MUGYUU!ロゴ

先輩ママさん直伝!いつまでも治らない赤ちゃんの夜泣き対策はこれで安心

「なんで寝てくれないの!」とイライラしてしまう夜泣き。
寝たと思ったらスグ起きてしまい時計の秒針の音や、パパが夜遅くに帰ってきた音など全ての音にママまでもが敏感になってしまい、ストレスは溜まる一方。

私に自由な時間は来るのだろうか、と本気で悩んでいたこともありました。
そこで、ママが少しでも楽に赤ちゃんのお世話ができるように、夜泣きに有効な対策をご紹介していきたいと思います。

夜泣きの原因とは?

c2ede770eb424cd35a79b68232cc6d29_m

生後、数週間は、1日に約16時間は眠って過ごしていると言われています。
この中にレム睡眠とノンレム睡眠が何度も繰り返されています。

最初は授乳も頻繁に行わなくてはなりませんし、げっぷをさせて、オムツも交換していると、1時間近くかかることもあるのではないでしょうか。
しかし、その後、赤ちゃんはすぐに深い眠りに落ちて、次の授乳まで目を覚まさないことが多いです。

赤ちゃんの眠りのサイクルは、だいたい1時間ごとに繰り返されます。
浅い眠りの時に少し体を動かす程度の赤ちゃんもいれば、完全に目を覚まして泣いてしまう赤ちゃんもいます。

赤ちゃんが自分で再び眠りにつくために、パパやママが必至になってしまうと、自分でじょうずに眠ることができないまま、何カ月も過ごさなければならなくなります。
これが、夜泣きの最大の原因になります。
もう少し大きくなってくると、昼間の出来事を思い出して興奮して、夜泣きをすることもあります。

夜泣きのあやし方とは?

600097

赤ちゃんが泣きだして直ぐに出来るあやしかたとは、どんな事が出来るのでしょうか?

赤ちゃんを安心させてあげる

ママが不安になったり、イライラしたりせずに、優しく体をなでて「大丈夫だよ。泣いても良いよ」とスキンシップで落ち着かせてあげて下さい。

楽しくなり過ぎないように、背中を軽くトントンしてあげたり、眠くなるような歌を小さな声で歌ってあげたりして、様子をみてみましょう。

落ち着ける環境をつくる

566043

3ヵ月くらいまでの赤ちゃんの場合、ママのお腹の中とは全然違う環境になかなか慣れることができず、不安で泣いている可能性がありますので、お腹の中に似た環境を作ってあげえるのも効果的です。
暗くて、揺れている状態で、子宮の壁に包まれていた感覚を作ってあげると良いでしょう。

つまり、部屋は暗くして、おくるみで、腕をぎゅっと包んであげて下さい。
この時、脚を真っ直ぐにして、腰を締めつけると脱臼してしまうことがあるので、脚は自由に動かすことができるようにしてあげるように注意して下さい。
それでも泣き止まない時は、抱っこをして暗い部屋の中で歩いて上げると、少しずつ泣き止んできます。

良いとされているあや仕方の嘘!

テレビの砂嵐の音を聞かせたり、車でドライブしたりすると良い、というのは良く聞く話で、確かに一時的には泣き止みます。

しかし、これは根本的な解決ではなく、その場しのぎのあやし方にしか過ぎません。
夜泣きの度にテレビを点けたり、ドライブをしたりするのは、ママもパパも負担が大き過ぎますし、赤ちゃんのためにもなりません。
夜泣きには、いつか終わりがきます。
それまで夜泣きをしても、安心して再び自分で眠ることができる練習をしていきまよう。

簡単!夜泣きの対策3選

600086

これから紹介する3つの対策を、まずは5日間試してみて下さい。

朝は7時までに起こしてみる

朝、赤ちゃんがゆっくり寝てくれていると家事がはかどり、ゆっくりコーヒータイムを取ることができるので嬉しい気持ちになりますよね。

でも、夜泣きで困っているなら、ここは覚悟して起こすようにしましょう。
生活リズムを整えることが、夜泣き改善の第一歩です。
起こし方は、カーテンを開けて、お日様の光で自然な明るさになるようにします。

ここで、いきなり抱っこすると、起きぐずりの原因になってしまいますので、優しく声を掛けて上げて下さい。
「おはよう」「今日も良い天気だよ」「お着替えしようね」などと声を掛け、目が覚めてきたらオムツを替えて、朝の支度をします。

急に早起きなんてさせられない、というのであれば、毎日30分ずつ早く起こすようにして、7時起床を目指して下さい。
1歳を過ぎていれば、決めた日から7時に起こしても問題ありません。

日中は外で活動してみる

566028

日中は、お散歩をしたり、公園へ行ったり、子育て広場へ出かけてみたり、とにかく外へ出て活動的に過ごすようにしましょう。
何故なら、午前中の日光は、夜の眠気を引き起こすホルモン・メラトニンの分泌を高めてくれる役割があるからです。

また、体を動かすことで神経伝達物質・セロトニンが分泌されて、心が穏やかになって夜の寝つきも良くなります。
もちろん、いっぱい活動すると疲れてお昼寝をしてしまうと思いますが、午後3時までにはお昼寝から起こすようにして下さい。

夕方まで寝てしまうと、夜の睡眠の妨げになってしまうからです。
とは言っても、お昼寝のタイミングを逃してしまい、夕方気が付いたら勝手に寝ていたっということや夕食を食べながら寝てしまったということもあると思います。

そんな時は仕方無いので、浅い眠りのサイクルに入ったころに優しく声を掛けて起こしてあげて、長時間眠ってしまわないように気を付けて下さい。

眠る前の30分は優しくスキンシップ

571417

なかなか予定通りにはいかないことも多いとは思いますが、できるだけ夜8時までにはお布団に入ることを目標にしてみて下さい。
また、眠る30分前までに夕食やお風呂は済ませてしまい、眠る30分前は親子のスキンシップタイムに当てて下さい。

部屋を暗くして間接照明で顔が見えるくらいの明るさにして、膝の上に赤ちゃんを座らせて絵本を読んであげたり、優しくマッサージしてあげたり、体を撫でながら歌を歌ってあげたりすることで、赤ちゃんはリラックスして眠りにつくことができるので、夜泣きも減ります。

この先、何カ月も夜泣きの度に起きて抱っこしたり、授乳したり、夜中にドライブに行ったりするよりも、赤ちゃんの夜泣きが解消されるように、親子で頑張ってみる方が前向きだと思いませんか?

月齢・年齢別での夜泣き対策

600101

基本的には、どの月齢であっても早寝、早起きをして、昼は活動的に過ごして、昼寝は午後3時には切り上げるという生活をするのが前提ですが月齢別に、どのような対策をとれば良いのかをご紹介していきます。

0歳(6ヵ月未満)

624276

ひとりで眠れるように練習していきましょう。
お昼寝なら、カーテンを閉めて薄暗くして、夜なら電気を消して暗くします。
この時、日常的な雑音をシャットアウトして、必要以上に静かにする必要はありません。
昼寝は長時間にならないように、起こすことが大切です。
夜の10時以降の授乳後はわざわざ泣いても、起こす必要はありません。

少しの間、様子を見て、ひとりで落ち着きを取り戻すことができないようであれば、優しく撫でてあげたり、状況によっては抱っこをしてあげたりしても良いでしょう。
そうすることで、夜中に目が覚めて夜泣きをすることなく、ひとりで再び眠るようになっていきます。

昼の間もよく泣いているという赤ちゃんの場合、規則正しい生活を心がけて、泣いても過剰に構い過ぎないように気をつけることで、赤ちゃんが自分で落ち着くことができるようになっていきます。
しかし、泣いていても放っておく訳ではありません。
「そばにいるよ、大丈夫よ」と優しく語りかけ、スキンシップで安心感を与えてあげることを忘れないようにして下さい。

0歳(6ヵ月以上)

596126

夜泣きには、やはり規則正しい生活が一番よく効きます。
目が覚めていても、毎日決まった時間になったら、お布団に入り、眠る準備をしてあげることで、赤ちゃんも自分で眠る力をつけていきます。

1歳

午前中に1回、午後に1回のお昼寝が必要ですが、それぞれ時間を決めて、長い時間眠り過ぎないように気をつけましょう。
一番長く起きているのが夜の就寝前の数時間になるように調整して下さい。

2歳以上~

眠る前の儀式としての活動が、よい寝つきに結びつきます。
そして、それは親子の関係を円満にしてくれます。
子どもが添い寝をしなくても良いのであれば、親子別の部屋で寝ることも検討してください。

夜泣き対策グッズ紹介

600089

夜泣きに効果があるグッズを紹介します。
参考にしてみて下さい。

本・絵本

赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド

1,404

対象年齢無し(ママさんオススメ)

ママ向けの本「赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド」は、赤ちゃんの眠りについての知識と、実践方法を教えてくれますので、夜泣き対策には良いです。
ママ向けの本「赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド」は出産前から読んで準備しても良いくらいだと思いますが、夜泣きに困っている、赤ちゃんをお持ちのママに読んで頂きたいです。

▼体験談
「赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド」は、子どもがまだ1歳にならない頃に夜泣きに困っていた時、ママ友が貸してくれた本です。

赤ちゃんのお世話や食事、発達については出産前に保健所での母親学級で教えてもらうことができたのに、眠りや夜泣きについては、全く触れられていませんでしたし、子どもが夜中に何度も起きるようになって、初めて眠らせ方を考えるようになった頃に読みました。

この本のおかげで、何回も夜泣きに起こされて、抱っこしたり、授乳したりして、疲れ果てていた私は救われました。
赤ちゃんがいて、なかなか本を読む時間は取れない方も多いと思いますが、関心のあるページだけでも読んで知識が増えると、本当に夜泣きが減って育児が楽になると思います。

おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本

1,400

1歳~

子ども向けの本「おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本」は、子どもが眠る前には、自ら読んで欲しいというほどです。
個人差はあると思いますが、落ち着いて眠りに入っていけるようです。

▼体験談
「おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本」は、知人に貰って、子どもが4歳の時から読み始めました。
この本の売りは、子どもが10分で寝るということです。
テレビや雑誌でもよく紹介されていますが、本当に眠くなるようで、すぐに眠ってくれます。

そして、子どもが何より気に入っていて、眠る前は「ロジャーを読んで」と言ってきます。
毎晩、毎晩聞いていて飽きないのかと思ってしまいますが、子どもにとっては、眠る儀式のようになっているのだと感じました。
部屋を暗くして、間接照明を点けて静かに読んであげると、落ち着けるようです。

漢方薬

抑肝散

5,940

3ヶ月~

お薬なので、薬剤師さんに相談してからの使用をお勧めします。

甘麦大棗湯

1,580

3ヶ月~

お薬なので、薬剤師さんに相談してからの使用をお勧めします。

▼体験談
どんなに頑張っても、赤ちゃんの夜泣きが改善されない時は、少しだけ漢方に頼ってみては如何でしょうか。
代表的な漢方薬は「抑肝散(よくかんさん)」と「甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)」です。

抑肝散はイライラする、怒りっぽい、という症状のほかに、不眠のように、神経興奮状態の症状を和らげる効果が期待できます。
もちろん大人にも使うことができます。

甘麦大棗湯は、神経過敏な人の不安や不眠、筋肉の硬直やけいれんの症状を和らげる効果が期待できます。
赤ちゃんの夜泣きやひきつけ、てんかんなどの他、こちらも大人が使用することもできます。

漢方薬を飲ませる時は、味の濃いものに混ぜたり、オブラートやお薬ゼリーに混ぜたりすると、飲ませやすいです。
私は自分の子どもには使用していませんが、自分自身が幼児の頃は眠る前によく飲まされていました。

抱っこ紐

抱っこ紐「ダクーノ」

ここに値段入れる(12,000のようにカンマも入れる)

3ヶ月~

抱っこ紐「ダクーノ」は縦抱きの背中部分にファスナーが付いているので、抱っこで寝てしまっても、そのままファスナーをそっと下せば、お布団に起こさずに寝かせてあげることができます。

▼体験談
抱っこをしていると眠ってしまうことが多いのですが、下すとすぐに泣いてしまうのが問題でした。

抱っこ紐を使うとママの体は楽だけど、下すと泣くし、どうしたものかと悩んでいた時にこの抱っこ紐の存在を知って購入しました。
抱っこで寝てしまっても、背中部分のファスナーを開ければ赤ちゃんをお布団へ静かに下すことができるので、とても助かりました。

肩紐部分は広いので肩に食い込む心配はありませんし、コンパクトに畳むことが出来るので、持ち運びにも便利で洗濯も簡単です。

まとめ

63619c3c09703863a7f444f7a56a5c6c_m

夜、眠りたいのに眠れないのは、本当に辛いと思います。
赤ちゃんの夜泣きが続くと、夜泣きが一生付きまとうのでは無いかと不安になることもあると思います。

けれども、規則正しい生活をして、赤ちゃんの睡眠サイクルを知れば、夜泣きは治まってきます。
大人も夜更かしを控えて、朝は遅くても7時までには起きるようにしましょう。
赤ちゃんがスヤスヤ眠っていて、起こすのは可愛そうだと感じることもあるかもしれませんが、9時や10時まで眠らせておくと、規則正しい生活のリズムを身に付けることがなかなかできるようになりませんし、夜泣きも続いて親子共に辛い毎日を過ごすことになってしまいます。

また、夜中に泣くからと言って、オモチャを与えたり、テレビを見せたりすると、余計に目が冴えて眠れなくなってしまいます。
授乳さえも睡眠の妨げになってしまうことがありますので、授乳後、すぐに目を覚まして泣いているのだとすれば、ただ浅い眠りのサイクルに着ただけだということもあります。

優しく「大丈夫よ」と言いながら体を撫でてあげることで、安心して夜中に泣いても一人で、また眠ることができるようになっていきます。

いろいろ試してみても、なかなか効果が出ない時は、支援センターや小児科で相談してみたり、薬剤師さんに漢方薬について聞いてみたりするのも良いですよ。

\\ 『夜泣き』の全てがわかるまとめ記事 //

READ MORE

2016/11/18

夜泣き

赤ちゃんの夜泣きとは?月齢・年齢別でその原因と対処法をご紹介!

はな

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

CATEGORY

こどものこと

ママのこと

年齢のこと

レシピ

動画

掲示板

商品を探す

RANKING

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。
  • 該当する記事がありません。

WRITER