MUGYUU!ロゴ

産み分け成功には体位のポイントをつかめ!失敗しない方法は?

さまざまな産み分け方法がある中で、見落としがちなのが「体位」です。
行為中の事なので気にしないという人もいれば、そもそも体位についてパートナーと話すこと自体、気が引けてしまうという人もいるでしょう。
ここでは産み分けに体位がどのように関わってくるか、影響するのかを学術的に知って頂き、パートナーと話し合うきっかけにしていただければと思います。

産み分けになぜ体位が大切なの?

そもそも体位がなぜ産み分けに影響するのでしょうか。それを知るには行為で主役となる精子と卵子の特徴を知っておく必要があります。
まずは精子の特徴についてご紹介していきます。

精子の特徴について知ろう

精子には性別を決定するための染色体が2種類あり、それぞれにX精子、Y精子と言われています。この2つのどちらかが卵子と結合し、受精することで性別が決定されます。

女の子が生まれるX精子の特徴

まずは女の子が生まれるX精子についてです。

  1. 運動スピードが遅く、重たい
  2. 酸性に強い(普段の膣内環境に強い)
  3. 数はY精子よりも少ない
  4. 寿命は2~3日

膣内は普段酸性に保たれていて、排卵日に近づくごとに弱アルカリ性になっていくため、X精子がY精子よりも少なくても、相対的には差が無くなるということになります。

男の子が産まれるY精子の特徴

  1. 運動スピードが早く、軽い
  2. アルカリ性に強い(排卵日当日に生き残りやすい)
  3. 数が多く、X精子の2倍
  4. 寿命はおよそ24時間

寿命の短いY精子ですが、その分軽くて運動スピードに長けています。排卵日当日の膣内環境に強いという特徴も併せ持ちます。

セックスのタイミングは?

それぞれの特徴が分かった上で、セックスをするタイミングによって産み分けが可能ということが分かります。

女の子を希望する場合

X精子の寿命の長さと、生き残れる酸性という環境を配慮して、排卵日の2日前にセックスするのがお勧め。

男の子を希望する場合

Y精子が24時間しか生き残れないことと、排卵日当日の膣内環境が優位に働くことを利用して、排卵日当日にセックスするのがお勧め。

女の子の産み分け成功率をあげるセックスの体位を学術的に考察してみた

X精子は寿命が長いということが分かったうえで、実際にセックスをする際には子宮までの距離を長くとるために浅い挿入が望まれます。これは運動能力の高いY精子が、X精子よりも先に到達してしまうのを避けることが目的です。
また、女性側が感じすぎると膣内分泌液の量が増えてアルカリ性に寄ってしまうため、膣内環境を酸性に保つために、深い挿入や性的興奮を煽る行為は避けた方がいいでしょう。

女の子産み分けにオススメの体位

女の子産み分けにオススメの体位は、女性側がコントロールしやすいもの。つまり、挿入の度合いを女性側で調整できるものが良いでしょう。更に、男性側に射精してもらうためにも浅い結合でも満足度が高いものがオススメです。

正常位

女の子産み分けによい体位の説明図1
女性側が膝を立てずに、足を閉じてまっすぐ伸ばすことを心がければ、挿入そのものを浅い状態でキープできるため、女の子の産み分けにお勧めです。また、この状態ならば男性器への刺激を強くすることができるため、あっさりとしたセックスでも男性側は十分に満足できると思います。

騎乗位(前座位)

女の子産み分けによい体位の説明図2
女性側が上になるため、挿入の深さを女性側がコントロールしやすい体位です。男性の上に女性がまたがり挿入します。女性側は膝が痛くなったりしないよう、クッションや毛布などをひざ下に敷いたり、擦れない工夫をしておくと良いでしょう。この体位の時は男性は無理に腰を動かそうとせずに、女性に任せましょう(無理に動かそうとすると、腰痛の原因になります)また、男性側は視覚的な刺激を得られるため、満足度は高い体位と言えます。

後側位

女の子産み分けよい体位の説明図3
横になった女性の後ろ側から男性が挿入する体位です。
後ろ抱きの姿勢なので挿入にコツがいりますが、浅い挿入でも密着度が高く、お互いの体温が感じられるために、精神的な満足度が高い体位です。女性側は床側になる方に枕やクッションなど柔らかいものを挟んでおいて、上半身を少し起こした状態にしておくと、男性側が合わせやすくなります。

男の子の産み分け成功率をあげるセックスの体位を学術的に考察してみた

運動能力が高く軽いY精子ですが寿命は24時間と短いので、生き残る確率をあげるために子宮までの距離はできるだけ短い方が望ましいです。そのため、挿入はできるだけ深めにすることでX精子よりも早く子宮へ到達させることができます。
更に女性側がオーガズムを感じることで、膣内分泌液が増加し、弱アルカリ性の環境を作り出すことができます。

男の子産み分けにオススメの体位

男の子産み分けにオススメの体位は、女性が感じやすかったりオーガズムを迎えやすい、深い挿入ができるものがおすすめです。

屈曲位

男の子産み分けによい体位の説明図1
基本的な正常位から、女性側が両足を上に持ち上げて膝を折り曲げた形。膝が上体に近いほど、挿入が深くなります。しかし女性側はそのままでこの姿勢を取ろうとするとかなり大変なので、腰の下にクッションを挟んだり、男性が膝裏を持って支えてあげることで、長時間でもこの姿勢を保つことができます。

バック(肘膝位)

男の子産み分けおすすめ体位2
女性が四つん這いになり、男性が女性の背面から腰を引きつけて挿入するので、結合の深さを男性側も調整できる体位です。また女性側は、上体を常に上げておく必要はないので、枕を抱えるなどして、楽な姿勢を見つけておくと腰が逃げにくくなります。

高腰位

男の子産み分けによい体位の説明図3
屈曲位に似ていますが、正常位の上体から女性が腰を浮かせる体位が高腰位です。屈曲位との違いは、膝を折り曲げ上体に近づけることはしない点です。高腰位の時も、女性は腰の下に枕やクッションを入れると楽です。

さらに男の子産み分けのポイントとして

上記のようにY精子は運動能力の点でX精子よりも優位ですが、できるだけ短時間で子宮へ到達させるという意味合いもあって、射精後はできるだけ挿入姿勢をキープするのが望ましいです。時間で30分ほど。
このため、体位に集中するあまり無理な姿勢で射精後の挿入がキープできない!では意味が無くなってしまいますので、パートナーとよく話し合って、お互いの身体や精神に無理のない、満足度の高い体位を選ぶことをおすすめします。

さらに、女性側はできるだけ行為後は身体を動かさずにいた方が、精子が外へ漏れ出るなどのリスクを減らせます。
このため腰の下にクッションを入れたりして姿勢を保つというのは、重力による漏れをある程度は防げるので有効でしょう。
よく聞かれる話で、運動能力の高いY精子をより子宮へ到達させやすくするために、行為後に逆立ちをするというものがありますが、残念ながらこちらは科学的根拠がありません。
不用意に身体を動かしてしまったことで、せっかくの行為自体が無駄になってしまったなんて話もありますので、科学的根拠の無い産み分け法を試すことは避けるべきでしょう。

さらに成功率をUPさせるために併用してやっておくことは?

併用すると良い産み分け法は?
体位による産み分け法の基本的なところが分かって頂けたところで、これらの方法をより成功させるために、併用してやっておくオススメの産み分け方法をご紹介します。

女の子の産み分け

  1. 精子は薄めておく
  2. 産み分け以外のセックスは徹底避妊
  3. 男性側は日ごろ睾丸を温めるボクサーパンツやブリーフで過ごす
  4. 産み分けゼリーなどを使用して膣内を酸性に保つ

日頃からできるものばかりですが、男性の下着については温めすぎてしまうと妊娠そのものが難しくなってしまうので、ほどほどに。耳たぶ程度の温度より温めないようにしましょう。
膣内を酸性に保つことについても、クエン酸洗浄やライム洗浄といった方法は衛生面や手間を考えるとあまりおすすめしません。

男の子の産み分け

  1. 禁欲しておくことで精子を濃くしておく
  2. 男性側は日ごろ風通しのよいトランクスなどの下着を着用する
  3. 産み分けゼリーなどを使用して膣内をアルカリ性に保つ
  4. リンカルを活用する
  5. 行為の30分ほど前に男性がコーヒー1杯程度のカフェインを摂っておく

まとめ

いかがでしたか?行為中の体位ひとつでも産み分けの確立を上げられることがお分かりいただけたでしょうか。
もちろん100%を保証する方法はどの産み分け法にもありませんが、自分たちが納得できるように出来る限りの方法を試したことで、授かった赤ちゃんであればより可愛さも増すというものですよね。
これらの体位による産み分け法だけではなく、ご紹介した別の方法もぜひ参考にしていただければと思います。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER