MUGYUU!ロゴ

【保育士監修】1歳から始めるトイレトレーニング!失敗しない方法と対処法

この記事の監修保育士

たなか ゆうこ先生

保育士資格取得、幼稚園教諭第二種免許取得

トイレトレーニングをいつから始めようか、1歳だとまだ早い?
そろそろトイレトレーニングを考えているママに、1歳から始める失敗しないトレーニング方法や対処法を一挙ご紹介いたします。

1歳の子のトレーニングの進め方

shutterstock_70031017
まず、1番大切な事は「焦らずゆっくりトレーニングする事を心がける」ことです。
お子さんと一緒にトレーニングをするので、楽しく進めていきましょう。

進め方のポイント

1歳児の特徴として色々な物に興味を持ち、目に飛び込むもの目がけて行ってしまったり、じっとしていないのは仕方ありません。
ほんの少しでもトレーニングができたらたくさん褒めて少しでも成功体験を増やして意欲を引き出してあげる事がポイントです!

POINT

大人の真似をする事が増えてくるので、お手本を見せてあげる

おまるや補助便座を見せて、興味がわいたら座らせてみる

嫌がったり、怖がる時はすぐに中断する

始めるタイミング(いつから)

1歳から始めたママ達はどんなタイミングで始めたのか、アンケートをとってみました。
2017-10-27 2.00.21
多かったのは、「おしっこの間隔が空いてきてから始める」と「おしっこを伝えられるようになってから始める」タイミングでした。
では、先輩ママたちは、なぜそのタイミングでトレーニングを始めたのか口コミをピックアップしてみました。

  • 子供が保育園に通っていたので、自然な状態でトレーニングを開始しました。「おしっこをするときに動きが止まるようになったら、自分でできるようになるから」と教えてもらい、まさにその通りでそのタイミングに「おしっこ行こう」と誘うと無理なくトイレに行くようになりました。

    はるか/1歳10ヶ月/目安:おしっこの出る間隔が長くなったら

  • 一歳になるとちょこちょこ動けるようになるのと、意思疎通がけっこう出来るので始めました。
    うちの子の場合はトイレに行きたくなると、それまで活発に動いていたのがピタッと動きを止めるんです。動きが止まった時に「トイレに行く?」って聞いてあげてトイレに連れて行ってさせるようにしていました。

    みき/1歳/目安:おしっこを伝えられるようになって

  • トイレをここでするということをまず覚えさせることや、言葉もまだしっかりと分かっていないので言葉を覚えさせるのに苦労しました。私がトイレに行くとシーシーと言ってついてきていたので、このまま教えようと思いました。トイレに行くまでにお漏らししてしまったりと大変なこともありましたが根気強く教えていくことでトイレに行ってできるようになりました。失敗しても怒らないでほめることが大事です。

    yume/1歳/目安:歩くようになって

始めるタイミングはお子さんの成長によっても違うので、目安として以下のようなポイントがあります。

POINT

おしっこの間隔に2時間以上空く

トイレまで歩いて行ける

大人と簡単な会話・コミュニケーションがとれる

オムツはずしのタイミングは?

shutterstock_204932332
オムツはずしのタイミングは大体2歳~4歳になる前頃が一番多いようです。まずは昼間でオムツをはずすところから始めて慣れてきたら夜のオムツをはずすという順序が基本的です。
早ければ2歳には外れてしまうという子もいますが、子どもの性格や成長によっても変わります。中には一度諦めて3歳頃になってからトレーニングを再開という方もいらっしゃいます。

月齢別の体験談と対処法

shutterstock_546323455
1歳の中でも、月齢によってトレーニング方法や苦労した点など先輩ママの体験談をピックアップしてみました。

1歳〜1歳3ヶ月(前期)

この時期の子供の体の発達の特徴として、生活リズムも安定してきて、自分で歩けるようになることにより運動量も増えていきます。言葉の意味も少しずつ理解するようになっていき、パパやママとコミュニケーションが取れるようになり短い言葉で答える事ができるようになります。

口コミ

  • まだ尿意がいまいちわからない年齢のため、最初は全くうまくいかなかったです。トイレに連れて行くのも大変でしたが、数か月すると事後に教えてくれるようになりました。
    もう数か月すると、自分からトイレに行きたいというようになりました。
    行ってみて、出ることもあれば出ないこともありますが、出たときは盛大にほめています。
    まだ1歳ですし、イライラせず、のんびり付き合うくらいの気持ちで進めるのがコツだと思っています。

    ゆえ/1歳3ヶ月

  • 腰をダンスのように振ったり、ソワソワしだすのがサイン。出る前に教えてねと言っても、出た後にニコニコして「出た^_^」と何回言われたやら…。それでもあきらめず、メゲずに続けていたらいつの間にかトイレに行くようになりました。

    ぞら/1歳

  • 子供が1歳になった時からトイレトレーニングという意識はせずに朝や昼寝等、起きたタイミングでトイレに連れていくようにしていました。寝起きは座らせると出るようになり、1時間起きに連れていくと毎回出るようになりました。そして暑い時期だったので失敗したら拭けば良いと思い涼しいパンツを履かせていました。
    当然漏らす事もありましたが、小さいのだから当たり前と思えるので漏らしても怒る事なく続けていたら3ヶ月程した時に自分から教えてくれるようになりました。まだお話ができなかったので、おまたを抑えてん~っと言ってくるようになりました。

    かな/1歳1ヶ月

保育士からアドバイス

大人のしぐさを真似できる時期になります。
お母さんがトイレへ行くときに、座るところを見せてあげてから、次にお子さんをおまるや補助便座に座らせてみましょう。
「ママといっしょね」「ちーちーするよ」「しーしー」などと簡単な言葉で声かけをしていくようにしましょう。
まずは繰り返えすことで、おまるに座ることに慣れていきましょうね。

1歳4ヶ月〜1歳6ヶ月(中期)

この時期はしっかり歩けるようになっている頃で、興味のある物目がめて歩いていきます。
言葉の意味も理解して喋る事が増えていき10語ほど言えるようになります。

口コミ

  • まずは、トイレに慣らすようにしました。1日に出なくても何度もトイレに座らせました。しかし、しばらくして、トイレを嫌がるようになり、一度トイレに連れていくのをやめました。また興味を持ち始めた頃にトレーニングをスタートさせ、2時間置き位にトイレに誘う、出たら褒める、シール作戦…などなど色々と試しましたが、トイレを嫌がったり、私が怒ってしまったり、少し出来ると喜んだり…を延々繰り返していましたが急にオシッコも教えてくれるようになりました。

    つーちゃんママ/1歳6ヶ月

  • いざトレーニングを始めたら全然覚えてくれなくて便座をはみ出して小便してしまうというのがイライラしました。けれども段々教えていくうちにちゃんとやってくれたので今ではトイレでしてくれるようになりました。まだオムツを取るのは難しいですが、気長に教えていきたいと思いました。少しずつ我が子の成長を見守っていきたいと思いました。

    なぽちゃん/1歳5ヶ月

  • うちの子はオムツかぶれになりやすかったので、1歳半からおまるに座らせていました。最初の頃はおまるを嫌がってぐずることも多かったです。なのでトイレに関する絵本を読み聞かせたり、うまくトイレができたら「上手だね、すごいね」など声をかけてトイレにポジティブなイメージを持ってもらえるようにはたらきかけました。家族のトイレの様子を見せて、こうするんだよ~と教えたりもしました。
    しばらくは私が声をかけてトイレをするように仕向けていましたが、2歳を過ぎて数ヶ月すると自分からトイレに行くと言えるようになりました。

    Yuna/1歳6ヶ月

保育士からアドバイス

おまるや補助便座に座っていたら、あらら?偶然にもチョロチョロと排尿できたという時もあります。
この時がチャンスです!
「すごいね~」「しーしー出たね」としっかり声かけをして誉めてあげましょう。お母さんが喜ぶ顔はお子さんにとってなによりのご褒美です。それにより安心感ややる気がアップするきっかけにもなり上手にできるきっかけになります。
「またしーしーしようね」と次につなげれるようにお母さんが楽しんで進められるくらいの気持ちでいいですよ。

1歳7ヶ月〜2歳未満(後期)

この時期には自立心が芽生えてくる頃で、自分で色々とやりたがるようになってきます。
「これなに?」と自分から興味を持って質問してくるので、言葉の幅も広がっていきます。
この頃には絵に書かれていることの理解は出来るようになるため、絵本などでトイレ=おしっこやうんちをするところと認識させてあげるなど工夫もできるようになってきます。

口コミ

  • 子供がトイレに行こうとはせず、部屋の隅でウンチを踏ん張っている姿を見ると「何でトイレでやらないの!」と叱っていた時期がありました。自分で勝手に焦って子供を急かしてた事に申し訳なく思うようになり、失敗しても怒らないからトレパンで過ごしてみようかと促し、一日に何回も「トイレに行こうか?!」と声をかけたり、おまるに座らせている時にトイレ関連の絵本を読んであげたりして、2ヶ月ぐらいでオムツを卒業する事が出来ました。

    モモンガ/1歳7ヶ月

  • オムツにおしっこをすると教えてくれるようになったので、トイトレを始めました。でもそろそろかなと思い連れて行っても出ないことが多く、補助便座のメロディのおもちゃで遊ぶだけになってしまいました。辛くなり3ヶ月ほど中断しました。結局トイトレが完了したのは3歳近く、下の子は2歳半過ぎてから始めたらあっという間に外れたので、急ぐ必要は全くなかったと後になって気づきました。どうせいつかは外れる!は本当ですね。

    おふ/1歳 10ヵ月

  • 2歳になったらトイトレを始めようと思っていて、ちょっと早めに始めました。トイレに小さいトイトレ用の便器をつけていたのですが、それに座りたくなくなってしまい、その時はトイトレがうまく進まず大変でしたが、おまるを買ってきたら、何とか座ってくれるようになり、そこからは、ほぼスムーズにトイトレができました。
    最初のトイレが一番難しく、おしっこを出してもらうのにも苦労しましたが、2回目以降はコツを彼自身がつかんでいました。

    SMR/1歳11ヶ月

保育士からアドバイス

この時期は、だんだんと排泄機能が整い始める頃です。
おしっこの間隔が2~3時間あくようになったら、次のおしっこのタイミングを見計らって、トイレやおまるに誘ってみましょう。
もちろん個人差がありますが、排尿した感覚がわかる子もいます。
二語文で「ちー、出た」とおむつを押さえる姿や突然動きを止めていたり、カーテンの後ろに隠れたりと排尿の合図が見つかるかもしれませんね。

トイレトレーニングのやり方

shutterstock_473002318

1歳児のやり方・方法

トイレトレーニングは親子で一緒に取り組む大切なトレーニングなので、無理はさせず楽しくすることが基本です。

  1. 絵本や映像でトイレとは、どんな事をするのか教える
  2. トイレの場所まで一緒に行ってみる
  3. お手本を見せる
  4. 興味を示したら、ほんの少し座らせてみる
  5. できたら、ご褒美シールやタッチでたくさん褒めてあげる

おまるや補助便座に座る時間を少しずつ長くしていくと、自然と慣れていきます。
その際、「今は座りたくない!」と嫌がる場合は、無理に座らせず、やめましょう。

POINT

補助便座に初めから慣れておくと大人用の便器に進む際に楽です♪座らせる際はお子さんが自分で座れるようになるタイミングを見はからって進めましょう!またトイレはおしっこやうんちをする場所と認識をさせてあげる事も大事なポイントです。

1歳のうちはおまるを使いましょう

shutterstock_171009986
トイレトレーニングとは、自分の意思でトイレに行き用をたす一連の流れの事です。
つまり、トイレに行って自分から座る習慣をつける事が大切です。
おまるは、自分で歩いて座れる高さになっているので、1歳のトレーニングの際はおまるを使う事をおすすめします。

先輩ママのおまる体験談

実際におまるを使ってトイレトレーニングをした体験談をピックアップしてみました。

  • 1歳半から慣れさせるために導入しました。毎日3回の食後はおむつを外して、おまるにまたがらせるのを習慣にしました。それだけでは飽きてしまうので、一緒に歌を歌ったり、手遊びをしたり、楽しいイメージを覚えさせるように気をつけました。早い時期から導入していたので、おまるに対して拒否感を持たなかったのが良かった点です。

    kohada/34歳

  • 始めたのは、歩くのが上手になってきたので、あと保育園でもトイレトレーニングをはじめたので、始めて良かったのはおむつはずれが早かったのではないか。最初はおまるもおもちゃだと勘違いしたのか、おまるで遊ぶことがあって困った。

    あーちゃん/35歳

  • 子供が親がトイレに入っているところに必ず付いてきてトイレに興味を示しだしていたのと、おむつにおしっこをすると時々「ちっち」と教えてくれるようになったので暖かくなってきた時期と重なったので始めてみました。年齢的に少し早めに始めたので親としてはあまり焦らずゆったりした気持ちで始められたのがよかったです。まだ完全にトイレに行くことを認識できてないのでトイレに行こうと促しても拒否することも多々ありました。

    kuminnie/35歳

トイレトレーニングパンツや布パンツの活用

shutterstock_600437381
トイレトレーニングも慣れてきたら、オムツからトレーニングパンツに替えてトレーニングをしてみましょう。
まずは日中、家の中だけトレーニングパンツで過ごしてみましょう。
外出の際は、無理にトレーニングパンツでなくても大丈夫なので、オムツと併用して少しずつトレーニングパンツの練習をしていきましょう。
またトレーニングパンツではなく、パンツでのトレーニングもよいです。
お子さんの成長を見てトレーニングしていきましょう。

保育士からのアドバイス

保育園に行く場合、園にもよりますがトレーニングパンツよりも普通のパンツをおすすめしていました。
トレーニングパンツだとおもらしした場合、トレーニングパンツ自体が吸収してしまい足をつたうことがありません。
おしっこで濡れている=気持ちが悪いと子供たちに感じてもらう為にあえて、普通のパンツをはかせていました。
トレーニングパンツはトレーニングの間だけの一時のものでもあります。パンツは長くはかせられるので、園生活ではパンツが多いです。

紙おむつタイプの活用法

中には忙しくて洗濯が大変という方もいらっしゃるかと思います。そういった場合は紙おむつのタイプのものを利用する事をオススメします。
紙おむつの場合は通常のおむつよりも不快感も得れる点とおしっこを漏らしてしまった場合でも1回程度の量であれば吸収することができ、そのまま捨てられるというメリットがあります。
どうしても洗濯の回数が多くて大変という方は紙おむつタイプのトレーニングパンツを利用する事も検討してみましょう。

【保育士から】トレーニングで気をつけたいこと

shutterstock_201269558
お子さんのトイレトレーニングは、うまく成功する時もあれば、失敗ばかりという時もあります。
寒い時期だと失敗があったり、夏場のタイミングが向いているや夏場を狙って…とよく園では耳にします。
ストレスフリーで《お母さんがストレスとして感じないように》お子さんの失敗に怒らず、トレーニングを楽しみながら出来ることが一番です。
お子さんの心の準備ができているかな~?と様子を見たり、探りながらいきましょう。
気になるところなのですが、月齢や他のお友達と比べずに、お子さんのペースで大丈夫ですよ。
無理なく進めましょうね。

保育士から見た保育園アドバイス

1歳のトイレトレーニングは無理なくすすめるのが一番大切な時期です。
慌てず、急がずにいくことです。
園生活は長いので、慌てずに長い目で見てトイレトレーニング出来るのも、利点となります。
その際には、保護者の方の協力があってこそです。
なかには、園に預けてしまうと(園に)お任せしますという保護者さんもいらっしゃいますが、是非信頼関係のある担任の先生と手をとりながら進めることをおすすめします。
最近、おむつは、「はずす」ものではなく、「はずれるもの」と言われるようになりました。
まだ生まれてから1年の1歳さん。
あまり無理には進めずに、子どもの気持ちに寄り添って「はずれる時」は遅かれ早かれ、必ずやってきます。
そのタイミングを待つことも必要になりますよ。
トイレトレーニングも楽しむぞ~くらいの気持ちでいてくださいね。

無理せずゆっくり進めましょう

shutterstock_66320326
ママの悩みで、自分の母親世代は1歳でトイレトレーニングが卒業できていたと聞いて焦っていました。
昔はまだオムツは高価で布オムツがほとんど。
布オムツを頻繁に替え、洗濯物も多く出るので、早くからトイレトレーニングを始めた母親達が多かったそうです。
まだおしっこの間隔がバラバラ、しゃべれない、始めたのが早すぎたのかなと悩む事も。
まだまだ1歳なので、焦ってトレーニングをしても卒業はできません。
気長にゆっくりとトイレトレーニングを進めていきましょう。

まとめ

1歳で始めるトイレトレーニングについてご紹介させていただきました。
トイレトレーニングは、親子で一緒に進める大切なトレーニングです。
子供がすすんでトイレに行って出来るように、無理せず楽しくトイレトレーニングを頑張りましょう。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER