳になったから始めよう」と思ってもお子さんの体と心の準備が全くできていなければ、うまくは進みません。

おしっこをもらす→片づける→話してきかせる→またもらす→イライラする
という負のループに入り込んでしまうのです。

ママの意思でトレーニングを始めたい場合は、先ほど説明したように一緒にトイレに行ったり絵本やおもちゃでトイレへの興味を誘ったりして、様子を見て始めましょう。

トイレトレーニングに適しているといわれる、1歳から3歳の間には、「トレーニングを始めておむつがはずれればいいな」っとイメージをしつつ「おむつはいつか必ずはずれるものだから」とどっしりと構えてくださいね。

子どもの行動、言動でタイミングを見つけよう

79380a9b479d8234bfb123d8630ba6b9_m

「トイレトレーニングを始めようかな」と思うまえに以下の子どもの行動を確認出来てから開始しましょう。

  1. ママやパパのトイレに興味がある
  2. おしっこする時は遊びが止まる
  3. うんちがでる時は部屋のすみっこでしゃがみこむ

おむつにおしっこやうんちが出た時に、おむつ替えをしながら「ちっちでたね~、気持ちがいいね~」と教えていきましょう。

子ども自身の口から「ちっち」「うんち」と口にするようになる。
このようなサインが出てきたら、トイレトレーニングを始めていい合図です。

この他にも4つママとパパが確認出来る事とチェックするポイントがあります。

後追いが出来るようになった

4bf2f38c13a62fd577ea802af0147fca_m

子どもがハイハイやヨチヨチで後追いが出来るようになった。
後追いでついてきた時から「トイレだよ」「ちっちだよ~」「うんちだよ~」などお子さんに話かける。

ポイント

トイレの場所を教える意味がある。
覚えると、トイレの前に行って自分でもオムツにするようになる事が増えていく。

トイレに関する動画や歌などを一緒に覚える

トイレの時間が来るとトイレ関連の歌をうたいながらオムツチェックをして、出ていたらオムツを交換する。
家の中でママがトイレに行く時、お子さんの後追いする姿をパパに録画してもらう。
トイレのイメージを動画からお子さんに覚えてもらいましょう。

ポイント

家庭内の動画であれば、「〇〇ちゃん、ママと一緒にトイレに行けたね~」と言って見せる。

排泄した事を教えてくれる

d8af6f838a124f2acabeed235cfc38cb_m

子ども自身がうんちやおしっこが出たときに、オムツを触るサインや、うなずいたり笑ったり「でたぁ」とお子さんが表現したら、オーバーに驚いて見せ抱きしめたり、ハイタッチなどして褒めてあげて下さい。

ポイント

親が喜ぶと嬉しいので繰り返すようになる。

レベルアップを心がけよう

出来た後シールを貼る場合トイレの中ではなく、お子さんの手を洗い「出来たよシールを貼ろう」声をとかけ、リビングなどにあるカレンダーや専用カレンダーにシールを貼る。

この時、ママが貼るのではなく、お子さんの指先にシールをつけ、お子さんがカレンダーに張ると喜びと楽しさが出ます。

ポイント

トイレの前、もしくはトイレの中だけどオムツにした場合、きちんとトイレの便器にした場合など、うんちやおしっこシールを分けて貼って把握をすると便利ですよ。

開始するタイミングで良い時期とは?

ca4f3450cb4fa3756220d6e3a0dd6c80_m

トイレトレーニングにおすすめの時期が、春から夏、初秋です。
つまり、暖かい季節です。
その理由は、3つほどあります。

  1. 薄着の季節なのでズボンやパンツの着脱がしやすい
    分厚いズボンや股引きなどを履いていれば、子どもは便座に座るまでが大変でいつしかトイレに行くのが面倒になってしまいます。
  2. 失敗しても風邪引きにくい
    失敗すれば、お尻から足にかけて濡れてしまいますね。
    暖かい季節だと、失敗しても冷えにくいので適しているのです。
  3. 洗濯物が早く乾く
    トイレトレーニングに失敗は付き物ですから、パンツやズボンだけでなく、床に敷いてあるマットや座蒲団なども洗濯しなければいけないこともあります。
    暖かい季節は、洗濯しても早く乾くのでママのストレスも軽減されるのです。
    逆に、寒い季節や洗濯が出来ない梅雨の季節からはあえて始めなくてもいいかもしれませんね。

 
トイレトレーニングは実は親の根気も必要です。
それは、こまめにおこさんんお状態をチェックしないといけない、声をかけないといけない、洗濯物が増える(シーツやお布団が汚れる)、掃除が増えるということがあるからです。

まとめ

046252
いかがでしたか?
このように、ママがトイレトレーニングを理解して一歩ずつステップを踏んでいくことが大切です。
最初はできなくて当たり前。
タイミングを見計らって焦らずに始めてみましょう。

まずは、おむつに出た後でも座らせてあげ、「おしっこはここでしようね」と優しく言葉がけをしてあげてください。
そして、出そうなタイミングの時にうまく誘って座らせてあげましょう。

出た時は、たくさんほめてあげ、ぎゅーっと抱きしめてあげてくださいね。
出なくても大丈夫。
失敗しても大丈夫。
繰り返し繰り返し、手を握りながら教えてあげてくださいね。
トイレトレーニングは、親子の絆も深まるいい機会になりますよ!

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER