MUGYUU!ロゴ

193

保育士監修【進め方その③】夜のオムツをとるためのトイレトレーニング方法は?

この記事の監修保育士

岡山 まき先生

保育士資格取得

「昼間のオムツは外れたけれど、おねしょをしてしまうから」と夜だけオムツを付けている子どもも多いと思います。
昼間のおむつが外せるようになってきたらいよいよ夜寝ている間のおむつを外すトレーニングに移ります!
ここでは、夜のトイレトレーニングの方法やコツなど進め方を紹介していきます!

お昼のトレーニングと次のステップについての説明は上記のページで紹介しています。

子どもの体の成長に合わせて外す

夜のオムツを外すためには、子供の体の準備が整っていなければ外せません。
昼のオシッコは自分の意思である程度コントロールできますが、夜のオシッコはコントロールできません。

夜のオムツを外すのに必要な条件は下記のとおりです。

膀胱の成長

子供の体は成長途中ですから、朝までおしっこを溜めておけるだけの容量がありません。
膀胱が十分な大きさにならなければ、お漏らしは続いてしまいます。

夜の尿の量を抑える抗利尿ホルモンが発達していること

抗利尿ホルモンについては先ほどご説明しましたね。
簡単に言うと、夜のオシッコの量を抑えるホルモンです。

子供はまだこの抗利尿ホルモンの分泌が不十分なため、夜にオシッコをしてしまうのです。
夜のお漏らしは生理現象ですから失敗ではありません。
お漏らししてしまうということは、まだ体の準備が十分でないということです。

オムツを外すために、体の機能の発達を促すのも重要です。
必要な条件については以下の2点になります。

  1. 夜の水分を控える
  2. 塩分少なめの食事を心がける

などの生活習慣を整えることが効果的です!

あるいは子供が「今日はオムツを外して寝たい!」と言い出したタイミングです。
失敗してしまうかもしれませんが、オムツを外すきっかけになるかもしれませんよ。

慣れるまでは、昼はトレーニングパンツで夜はオムツという対策環境もつくってあげましょう。

進め方のポイント

夜のオムツをいつ外すかタイミングに迷いますよね。
ポイントとしては、お昼寝の時にオムツが濡れていない事が最低でも2週間続いている事です。
または、朝起きてオムツが濡れていないことが10日間くらい続けば、体の準備が整った合図かもしれませんので、思い切ってオムツを外してみても良いでしょう。

そして、夜のオムツを外す際は、子供が夜起きてトイレに行きたくなったらすぐおしっこができるように、近くにおまるを置いてあげる事やトイレに行く廊下や部屋の照明を薄明かりにしてあげると、突然起きても不安にならずに誘導することができます。
3歳を過ぎたら、夜中に起きることがないように、寝る1時間前には水分を控え、必ずトイレに連れて行きましょう。

寝る前に水分を控えトイレに必ず連れて行く

夜のトイレ対策として、ほとんどのママが寝る前にトイレに必ず連れていくとアンケートで回答していました。
おしっこが出なくても、寝る前にトイレに行くという習慣をつけましょう。
徐々に寝る前にトイレに行ってもおしっこが出る習慣になります。
頑張り表のシールや大好きなキャラクターグッズで楽しくトイレに行く習慣をつけてあげましょう。
寝る前に水分を控えるのも有効です!

寝ている間トイレに行きたそうであれば連れて行く

成長とともに、寝ている間でもおしっこにいきたいと感じるようになります。
トイレに行きたくて夜泣きする場合もあるので、寝ていて突然泣き出してしまったり、夜中に起きてしまった時は、「トイレに一緒に行こう」と誘導してあげましょう。

おねしょ対策は?

shutterstock_617597366
おむつなしで夜寝ていられる事(お漏らししなくなる)が目標です!
おねしょ対策について、ママ達はどんな対策をとっていたのかピックアップしてみました。

  • 夜寝てる時は起こしてまでトイレに行かせるのは可哀想なので寝る前はなるべく水分は控えさせて、寝る直前にトイレに座らせてしっかりオシッコをさせてから布団に入らせます。夜はいちおうオムツを着用していましたが朝起きた時にオムツが濡れない日が続いたら夜もトレパンに切り替えて様子を見ていました。

    ひとひと/3歳/対策:トレパン+尿漏れ用の小さいパット、普通のパンツ+パット

  • 夕食を午後7時までに済ませ、お風呂も夜8時まではに終わらせるようにします。夜9時以降は水分を飲まないように、早めに寝る習慣をつけます。胃腸を冷やさないようにする事がおねしょ対策として効果が出ています。

    流美香/2歳4ヶ月/対策:おねしょシーツ

  • 夜はやはり、寝ている間に出てしまう事があり、本人もおもらしが嫌だったのでしばらくはおむつを着用して寝ていました。また、出る前に気づいて起きるのですが、トイレに間に合わない事もあったので、おまるをベッドの足下に置いていました。

    あしだ/3歳/対策:オムツパットを布パンツにしく

[実際のアンケート結果]

※アンケート実施数 : 99

夜にオムツを外すまでに2週間から1ヶ月ほどかかった子もいるようですね。
やはり、一番多かったのは寝る前に必ずトイレに連れていく事、夜の水分を控える事、途中で起きたらトイレに連れていくママが多かったです。
この方法に追加にしておねしょシーツやパットの活用もとると万全の対策ですね。

  • 寝る前に必ずトイレに連れていく
  • 夜の水分摂取量を減らす
  • 途中で起きてしまったらトイレに連れていく

おねしょシートや防水シートを使う

shutterstock_95042839
おねしょシートや防水シートをどのタイミングで使い始め、どのくらいの期間使ったのかみていきたいと思います。
2017-09-17 0.50.29

[実際のアンケート結果]

※アンケート実施数 : 72

アンケートの結果、おねしょシートを1年以上使った人が多かったです。
おねしょシートを使ったタイミングやおねしょシートを使って良かった点、悪かった点をピックアップしてみました。

  • 始めは通常のシーツタイプの物を使用しましたが、寝返りで子供が動くとシーツのない所に移動してしまいあまり意味がありませんでした。その為使用しなくなり、その後パンツタイプのおねしょシーツのような物を見つけて購入しました。これは、どんなに子供が動いても問題なくおねしょをしても漏れもなくとても良かったです。

    かなこ/3歳/期間:〜1年

  • 寝ている時も布製トレーニングパンツにしてから、そのきっかけでおねしょシーツを使い始めました。ベビーベッドに敷いていたハーフサイズのシーツです。布団を汚さない安心感はあるのですが、毎朝ヨレて敷きパッドの下でぐちゃぐちゃになり、失敗だったと思います。

    しまうーまん/2歳6ヶ月/期間:それ以上/項目

  • おねしょシーツを使い始めたきっかけは、夜間にオムツからオシッコが漏れ始めた(尿量が増えて)からです。その後、夜間のオムツが外れるまでずっと使用していました。四隅をゴムで留めるタイプで、ダブルサイズでしたが(布団自体がダブルサイズ)、子どもの寝相が悪かったため大きくて正解でした。

    あおい/7歳/期間:それ以上

小学校入学前後まで使うママも多いようですね。
寝ている時によく動くお子さんには、大きめのおねしょシートやおねしょパンツが良いでしょう。

トイレトレーニングのポイントは焦らないこと。
お漏らしをしてしまうようなら、無理せずオムツを履いて寝かせましょう。

保育士からのアドバイス

お子さんの様子を見ながらステップアップしていき、お母さんもお子さんもストレスなく進めていける環境を作ることが大切です。
最初から全部うまく行く子はいません。前進⇔後退を繰り返しながら成長していくので、温かく見守ってあげましょう。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER