MUGYUU!ロゴ

488

赤ちゃんの夜泣きとは?月齢・年齢別でその原因と対処法をご紹介!

出産後、ママを多いに悩ますのが赤ちゃんの夜泣きです。
一度泣き始めたらなかなか泣き止まず、イライラしてしまいどうしたら良いのか分からなくなってしまう事はありませんか?

更に夜泣きが続くと「もしかしたら病気なのかも?」と不安になったり、夜泣きが続く事で寝不足になり、疲れがたまってママの体調も悪くなってしまう事もあります。
今回はそんなママ達の悩みである、赤ちゃんの夜泣きについて、原因とその対策をまとめてみました。

赤ちゃんの夜泣きとは?

5d236b62ea18562d35d14602801ba3d8_m

赤ちゃんの夜泣きとはおむつも濡れておらず、ミルクも飲んだばかりなのに夜に突然泣き出し、抱っこをしても中々泣き止まない状態が続く事をいいます。
一度寝かしつけても再びすぐ起きてしまい、それが朝まで続く事もあります。

夜泣きはいつ頃から始まるの?

赤ちゃんの夜泣きは大体生後6ヶ月~8ヶ月頃に始まる事が多いです。
夜泣きの始まりは個人差があります。

夜泣きには大きく分けて3回のタイミングで始まり、生後3ヶ月、生後5ヶ月、そして1歳を過ぎたころです。

月齢別の夜泣きの原因とは?

赤ちゃんの夜泣きですが、月齢別に原因があるのでしょうか?
ここでは赤ちゃんの月齢別にみた夜泣きの原因についてまとめてみました。

生後2~3ヶ月頃の夜泣き

新生児期にあたるこの頃の赤ちゃんはとても敏感で温度や、おむつなどの不快感ですぐに泣いてしまう事があります。

また眠りが浅かったりすると、小さな振動や物音でもすぐに目が覚めて泣いてしまいます。
そしてこの頃の赤ちゃんはまだ生まれてまもないため、朝と昼のリズムの機能がうまく発達しておらず、短い間隔で寝たり、泣いたりを繰り返し、夜泣きが起こってしまうのです。

生後5ヶ月~1歳前の夜泣き

この頃の赤ちゃんは発達が非常に早い時期で、夜泣きが始まる原因の1つに「歯ぐずり」があります。
この「歯ぐずり」とは歯が生え始める時期に、赤ちゃんがかゆみや痛みを感じてしまい、ぐずったり大泣きしてしまう事です。

歯が生えてくると、歯が生える部分が弱くなって、少しの刺激でも出血する事があります。
この「歯ぐずり」に見られる赤ちゃんの特徴としては
・よだれが増える
・機嫌が悪くなる
・おもちゃを噛む
などの行為があります。

1歳の夜泣き

この頃の夜泣きの原因は、1歳を過ぎると自我が芽生えはじめ、感受性も強くなるため昼間起こった経験から夜寝れなくなる事で夜泣きが始まる事があります。
更に、卒乳する時期にもなるので、おっぱいが飲めない事で泣く事もあります。

2歳の夜泣き

この頃の夜泣きの原因は不規則な生活だったり、ママに甘えたい欲求から始まる事が多いです。
また目を覚ますと暗かったり、ママが構ってくれない事でそれがストレスとなり、夜泣きとして現れてしまいます。

赤ちゃんの夜泣きの原因は年齢別に見ても様々ですが、なぜ泣いているのかが分かると、ママも対策を考える事ができ安心ですね。
また、夜泣きは永遠に続くものではありませんから、個人差はあるものの2歳頃までには少しずつ夜泣きも落ち着いてきます。

赤ちゃんは眠りが浅い?

7cd20701865e73597b7915e942eaa56c_m

どの月齢の赤ちゃんに共通していえる事があります。
それは赤ちゃんの眠りは大人の眠りよりずっと浅いという事です。

これは夜泣きの原因の1つにあげられますが、赤ちゃんも大人と同じレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)を夜中繰り返し行っています。

ですが、赤ちゃんは大人と違いうまく眠る事ができず、またまだ眠りも浅いため、レム睡眠からノンレム睡眠に変わる時に目が覚めてしまい、何度も泣いてしまうのです。

このレム睡眠とノンレム睡眠の時間を見てみますと、大人の場合、レム睡眠とノンレム睡眠を1セットにした時の時間はおよそ、90分から120分程。
これが新生児だとおよそ、40分から50分。
生後3ヶ月だとおよそ、50分から60分。

2歳でおよそ75分になります。
5歳を過ぎた辺りからようやく大人と同じような時間に近づきます。
これらの事から、夜中に何度も夜泣きが起きてしまうのです。

新生児 40~50分
生後3ヶ月 50~60分
2歳~ 75分
5歳~ 90~120分(大人と同じ)

赤ちゃんの夜泣きを無視するとどうなるの?

いつまでも続く赤ちゃんの夜泣きを無視するとどうなるのでしょうか?
夜泣きを無視された赤ちゃんは大人になった時にアレルギーや胃腸のトラブルなどが起こる事があります。

また無視された事で、人を信用しない子供に成長してしまう場合もあります。
だからといって、無理に泣き止まそうとせず、見守りながら赤ちゃんを泣き止むまで待つ方法もあります。
赤ちゃんが泣いても泣きたいだけ泣かせてあげ、そのうち赤ちゃんも泣き疲れで、自然と寝てくれるようになります。

サイレントベビーにならないためには?

泣き続ける赤ちゃんを無視する事をずっと続けてしまうと、サイレントベビーになる事もあります。
サイレントベビーとは、「泣いて訴えても伝わらないなら、もう泣かない」というサインで、この放置が続くと無表情の赤ちゃんになってしまう事もあるので、夜泣きを無視、あるいは放置した次の日は沢山コミュニケーションをとる事を心がける様にしてください。
赤ちゃんを安心させる事も、夜泣き対策になります。

赤ちゃんの夜泣き対策方法とは?

赤ちゃんの夜泣きは、いつかなくなる事は分かっていても現状、夜泣きが酷いと少しでも良くなる方法が知りたいですよね。
早速、赤ちゃんの夜泣き対策方法をご紹介いたします。

1.生活習慣を整える

朝・昼・夜の区別をしっかり行い、毎日決まった時間に目覚める様にしましょう。
朝は決まった時間に太陽の光を浴びさせ、昼は沢山遊んだり、昼の間によく泣かせてあげると、夜疲れて夜泣きしにくくなります。
夜は薄暗い中で眠りにつかせてあげるのです。

2.入眠儀式を取り入れる

入眠儀式とは、寝る前に毎日同じ方法で寝かしつける合図の事です。
今から寝る時間だと赤ちゃんの体に覚えてもらうのです。
方法としては、子守唄や音楽を聞かせたり、絵本を読んであげたり、赤ちゃんのお気に入りのタオルやぬいぐるみを持たせるなどの方法があります。
その他にも眠る様にアロマを焚いたりする事も、赤ちゃんをリラックスさせる効果があります。

3.夜泣きに効果的な薬・漢方を飲ませてみる

夜泣きがどうしても収まらない時は興奮した状態を鎮める作用のある薬や漢方薬があります。
医師と相談し、適切なものを取り入れてみることも効果的です。

漢方薬の飲ませ方は、少量の水で溶いたものを上あごにつけて、水で流し込んだり、または粉薬用のゼリーなどに混ぜて飲み込ませるなどの方法があります。


夜泣きはパパにも助けてもらい、家族で協力し合う事が大切!

夜泣き対策はママだけとは決めつけていませんか?
夜泣き対策としてパパにも協力してもらう事も重要なポイントです。
ある方の体験談としては、無理に泣き止ます事を考え、ストレスがたまるのなら、いっそう「泣いてもよい状態」を作ろうと考えました。

その方法にはパパの協力が必要で、曜日や家事、時間帯を分担するというものです。
曜日や家事、時間帯を分担する事で、疲れて共倒れにならず、どちらかはぐっすりと眠れる状態にします。

また夜泣きはママ担当ならば、朝はパパは自分の用意などは自分でしてもらい、ママの家事の負担を減らす事でママの疲れを減らす事ができるのです。
この様な体制にすれば、ママも1人で悩まず家族のサポートで気持ちも楽になります。
こうした事は家族で話し合い、協力し合う事が大変重要なのです。

まとめ

いかがでしたか?
夜泣きについては赤ちゃん1人1人違いますし、科学的や医学的にみても、ずばりと解明されたわけではありません。

ママが赤ちゃんの夜泣きを抱え込み、育児疲れや、育児ノイローゼにならないためにも、家族のしっかりしたサポートが必要になります。
夜泣きは永遠に続くものではありません。
ママは赤ちゃんとのコミュニケーションを大切にし、向き合ってあげる事が大切なのです。

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間

WRITER