MUGYUU!ロゴ

海外の産み分けゼリーって購入できるの?成分の安全性や成功率は?

産み分けに取り組む夫婦の心強いサポートアイテムとして知られる産み分けゼリー。100%の効果ではないものの、独自の産み分け法を唱える一部の医師たちが販売してから多くの方に広がり続けています。

その中でも、より良い商品を!!と国内のみならず、海外の商品も視野に入れ、良いものを探そうとするのは当然ですよね。でも、海外の産み分けゼリーって簡単に購入できるのでしょうか。国内品と同様に扱って問題はないのでしょうか。今回はとっても気になるけど、疑問や不安の多い海外の産み分けゼリーについて検証していきます。

産み分けゼリーってどんなもの?

海外の産み分けゼリーの謎に迫る前に、まずは産み分けゼリーの基本を簡単におさらいしておきましょう。
(産み分けゼリーについてはもうバッチリ!海外の産み分けゼリーについて今すぐ知りたい!!という方は、第3章「海外の産み分けゼリーにはどんなものがある?」からお読みください。)

産み分けゼリーとは、産み分けを目的として作られたもので、女性の膣内環境(PH)をコントロールできる商品です。性別に合ったゼリーを直接膣に注入することで、望んでいる性別の精子に優勢な膣内環境を作りだすことができます。

女性の膣内PHと産み分けの関係についてくわしく知りたい方は以下のリンクもご覧ください。

産み分けゼリーの種類

ゼリーにはグリーンゼリーと呼ばれる男の子用と、ピングゼリーと呼ばれる女の子用の2種類があります。使用方法や形状についてはいくつかありますが、タンポンのような筒状の容器になっているものが主流です。潤滑ゼリーが入っているので、容器を膣に入れて押すだけのタイプで、誰でも簡単に使えるのが人気の理由ですね。

産み分けゼリーを使うメリットは?

良い点と悪い点
もし、産み分けゼリーに頼らずに重曹や食酢などで膣内環境を自分で調整しようとすると、こんなに大変なんです…

  • 作成に手間がかかり、扱いにくい
  • PHの濃度があいまい
  • 効果が一時的
  • 衛生管理が難しい

しかし、産み分けゼリーを使うとこんなメリットがあります

  • 取扱が簡単にできる
  • ゼリーのpH濃度を一定に保つことができる
  • 一定のPH値をキープしておくことができる
  • 安全性の高い原料で作られているため、人体に無害で衛生的
  • 医薬品ではないため医師の処方無しでも購入できる。

手軽に膣内環境をコントロールできるのが、産み分けゼリーの魅力なんですね。まだまだ産み分けゼリーの仕組みや役割について基本をおさえておきたい方はこちらのリンクもおすすめですよ。

海外の産み分けゼリーにはどんなものがある?

さて、ここからが本題です。気になる海外の産み分けゼリーについて見ていきましょう。

海外の産み分けゼリーの種類

ゼリー
産み分けを考えている方は必ず耳にしたことのある産み分けゼリーですが、海外にも産み分けゼリーって存在するのでしょうか??海外のAmazonやさまざまな産み分け方法に挑戦されている方たちのブログを調査したところ、いくつかの商品が見つかりました。「Rephresh」、「SYLK」と「ACIJEL」などです。

ただひとつおさえておいてほしいのは、これらの海外ゼリーは産み分けを目的として作られたものではないという点です。ではどんな商品なのかというと、

POINT

・膣内感染症などの予防をするための膣洗浄を目的とした商品
・膣内を酸性に保つ作用がある

以上の理由から海外では産み分けゼリーと同じように使用されています。膣内のPHを酸性にして、女の子の精子が活動しやすい環境を作りだしているのですね。

海外の産み分けゼリーの成功率は?

海外製の産み分けゼリーの成功率については、残念ながら見つけられませんでした。しかし、アメリカなどの産み分け法を研究されている日本人の個人ブログや、産み分けトライ中の方が集う海外の掲示板を参考に結果を調べてみました。すると、ライム洗浄や何かしらの別の産み分け方法と合わせて膣洗浄を行う方がほとんどで、成功した方、同じように挑戦したものの失敗した方、どちらもいらっしゃいました。
パーセンテージは出せませんでしたが、日本の商品と同様、100%の効果はないが、もともと50%の確率を少しでも向上させるためのサポート商品と言えるでしょう。

海外の産み分けゼリーの成分って安心なの?

疑問を抱く女性
結論から言うと、よく解からない成分もあり、安全性については不安が残ります。だからこそ、海外製品の成分については必ず以下の点に気をつけて商品の判断を行ってくださいね。

  1. 購入前に商品の成分表示がしっかりと確認できるものを探す。
  2. 表記されている成分がどんなものなのかを調べて明確にする。
  3. よくある質問などもチェックし、他の消費者の疑問や不安へどう回答しているのかも確認しておく。

表記されている成分を分析する時は成分の検索サイトを使うと便利です。以下のようなサイトがあるので、調べてみてくださいね。

化粧品成分オンライン
このサイトは、日本の公的機関が公開している安全性評価ファイルや、日本を含む世界の安全性に関する論文などを参考に作成されているサイトです。難しい表現ではなく、私たちの頭にすーっと入ってくるような言葉で説明されていて使いやすいですよ。

もちろん、海外商品なので説明は全て英語です。翻訳しながら商品の分析をしていくことは苦労と時間が必要なので覚悟してくださいね。なぜこんなに面倒なことをすすめるのか、それは海外には日本でNGとされている成分が問題なく当たり前に使用され、商品として活用されているからです。

個人ブログの中には、体に異常もなく、無事妊娠できましたという方の体験談が書かれたものも複数あるのですが、あなたの体への影響や安全性は保障されません。これから赤ちゃんを授かろうとしている大切な体なのですから、安全性については厳しいくらいでいきましょうね。

海外の産み分けゼリーはどこで入手できる?

もし海外のゼリーを購入をしようとなったら、どんな流れで何をしたらいいのでしょうか。確認していきましょう。

どこで入手できるか調べてみた

現地まで買いに行くのは金銭面、時間や労力を考えると現実的ではありません。先述で紹介した3商品は、全てアメリカのAmazonで購入可能です。販売元により売値の幅が大きく変わってくるので注意して選んでいきましょう。
海外の産み分けゼリー商品
ネットで購入出来るなら海外製品も手間なく手軽に購入できそうですよね。でも実際のところ、海外の通販に問題はないのでしょうか。続いては海外の通販事情について検証していきます。

通販で海外の産み分けゼリーを購入する場合のメリット・デメリットは?

まずは海外の通販の現状から確認していきましょう。

海外通販の現状とは?

【価格】
・為替により変動しますが、商品+送料で4千円~5千円。
(販売元によっては一万円以上かかる店舗もあります。)

【納品、配送までの日程】
・2~3週間。5日くらいで届いている方もいるようですが、基本的に国内より時間がかかる。

【その他】 
・梱包などが日本に比べると荒い
・店舗、配送業者とのやりとりが難しく、時間がかかる

※以下は商品購入後、ある個人輸入代行サイトから送られてきた確認メールです。
海外の通販
入荷状況や海外の天候、休日などにより大幅ば遅れもありそうですね。時間がかかるものとドーンとかまえていた方がよさそうです。

海外通販のメリットとデメリットとは?

宅急便
【海外の通販のメリット】
なんと言っても商品の安さです。送料を考えても日本の半分くらいの費用で商品が手に入るなんてお手頃ですよね。

その反面、安さを手にするためのひと苦労が以下のとおりです
【海外通販のデメリット】
 

  • 時間と手間がかかる。
  • 日本に比べると商品の梱包や配送などトラブルへの不安がある。
  • 配送中、配送後にトラブルがあった際の対処が遅れてしまう。連絡のやりとりが難しい。

日本の通販サイトでも同じことが言えるのですが、販売元によって、価格やサービス、商品にも違いがある場合もあります。その詳細を英語を翻訳しながら判断しようとすると、手間と時間が必要です。
また、梱包や商品の取り扱い方が丁寧な日本人の私たちからすると、多少の商品の乱れも不満へと繋がってしまうかもしれませんね。

海外の産み分けゼリーの違いと日本製の産み分けゼリーの違いは?

さて、一番肝心な製品の違いに着目していきましょう。ただなんとなく比べても製品の差がわかりにくいかと思うので、今回は特別にゼリーを選ぶ際のポイントをお教えします♡紹介していく商品の判断ポイントを参考にしていくと、違いやメリット、デメリットがハッキリしてきますよ。

産み分けゼリーを購入する時のポイント(指標)

チェックボックス

  • 一回分の使用量と価格・・・一回あたりの価格がいくらになるのか、キャンペーンやまとめ買いの特典も合わせてチェックして一番お得な買い物方法を見つけてみましょう。割引やおめでた返金などさまざまなサービスが見つかりますよ。
  • 安全性検査…妊活中の体内に異変が起こったら大変!!ゼリーの成分などに問題がないか、成分の確認や安全性検査の有無なども確認しましょう。
  • 製造国…ゼリーや、容器がどこで製造されたものか。不安が残る場合は安全性が明らかになるまで調べましょう。
  • 商品の扱いやすさ・・・使用方法や容器の形状、ゼリーの固さも大事な判断基準です。口コミなども確認すると、使用時の便利な点や不便さがリアルに見えてきますよ。
  • 精子活動最適成分…精子が子宮まで元気に到達できるようサポートしてくれる成分です。精子に不安がある方におすすめです。

その他にも、リトマス紙を使用して産み分けゼリー使用前と使用後の膣内のPH値にまで目を向けるベテランさんもいます。基本的に産み分けゼリーのPH値は肌と同じ弱酸性(PH3.0~6.0)に作られています。しかし、商品によって、また使用する人の膣内環境によっては、女の子用のゼリーを使用しても、弱酸性~弱アルカリ性と結果の違いには幅があるようです。いろいろと試して自分に合った商品を探したいという方は、違いを管理してみるのもひとつの判断材料になりますね。

指標から見える海外製産み分けぜりーの特徴

さぁ、指標がわかったところで日本製と海外製の違いを見ていきましょう。あなたの求める産み分けゼリーがどちらのタイプか見えてきますよ。
※今回、海外製品についてはしっかりと詳細の確認ができる「Rephresh」のサイトから情報をもとに比較させていただきました。全ての海外ゼリーが下記の条件に該当する訳ではありません。

日本のゼリーと比べた時の海外ゼリーの特長

【メリット】
・弱酸性のPH値が使用後から基本的に3日維持される
・日本製のものよりPH値が低め
・価格が日本製の半分程度で抑えられる
・効果が3日間キープできる商品もある

【デメリット】
・ワンプッシュではなくゼリーを自分で押し出すタイプなので日本製より扱いにくい
・日本製に比べ粘度が高く固めで扱いにくい
・成分の確認やサービス、使用方法など、全て英語で書かれているので商品を理解するのに時間がかかる

日本には消費者の誤解を防ぐために、文言や表現の仕方に規制がありますが、海外のアピール方法についてはどこまで制限があるのかわかりません。海外パッケージなどの説明も全て信じてよいのかは不安が残りますね。商品を明確にするために何時間もかけて英語の翻訳をして商品分析に格闘することが何よりのデメリットです。

あなたにおすすめの産み分けゼリー

さぁ、今までの検証結果をふまえて、あなたにピッタリのゼリーを探しましょう。

まずは、日本の産み分けゼリーがおすすめなのはこんな人です。

  • 男の子を希望している人(海外製は女の子希望の方にしか応用できないため)
  • 海外製品や海外通販への不安が残る人
  • 価格よりも商品の質を重視したい人
  • 商品以外の保証やサービスも大事に考えている人
  • 英語は大の苦手で翻訳サイトなどを使うことも嫌な人

続いて海外の産み分けゼリーに挑戦してもいい人はこんな人です。

  • できるだけ安く商品を購入したい人
  • 英文に抵抗がない人や翻訳や英語でのやりとりの手間が苦にならない人
  • 細菌性膣炎予防をしたい人や女性のデリケートゾーンの臭いが気になっている人
  • 産み分けを意識し過ぎて夫婦の営みが上手くいっていない人
  • もっと夫婦生活の時間やムードを大切にしたい人
  • 行為の最中にゼリーを注入する工程が作業的で嫌な人
  • 日本製品を使用して、ゼリーが垂れてしまってうまくいかなかった人

日本製産み分けゼリーおすすめ5選をピックアップ

日本製品と海外製品の違いがわかった上で、やっぱり日本のものを購入したい!!という方のために、おすすめの産み分けゼリーをご紹介します。

ハローベビー

ハローベビー

1セット:10,000円
2セット:(10%OFFで)18,000円
3セット:(15%OFFで)25,500円

1本あたりの価格が1番安いゼリー。購入者のみ使用できる排卵日計算アプリのサービスがあるのもポイントです。排卵日の予測はもちろん、希望の性別におすすめの性交日まで予測してくれるので、成功確率をさらにサポートしてくれますよ。

詳細
内容量: 7本
1回の使用本数: 1~2本
1本あたりのコスト: 1セット:1,428円
2セット:1,285円
3セット:1,214円
製造国: 日本
使い切りかどうか: 使い切り
その他: 2セット以上の購入で送料無料、
妊活マルチサプリ5,000円相当)プレゼント

ハローベビープレミアム

ハローベービープレミアム

1セット:12,800円
2セット:(10%OFFで)23,040円
3セット:(15%OFFで)32,640円

先に紹介したハローベビーに、精子が活発に動ける工夫がプラスされた商品。精子のエネルギー源成分が加わった他、ゼリーの固さも精子が最も活動しやすい粘度に調整されています。

詳細
内容量: 7本
1回の使用本数: 1~2本
1本あたりのコスト: 1セット購入時 1,828円
2セット購入時 1,645円
3セット購入時 1,554円
製造国: 日本
使い切りかどうか: 使い切り
その他: 排卵日計算システムのサービスと妊活マルチサプリ(5,000円相当)が購入金額に応じて1袋以上プレゼント

ベイビーサポート

ベイビーサポート

1セット:13,800円
2セット:(20%OFFで)22,080円
3セット:(30%OFFで)28,980円

徹底した衛生環境の中で製造された安心安全性の高い商品です。設備環境や使用成分の分析結果も全て消費者が確認できるよう公開されていますよ。

詳細
内容量: 7本
1回の使用本数: 1本
1本あたりのコスト: 1セット購入時 1,971円
2セット購入時 1,577円
3セット購入時 1,380円
製造国: 日本
使い切りかどうか: 使いきり
その他: 2セット以上購入で送料無料。おめでたキャンペーンあり。(妊娠後、余ったゼリーを買い取りしてくれるサービス※条件あり)

ジュンピーピンクゼリー

ジュンピーピンクゼリー

1セット:14,800円
2セット:(10%OFFで)26,600円
3セット:(15%OFFで)38,4000円

産婦人科医と共同開発されたこちらの商品は、ゼリーの成分、容器の素材や形状まで医療的観点で製造されています。母体や赤ちゃんにも優しいのが安心ですね。

詳細
内容量: 10本
1回の使用本数: 1本
1本あたりのコスト: 1セット購入時 1,480円
2セット購入時 1,330円
3セット購入時 1,280円
製造国: 日本
使い切りかどうか: 使い切り
その他: 品質追及のために厳しくチェックされた医療機器認証商品。使用時の抵抗をやわらげた独自開発容器。

SS研究会 ピンクゼリー

ピンクゼリー

1セット:10,000円
(公式サイトでの購入は別途初回登録料5,000円が必要)

産み分けを積極的に行っている病院(SS研究会)で実際に扱っている製品です。初回登録料やゼリーを湯煎する手間はかかってしまうものの、病院へ行かなくてもネットで購入できるのは嬉しいですね。

詳細
内容量: 記載なし
1回の使用量: 3~4cc
1回あたりのコスト: 不明
製造国: 日本
使い切りかどうか: 分量を測って使用するタイプ
その他: 容器をお湯で温めてゼリーを液体になるまで溶かして使うタイプです、1回の使用量をシリンジを使って腟内に注入します。

先輩ママに聞きました!海外の産み分けゼリーに何を使いましたか?

商品を調べることが難しい海外の産み分けゼリー。日本人の体に合っているのかも気になるところですよね。実際に海外ゼリーを使用した日本の先輩ママの貴重な意見を聞くことができました!!

妊活友達がRephreshを使用して女の子を授かっていたので、私も試しに使ってみたいなと思ったのがきっかけです。日本製も安心ですが、身近な実績があったので、こちらを使用しました。ただ、結果論では男の子でしたが、我が子は男女どちらでも可愛いです。
成分は日本製とほぼ変わらずで、膣内のph値を酸性に保つだけなので、副作用も私も友達もありませんでした。配送には少し時間がかかりましたが、価格面も日本製より少し安いくらいで、2人目は日本製を試したいなと思っています。

しおり/31歳/妊活当時30歳/

[実際のアンケート結果]

※アンケート実施数 : 1

友人からの口コミの信用はやはり絶大ですもんね。しおりさんのようにいくつかのゼリーを試しながら自分に合った商品を見つけることも成功の鍵になりそうですね。

まとめ

お腹にハート
海外の産み分けゼリーは産み分けが目的として作られたものではありませんでしたが、日本と同様に女の子を希望する方たちの間で国境を越え注目されていましたね。

あなたの条件や好みに合った産み分けゼリーは見つかりそうですか??安全性の確認だけは絶対に妥協せず、他の産み分け方法などと合わせながら上手に妊活ライフを楽しんでくださいね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER