MUGYUU!ロゴ

【女の子産み分け】ピンクゼリーは市販されてない?購入は通販だけ?

産み分けゼリーとは、セックス時に女性が使用することで産み分けの確率を上げるためのものです。
女の子を授かりたい場合に使われるのがピンクゼリー、男の子の場合はグリーンゼリーと呼ばれることが多く、商品名になっているものもあります。
ここでは女の子を授かりやすくするためのピンクゼリーの購入方法について調査してみました。

ピンクゼリーにはいろいろな種類がある


まずはピンクゼリーにどんな種類があるのかをご紹介します。

ピンクゼリーの販売元は2種類あります。
産み分け積極派の医師団SS研究会専用メーカーです。
産婦人科ですすめられるのは、この医師団SS研究会のものです。

産婦人科を通さずに購入する場合、専用メーカーが生産している次の4ブランドが主流です。

  • ・ベイビーサポートfor boy/for girl(株式会社 Coussinet)
  • ・ハローベビーボーイ/ガール(シンゲンメディカル株式会社)
  • ・ハローベビーボーイプレミアム/ガールプレミアム (シンゲンメディカル株式会社)
  • ・ピンクゼリー(ジュンビー株式会社)

どのメーカーも原料や生産方法にこだわったり、挿入に使うシリンジの形状を工夫するなど差別化をはかっているようです。

豆知識 ピンクゼリーの由来

ピンクゼリーという名称で商品を初めて製造したのはSS研究会です。この商品をきっかけにピンクゼリーが女の子産み分けゼリーの呼び名として定着しました。
その後、ジュンビー社が「ピンクゼリー」の商品名を商標登録しました。

ピンクゼリーでの産み分けは、一部の医師たちが推奨している方法です。
成功率は80%前後ですが、何もしなければ50%の確率なので気になる方も多いのではないでしょうか。
実際にどこで購入できるのか調査してみました。

ピンクゼリーは市販で購入できるの?


産婦人科で購入することができるとご紹介しましたが、それ以外のお店でピンクゼリーを購入できるのでしょうか。

薬局やドラッグストアで買える?

結論から言うと、薬局やドラッグストアでは販売していません。

自宅周辺のマツモトキヨシ・ウエルシア薬局など大手ドラッグストアでチェックしてみましたが、取り扱われていませんでした。

ピンクゼリーの販売店はあるの?

各メーカーの公式サイトによれば、専門の販売店もありません。

店舗ではピンクゼリーを購入できないことが分かりました。
市販されていたら、いざという時などもっと気軽に手に入れることができるのに、なぜでしょうか?

市販をしない理由は?


なぜ市販されていないのか、試しに販売しているメーカーのうちのひとつに問い合わせたところ、次のような回答をいただきました。

店頭での販売に関しましては
コスト面や、国内で厳選した指定工場で製造しており、
製造出来る個数が限られている為、現在行っておりません。

デリケートな商品のため大量生産大量販売が難しいようです。
また、コストを押さえて販売するという面でも、市販はされていないのですね。
頂いた回答から丁寧に製造されているという印象を受けたので、利用する方にとっては店舗で買えない点も安心できるポイントなのではないでしょうか。

店舗で購入できないとなると、購入方法は通信販売のみとなります。
ピンクゼリーはどこから購入するのがよいのでしょうか?

ピンクゼリーを通販で買う場合はどこで?


通販で購入する場合、次のサイトなどから購入することができます。

ベイビーサポート
1セット:13,800円
2セット:22,080円(20%OFF)
3セット:28,980円(30%OFF)
内容量:4.5ml×7本
公式サイトを見る
ハローベビー
1セット:10,000円
2セット:18,000円(10%OFF)
3セット:25,500円(15%OFF)
内容量:1.6ml×7本
公式サイトを見る
ハローベビープレミアム
1セット:12,800円
2セット:23,040円(10%OFF)
3セット:32,640円(15%OFF)
内容量:1.6ml×7本
公式サイトを見る
ジュンビー・ピンクゼリー
1セット:14,800円
2セット:26,600円(10%OFF)
3セット:38,400円(13%OFF)
内容量:1.7ml×10本
公式サイトを見る
SS研究会・ピンクゼリー/グリーンゼリー
10,000円
(公式サイトで購入の場合初回登録費5000円)
内容量:25cc
公式サイトを見る

ご紹介した公式サイトから購入すると、送料無料やキャッシュバックキャンペーンが適用される場合があるのでおすすめです♪

選び方のポイントなどは下記の記事で紹介しています

自分でできるピンクゼリーの代用法は?

とは言え、ピンクゼリーもなかなかコストがかかって気軽に手が出せない、という方もいるのでは?
ピンクゼリーの購入が難しい場合など、代わりになるものはあるのでしょうか。

まずはピンクゼリーの仕組みを知っておきましょう。

ピンクゼリーと産み分けの仕組み

性別を決定する精子の特徴を利用して産み分けを行う方法があります。

精子には次のような特徴があります。
・男の子になるY精子は、アルカリ性に強く酸性に弱い
・女の子になるX精子は、酸性に強くアルカリ性に弱い

つまり受精のタイミングにあわせて膣内を酸性にすることで、X精子が生き残り女の子を授かる可能性が高まります。
ピンクゼリーはこの考え方を元に、膣内の環境を整えるゼリーなのです。

身近にあって体に無害な酸性のものというと、柑橘類やお酢が該当しますね。

ライムやお酢で代用

ピンクゼリーの代用品としてライムやお酢を利用することができます。

ライムやお酢で膣内を酸性にするためには、薄めた果汁を膣内へ挿入、または洗浄します。
洗浄する場合、使い捨てのビデを使用すると片付けも楽なのでおすすめです。

ライムを使った洗浄方法

  1. 使い捨てビデをドラッグストアやネットショップで購入します。
  2. ビデの中身を小さじ一杯分抜いておきます。
  3. そこへ、小さじ一杯分のライム(レモンの場合は心もち少な目)果汁を足し、よく混ぜます
  4. 性行為10~15分前に、薄めたライム(レモン)水でビデを使いながら膣内を洗浄します。

ライム洗浄などの詳しい方法は関連記事で詳しくご紹介しています。

女の子の産み分け併せてやっておきたいこと

ピンクゼリーを利用する以外にも産み分け方法はたくさんあります。
併せて行うことで、より成功率を上げてみてくださいね。

POINT

・基礎体温とオリモノチェックで排卵2日前を予測する
・週に2回くらいはセックスを楽しむ
・ボクサーパンツでパパの睾丸をあたためる
・オーガニズムは感じずに、あっさりとしたセックスを目指す
・体位を工夫して挿入は浅めにとどめる
・排卵検査薬や病院などを上手に頼る
・パートナーと協力して産み分けにのぞむ

まとめ

ピンクゼリーを購入できるのは通信販売のみということをご紹介しました。

ライムやお酢で代用する方法もご紹介しましたが、衛生面で心配なだったり、めんどうくさがりの方はゼリーのほうが高価なぶん、手軽に使いやすいとも言えますね。
安全試験を通過していたり、精子の動きを活発にする成分が入っていたりなど、商品にもよりますがピンクゼリーの効果はpHコントロールだけではありません。
市販ですとなかなか店員さんにも商品の質問はしにくいもの。通販のメリットを活かし、ぜひ一度気になる製品について調べてみるのも良いかもしれませんね。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER