MUGYUU!ロゴ

妊活力アップ?自宅で簡単にできるお灸の方法とオススメなツボ紹介!

この記事の監修 鍼灸師

ミライ

日本の鍼灸師国家資格、フランスのエステティシャン国家資格保持。

できるだけ自然な方法で行える妊活で、お灸が良いというお話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?
お灸の目的のひとつに温める作用があります。女性は冷えやすい方が多く、巡りが悪くなりがち。
そんな体を、古くから伝わる方法で改善することができるお灸は今、注目が集まっています。
そこで、自宅で簡単に出来るお灸方法とおススメのツボをご紹介したいと思います!

妊活でお灸は効果的??

shutterstock_583399804

妊娠中のケアとして、逆子をお灸で治すという方法は非常に有名です。全員ではありませんが、逆子が改善されたという多くの報告があります。最近では、妊活としてお灸を取り入れるということも増えてきました。
現代生活では、夏は冷たい飲み物と冷房、冬は外気温の寒さからの冷えで、年中冷えっぱなしという状態になっています。
冷えは血行不良を招き、大切な臓器に栄養が行き渡りにくくなります。大切な赤ちゃんを迎える準備として普段の体の状態をより良く整えるために、お灸はオススメです。

自宅でやる方法は?

shutterstock_125085674

お灸については、ツボの場所やお灸の取扱方法などのアドバイスを受けることができる鍼灸院や不妊専門の医療機関などで相談をする方がベターですが、市販されているお灸もあり、自宅でも簡単に行うことができます。
実際に、鍼灸院では自宅で引き続き行うようにお灸をお渡ししてアドバイスすることも多いです。

準備するもの

せんねん灸(ドラッグストア、インターネットなどで入手可能)

せんねん灸オフ伊吹-380点入

sennenku

多くの方から最も親しまれている、スタンダードタイプのレギュラーきゅう。
通気穴から温熱とともによもぎの有効成分がツボに浸透します。
温熱レベル2の商品をお使いいただいている方で、部分的に温熱がもの足りなく感じるという場合にもおすすめです。

詳細
温熱レベル: 3
仕様: 身体全体
用途: 疲労・倦怠

せんねん灸の奇跡-煙のでないお灸-レギュラー-50点入

sennenku2

煙のでないお灸「せんねん灸の奇跡」はもぐさを炭化することで、お灸効果はそのままに煙もニオイもシャットアウト。閉めきった室内でも気軽にお使いいただけます。しかも温熱時間が長くなりました。

詳細
温熱レベル: 3
仕様: 身体全体
用途: 疲労・倦怠

方法

shutterstock_92659909

一般的に冷えやすい秋から冬、春先にかけて、さらに意外に冷えやすい梅雨時から冷房が気になる夏にかけて、年中オススメです。
市販されているお灸はツボの上に乗せて火をつけるだけで簡単です。火が消えた後にぬくもりが感じられるので、熱すぎると感じなければそのまま少し放置しましょう。

妊活にオススメなツボは?

ツボの場所は毎日変化します。セルフで行う場合には、場所にとらわれがちですが軽く触れてみて心地よい場所にお灸をしてみましょう。

三陰交(さんいんこう)
女性にオススメのツボ。足の内くるぶし中央から指4本ほど上、骨のキワにあります。

saninko

至陰(しいん)
冷えのぼせに良いツボ。足の第五趾、爪の外側で下側の角にあります。

siin

血海(けっかい)
生理のお悩みにもオススメ。膝のお皿の内側、上辺から指3-4本上の場所にあります。

kekkai

注意点は?

shutterstock_617619065

お灸をしてみて心地よいと感じれば、いつでも行って大丈夫です。
高温期から体温が下がり生理が始まると、冷えを感じることが多くなります。特に、生理中から低温期は次の排卵の準備期間となりますので集中的に行うと良いでしょう。
香りが気になる方は、換気扇のある部屋で行うようにしましょう。熱さの感じ方は個人差があります。熱いと感じたら外すようにして火傷には注意してください。

お灸のあとは保温すると良い

shutterstock_732587167

お灸の後、肌を露出したまま、心地良くてそのまま寝てしまうことも多いのですが、必ず衣服や毛布などで覆って温もりを逃さないようにしましょう。
冷えが強い場合には、お灸の後に電気毛布などで引き続き温めると血行が良くなります。
お灸をした後、クリームなどは基本的に必要ありません。

まとめ

お灸は昔から継承されてきた日本の民間療法のひとつですが、冷えやすい現代生活では再度注目が集まっています。
火や煙の扱いと、火傷には注意すれば自宅でも実践することが可能です。穏やかで温かいお灸は、妊活にも普段の健康維持にも、とてもオススメです。ぜひお試しくださいね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER